Petit Déliceのおいしい週末 Vol.3

こんにちは。今日はKAGIYAビル2FのVIOLETさんの「Petit Déliceのおいしい週末Vol.3」に行ってきました。


20161203161742ce2.jpg


Vol.2のときにちょっと立ち寄ってお菓子を買ったらとても美味しかった記憶があったので、今回はスペシャル企画のサロン・ド・テ(イートイン)を予約してみました。フランスではカフェというと、お茶やお酒などのドリンクだけを飲む場所を指し、日本人がカフェと聞いて思い浮かべるような、ケーキを食べながらお茶を楽しめるお店のことをサロン・ド・テというのだそうです。


20161203162759680.jpg


プティケーキのマカロン3種(フランボワーズ・ブルーベリー・ピスターシュ)と紅茶のセット。ピスターシュには濃厚なクリームが、フランボワーズとブルーベリーにはジャムが挟んであって、どれも美味しかったです。よく買いに行くお店のマカロンがクリームを挟んであるものばかりで、ジャムが挟んであるマカロンはあまり食べたことがなかったのですが、フルーツの味と香りが強く感じられて、想像以上の美味しさでした。

紅茶も3種類ある中から選ぶことができて、シナモンの香りに惹かれてマリアージュ・フレールのカネルを選んでみたら、甘い香りがマカロンと良く合って美味しかったです。マリアージュ・フレールの紅茶は普段からVIOLETさんでテイクアウトをやっていて、カネルとマルコポーロの2種類から選べるそうなので、興味のある方はぜひ。


20161203162904540.jpg


席にはフランスのカフェやお菓子屋さんのガイドもあって、パラパラとページを捲りながらゆっくりお茶をしていると、VIOLETさんのアンティーク雑貨に囲まれていることもあって、本当にフランスにいるような素敵なひとときを楽しめました。


20161203162828526.jpg


Petit Déliceのおいしい週末は明日まで開催されています。イートインは要予約ですが、予約していなくてもお菓子(シュトーレン・クロワッサン・マドレーヌ・クッキー・シュクレサレ・ヌガー・キャラメルなどなど)を購入できるので、ぜひ足を運んでみてください。


イベント詳細はこちらをチェックしてください。

http://violet.hamazo.tv/

スポンサーサイト

革のカバンを直してもらいました

こんにちは。

12月3日ですね。もう2016年も残りわずかですね。やり残したこと云々言う前に終わりそうないつもの日常です。

やっと冬らしい寒さが当たり前になってきたおかげで寒いですね・・・


さて、以前黒板とキッチンのスタッフである久保田さんに「カバンの紐の長さを変えてもらう」という依頼をしたところ、快く引き受けてくださり、今日はそのカバンを直してもらいました。


IMG_1887.jpg

私にはとても長い方の紐でしたので、思いっきり左右合わせて30cmほどカットしてもらいました

IMG_1894.jpg

金具を付けなおしたり

IMG_1906.jpg

仮止めの糊を塗ったり

IMG_1909.jpg

他にもここには載せていない、いろいろな工程を経て、手縫いの段階へ!


直してもらったカバンはミシン縫いだけれど、久保田さんは手縫いでいろいろアクセサリーやたまにたのまれたらカバンを作っている人なので、手縫いでした。


3時間弱であっという間に綺麗に仕上げてくれたので、早速今日から使える!と。ホクホクした気分になりました。


直してもらったカバンは糸が細かったり、糸と肩紐の接地している部分がいずれ切れるだろう、、などあるので、いずれまた直してもらう機会があるだろうと思います。

身近に何かの専門職の人がいるとこういうとき本当に助かりますね。

紅葉

こんにちは。11月も後半になって浜松も寒くなってきましたね。


20161126152838f16.jpg


ゆりの木通りの街路樹は枝が短くなっていてよくわからないのですが、赤電の線路沿いはちょっとずつ紅葉し始めました。


20161126153238d75.jpg


街中の紅葉スポットである浜松城公園の様子も気になったので、今日はちょっと足を伸ばして紅葉狩りに行ってきました。


201611261546497ad.jpg


201611261558415f8.jpg


20161126163228b00.jpg


20161126162301601.jpg


20161126163205cb1.jpg


201611261624283eb.jpg


イチョウはすでに綺麗に紅葉していましたが、モミジはもう少しといった感じ。枝の先の方の葉っぱだけ紅葉していたり、葉っぱの半分だけ紅葉していたり。


201611261638467c1.jpg


201611261614353e2.jpg


全体的に緑が多くてピークにはまだ少し早かったようですが、紅葉シーズンだけあって公園内は広場で遊ぶ親子連れや散策する人でいっぱいでした。来週、再来週くらいになればもっと綺麗な紅葉が見られそうです。ぜひ、足を運んでみてください。

跋扈の暁

こんにちは。昨日は万年橋パークビル8Fで稽古などの活動をしている絡繰機械'sさんの舞台を見に、はままつ演劇オムニバスに行ってきました。
 




今回の公演のタイトルは「跋扈の暁」。跋扈って何だろうと思って調べてみたら、思うままにのさばること、と出てきました。意味を知っても難解なタイトルで、どんな話なのか想像もつきませんでしたが、冒頭の語りがカッコ良くて一気に引き込まれました。

 







今回は一夜にして謎の構造体が現れた山の麓の村が舞台で、ストーリーはシリアスなものでしたが、クスッと笑える掛け合いがいくつも散りばめられていて会場も沸いていました。ラストの方で村の謎が明かされたときは「えっ、このお話とあのお話が繋がるの!?」と驚かされて、ちょっとこじつけっぽい感じもしなくはないのですが、頭の中で想像がどんどん膨らんでいって楽しかったです。 

 舞台のセットも本格的で、階段のようなセットはいくつかのパーツに分かれていて組み合わせを変えることで様々な場面をばっちり演出していて、背後にそびえ立つ謎の構造体も雰囲気たっぷりで、何よりすごいのは作っているのが大道具などのスタッフを兼務している役者さんだということですね。 

 お芝居はもちろんそうなのですが、劇団によって演出のスタイルも結構違っていて、そういったことに気づけたり、今まで見たことがなかった劇団を知るきっかけになるのが、オムニバスの魅力かなと思いました。それぞれ1時間ほどのお芝居でしたが、とても濃くて楽しい時間でした。 

 今回のはままつ演劇オムニバスは浜松劇突のイベントの1つで、来年の2月5日までにまだまだ演劇などのイベントがたくさんあります。興味のある方はこちらをチェックしてみてください。
http://www.hcf.or.jp/bunka/engeki/2016

只今製作中!!!

こんにちは。雨ですね。ネットの天気予報をみると明日は晴れるようです。


さて、久しぶりに万年橋の8階へ行ってみると・・・


IMG_1774.jpg

こんな箱物が置いてありました。右にいる方は建築家ユニット+チックの鈴木さん

+チックはよく万年橋の8階で作業をしているのですが、今回は万年橋にこれからとても密接なものを製作しています。

1つ作ってみて、改善点が幾つか見つかったようです。(一度作ってみるって大事ですね)

そんな一度作ってみるが可能なことは、緩やかで、でもピリッとしている感じが万年橋スタイル・・・?それにしても楽しみにですね



IMG_1781.jpg



IMG_1780.jpg

IMG_1779.jpg


この箱物が今後どうなっていくのか、乞うご期待!!!!☆☆

(そう遠くないうちにお披露目できると思いますので)