FC2ブログ

3Fに法律事務所がオープンします!

万年橋パークビル3Fに「ゆりの木通り法律事務所」がオープンします。

20180917123159d8f.jpeg 

事務所のオープンに先駆けて、設計を手がけた403architecture[dajiba]さんが内覧会を開催していたので、できたばかりの事務所の中を見学してきました。

20180917163707afd.jpeg  20180917163841efb.jpeg

20180917164727e07.jpeg  20180917164755443.jpeg

20180917163917f24.jpeg  20180917170151ba7.jpeg

誰でも気軽に相談に来られる事務所にという弁護士先生の依頼をもとに、法律事務所とは思えない明るくて開放的な内装になっています。

法律事務所によくありそうな堅苦しいパーテーションがなくて、白い壁は光を反射する素材になっていて人の影や動きが映り込むようになっていたり、ちなみに壁などに木目が出ているところと白いところ、2つの素材が使われているのは...

東海道(ゆりの木通り)と平行または垂直のライン → 木目がそのまま出ている
新川(赤電の高架下を流れる川)と平行または垂直のライン → 白い化粧板が使われている

という風に分かれているそうで、それを知ったあとで上の写真を見直すと、なるほど!と、万年橋パークビルの西側の角が直角でないというのは何となく認識していたことですが、それが東海道と新川のラインで形作られているというのは意識したことがなかったなあと目から鱗です。


ちょっとわかりにくいですが、パークビルはこんな形をしています。

20180918140444c66.jpeg 

壁や机の配置だけでなく、蛍光灯や、帰り道に「ゆりの木通り法律事務所」の文字の中にも東海道と新川の角度が隠れているのを発見したり。

20180918141619b9c.jpeg 

教えてもらう前と後では同じものを見ているはずなのに、全く違う景色が見えるのでした。


事務所を開設したのは、浜松出身の弁護士、名倉祐輔さん。
大学卒業後に沼津の法律事務所で6年勤められたあと、独立をきっかけに地元に戻ってこられたそうです。
dajibaさんへの依頼にもあったとおり、「法律事務所というと、中々入りにくいと感じる方も多いと思いますが、どんなことでも気軽に相談に来てください」と、内覧会にお邪魔したときもとても気さくにお話してくださる優しい先生でした。
特に注力されている、交通事故・離婚・相続については初回無料で相談にのってくださるそうです。
交通事故ってどんなに自分が気をつけていても、被害にあってしまうこともあるので、いざというときに味方になってくれる先生がそばにいると思うと、俄然心強く思えてきます。

201809192102584af.jpeg 

事務所開設と内覧会の日程については9/15の中日新聞朝刊に載っていましたが、先生に聞いてみたところ事務所のオープンは20日ごろになるとのこと。お困りごとのある方は相談しに行ってみてはいかがでしょうか?

ゆりの木通り法律事務所
スポンサーサイト

Hamamatsu Dining vol.4

こんにちは。最近雨ばかりで、肌寒い日が続きますね。
8月はあんなに暑かったのになぁと思い出すのが、もう随分と前のことのようです。

良いお天気だった昨日は、美味しいお昼ご飯をゲットするべくhachikaiでやっていたHamamatsu Diningにお邪魔してきました。

2018091016193306f.jpeg 

201809101620301b8.jpeg

地元食材を使ったメニューが盛りだくさんのこのイベント、毎年hachikaiで開催していて今年で4回目になりますが、毎回すごい人気ぶりで、今年も開始直後に行ったのにすでにお客さんでいっぱいでした。

開始とほぼ同時に売り切れているメニューもあって、売り切れる前に食べたいもの買わなくては!と張り切っていたら真面目にお店の写真を撮っておらず...そのおかげか色々買うことができました(汗)

201809101739081b7.jpeg 

印度カレーmanaさんの峯野牛カレーに、肴町のあまのさんの唐揚げに、ラボラトリーさんの棒々鶏ときのこのスープに、L'atelier Tempoさんのパン!

ちなみに会場は満席だったので、黒キチにテイクアウトしました。
そうしたら、同じように上でご飯を買った人が集まってきて、お互いの戦利品を分け合ったりして、思いがけず賑やかなランチタイムに。

201809101744480d7.jpeg

たくさんおしゃべりして、美味しいご飯でお腹いっぱいになって幸せな日曜日でした。

マタハリカフェ

こんにちは。お久しぶりです。tです

台風があったり、北海道では地震があったりとなんだか天災が続いていて、
小さいから分からなかっただけかもしれないけれど、私が小さい頃こんなに天災は多かったのかなぁと考えてしまいます。
ここ浜松市はそういう天災による被害がすごく少ない地域だと思っていて、こんな時もぬくぬくと過ごしています。
いつかは起こるのだろうとは思うものの、ただそわそわと防災グッツも揃っていないなぁと、そんなことを考えるだけで、実際の状況に置かれたらどうなるのか・・・・
話もまとまらないまま次の話題へ。


本日は数年前にブログに載せたここにインドネシア料理やさんができたみたいという記事だったかな。
そのインドネシア料理やさん「マタハリカフェ」で食べて来ました。
調べていたら東区から移転来たそうです。
2014-1115-6 2014-1115-4 2014-1115-3 

ランチにはスープが付いて来て、そのスープがコンソメ味?で美味しかったです。
ビーフンゴレンを頼みました。(ビーフン=麺)(ゴレン=炒める)
野菜や卵が炒めて混ぜたお料理で。パリパリのスナックが添えられてのピリ辛でした。
ちなみにナシゴレンは(ナシ=お米)(ゴレン=炒める)です

席数は少なめでしたが、お昼は3種類のランチから選べて、曜日ごとに選べる品目が少し違うようで、それもまた楽しめる要因かと・・・!


そして最後に、万年橋向かいの笹田学園裏にある、古そうな建物が囲われて、窓がなくなっているな〜と思ったのが昨日のことで、本日前を通ったら、もう解体作業が進んでパワーショベルが狭い敷地内に入り込んでいました。
外観がいい雰囲気で、中はどうなっているんだろうとずっと気になっていた建物だったので中を見ることができて嬉しかったものの、解体されているのでさみしい気持ちもありつつ、何かできるのかな〜・・コインパーキングかな〜〜と思っているところです。

2014-1113-6 IMG_0010.jpgIMG_0011.jpg




イタリア料理の会 ーイタリアのマンマに教わったパスタを生地から一緒に作ろう!ー

先日クリエートで開催されていたイタリア料理の会に行って来ました。

実は以前一度だけ黒板とキッチンでも同じ会が開催されていて、そのときおすそ分けしてもらった料理の美味しさが忘れられなくて次の開催を心待ちにしていたので、やっと念願が叶いました!

ちなみに黒キチでやっていたイタリア料理の会の様子はこちらから見られます。

20180906175231d03.jpeg 20180906174742238.jpeg

今回は参加者が多くて規模が大きかったですが、黒キチのときと同様に、先生が現地で教わった”オレキエッテ”という耳たぶの形のパスタを作りながら、イタリア料理を楽しみました。

会が始まって、さあ作るぞ〜!と思いきや、まずは突き出しのフリセッレを食べるところから。

20180906173353d4e.jpeg 

フリセッレは真ん中に穴が開いたドーナツ状のパン。写真だとちょっとわからないですが、このフリセッレにもちゃんと穴が開いています。
サイズに決まりはないようで、調べると大きなものもたくさん出てきますが、今回はコロンとした一口サイズ。

20180906174039c09.jpeg

ザクザクとしたビスケットのような食感が楽しい一品でした。
突き出しを楽しんだところでいよいよ!生地を捏ねていきます。

20180906182235643.jpeg 

定量ぴったりになるように慎重に水を加えて、こねこね...

20180906182833446.jpeg

捏ね始めは水が足りているか心配になるくらい粉っぽかったですが、だんだん馴染んできていい感じに。

20180907142143710.jpeg 

生地がひとまとまりになったところで、ここからが本番!
ナイフを使ってオレキエッテを作っていきます。

201809071414591bb.jpeg 

まずは先生のお手本。

20180907141528f78.jpeg

1cm角くらいに切った生地を、寝かせたナイフの刃先でまな板に押し付けながら、ぐーっと伸ばしていきます。
途中で力加減を変えて、ふちは少し厚めに、真ん中は薄めになるように。
引き伸ばされて、内側にくるくる丸まった生地を裏返すと、まな板手前にあるオレキエッテの完成です。

先生はすごく簡単そうにやっているのに、実際にやってみると力加減が本当に難しく、あんまり力を入れすぎると生地がちぎれてしまうし、逆に弱すぎると全くのびなかったりで、途中で厚さを変えるどころではなかったです...

20180907145552010.jpeg 

それでも何度も何度も挑戦しているうちにだんだん形になり、それぞれ個性のあるオレキエッテが完成しました。
このまますぐに茹でるのではなく、一旦ここで寝かせます。

その間に食前酒でsalute(乾杯)! 
201809071517033a1.jpeg 

前菜とスープを楽しみました。

2018090715055518b.jpeg 
モルタデッラとプロシュートを旬の無花果とともに

20180907150717a2a.jpeg
ミネストローネ

どちらも素材が良いものだからか、シンプルな味付けなのにとても美味しくて、特にミネストローネの味付けは塩のみだそうなのに、野菜と豆だけでこんなに濃い甘みが出るのかー!と感動。あっという間に平らげてしまいました。

お腹を満たして幸せ気分ですが、もうひと仕事。
先ほど作ったオレキエッテを茹でていきます!

20180907153410d1f.jpeg 
ザザザー

201809071609349a4.jpeg 
隣でトマトソースをあっためて

201809071532326f8.jpeg 
茹で上がったらオレキエッテを絡めて

20180907161349b09.jpeg 
オリーブオイルとパルミジャーノ・レッジャーノをたっぷりかけて完成!

初めて生地から作ったパスタはもっちもち!表面はツルツルと滑らかなのにトマトソースがよく絡んで、贅沢にこれでもかとかけたチーズの風味と相まって最高に美味しかったです。形にばらつきがあって一口一口の食感が微妙に違うのも面白くて、夢中になっていたら、あっという間に食べ終わってしまいました...!

そしていよいよ最後のお楽しみ。

20180907153018765.jpeg 

日本ではゼラチンで固められてカップに入っていることが多いティラミスですが、伝統的な作り方では生クリームやゼラチンを使わないのだそうです。
このティラミスはその伝統的なレシピに近い作り方で作られたもの。
サヴォイアルディというスポンジケーキのようなクッキー生地にトロトロのマスカルポーネがかかっていて、削りたてのカカオの良い香りがして、今までに食べたことのない夢のようなティラミスでした!濃厚なのに爽やかな酸味が隠れていて、口に入れたらすっと溶けてしまって...このティラミスならずっと食べていられるくらい、本当に絶品でした。

ちなみに美味しいティラミスを作るコツは、美味しい卵とイタリア製のマスカルポーネチーズを使うことなのだそう。

と、お腹いっぱいになったところで、料理のコツを教えてもらいながら、先生が旅したときに撮ってきたイタリアの写真や映像を見せてもらって、最初から最後までイタリア尽くしの会でした。

2018090717411384a.jpeg 

自分の手で作ったオレキエッテはもちろん、先生が用意してくれたお料理が全部美味しくて、本当に楽しかった!と大満足です。

そうそう。このイベントはただの料理教室ではなくて、実は10月11日にクリエートで行われる、アルテ・エ・サルーテ劇団浜松公演のプレイベントとして開催されました。

アルテ・エ・サルーテ劇団浜松公演1 

アルテ・エ・サルーテは、精神病院がない国イタリアの精神障害者によるプロフェッショナルな劇団。精神障害は個性であり、病院で治療しなくとも方法はいくらでもある。というのがイタリアの考え方で、その通り、アルテ・エ・サルーテの俳優さんたちは芸術的な感性と巧みな演技力でイタリア国内のみならず、中国やスペインでの海外公演でも高い評価を得ているそうです。

今年はちょうど精神病院をなくそうという法律(バザーリア法)が制定されて40年という節目の年になることと、世界で一番精神病院が多い国である日本もイタリアのようになれたらという思いが、今回の公演を開催するきっかけとなったようです。

公演の詳細は今回のイタリア料理の会を主催した浜松サルーテの会のブログをご覧ください。
https://salutehamamatsu.hamazo.tv/e8152551.html

ゆりの木通りガイドツアー 2018

こんにちは。もうすぐ8月も終わりですが、まだまだ暑いですね。
毎年この時期になると万年橋パークビルでは、高校生がALTにまちなかを案内して歩くガイドツアーを開催していて、今年も浜松聖星高校の生徒さんによるツアーを開催しました。

昨年も今回と同じ聖星高校さんがガイドしてくれていますが、過去には西遠女子学園、北高、市立高校さんがガイドを務めた回もありました。

ブログに残っていた過去のツアーの様子はこちら↓
2017年 浜松聖星高校ガイドツアー
2016年 西遠女子学園ガイドツアー①
2016年 西遠女子学園ガイドツアー②

さて、今回のツアーも始まりは駅北口のキタラでALTと待ち合わせです。

20180830161409a61.jpeg 

ガイドの高校生の浴衣姿を目印に1人、また1人と集まったALTはなんと6名!
最近のツアーでは参加者はだいたい3名くらいだったので、いつもの倍です。
普段ならALTより高校生の方が人数が多いのですが、今回は逆転していました。

20180830161657a32.jpeg 

自己紹介しあったり、ツアープログラムの書いてある名前入りうちわを渡したりして打ち解けた後、ゆりの木通りへ戻る前にちょっと寄り道して鍛冶町通りの春華堂へ。

201808301752317b2.jpeg 

まだ日本に来て間もないALTに、うなぎパイをプレゼント。

20180830181613dab.jpeg 

みなさん、もちろん初めて口にするということで興味津々!
うなぎの骨が入っていると説明を聞いたあとに恐る恐るといった感じで一口かじると、この笑顔!
想像より美味しかったようです。

201808301816443b9.jpeg

こちらのお二人も熱心に感想を言い合っている様子。
恐らくですが、うなぎの味がしない!美味しい!と話しているようでした。

ちょっとしたお菓子タイムの後はゆりの木通りへ戻って、磯村書道教室で書道体験です。

201809021629119cb.jpeg 

墨をするところからスタート。

201808301822254ac.jpeg 

みなさん初めてということで真剣な表情。
最初は優しく丁寧な感じで擦っていたのですが、もっと大胆にやってもいいみたいで、先生に「もっと強く!」と言われると「本当にいいの?」と少し戸惑いながらもだんだん力を込めてグリグリと擦っていきました。

墨をすり終わったら今度は書きたい文字を決めていきます。
中には日本語がとてもお上手な先生もいらっしゃいましたが、文字となると話は別で、持参の辞書で調べたり、スマホで検索したり、生徒さんに翻訳してもらったり。

201808301822594ec.jpeg

文字を見ただけでは書き順がわからないので、1画1画教えてもらいながら、書いていきます。

20180830182407267.jpeg

201808301829093f8.jpeg 

20180903170952d5a.jpeg
 
20180830182324674.jpeg  20180830183140c1e.jpeg

20180903170640843.jpeg  20180903171247f5c.jpeg

純粋に好きな単語を日本語で書いてみたり、自分の名前をカタカナで書いてみたり、毎回定番の「浜松」を書いてみたり、せっかくだから難しい漢字を書きたいということで「鬱」に挑戦してみたり。「武道」や「忍耐」などサムライ的な単語も人気がありました。
皆さん初めてとは思えないくらいお上手で、その出来栄えに満足しているようでした。

書道体験が終わったら、今度は浴衣の着付けです。

20180903180403d6c.jpeg 

たくさんある浴衣の中から一つに絞るのはなかなか難しく、候補をいくつか選んで、まずは試着。

2018090318043788f.jpeg

「こっちの方が似合うよ」「やっぱりあっちの柄がいいな」とみんなでわいわい選びながら着付けてもらって、記念撮影!

20180903180616804.jpeg

初めて浴衣、とても嬉しそうです。
田中屋さんで着付けてもらっていた女性陣と合流して、ゆりの木通りを歩きながら、お店に入ってみたり、カフェでおしゃべりしたり・・・

20180904224121535.jpeg 

2018090422414444f.jpeg

20180904230622108.jpeg 

話が盛り上がって仲良くなったところで、さらに盛り上がるプリクラ撮影へ。
やっぱり海外にはプリクラ機はあまりないそうで、これがプリクラ!とテンションが上がる先生たち。
普段撮り慣れている生徒さんにポーズや落書きの仕方を教えてもらって、楽しんでいました。

20180904230902afd.jpeg 

20180904232735396.jpeg  201809042329354d6.jpeg

2018090423304081f.jpeg 201809042333233b9.jpeg  

20180904234713dc1.jpeg  201809042347379b0.jpeg 

2018090423480036a.jpeg  20180904234826ce9.jpeg 

完成したプリクラはみんなで切り分けてツアーのおみやげに。
男性ALTたちは「お化粧しているみたいで何か変だね」と言いながらも面白がってくれていました。

せっかく仲良くなったところですが、ツアーはここで終了。
書道にゆかたにプリクラと、全て初めて触れる日本の文化を楽しんでもらえたようで、今回のツアーも成功に終わりました。
生徒さんたちも最初は緊張しているようでしたが、半日ALTと過ごしているうちにだんだん積極的に話せるようになって、笑顔が増えていったのが印象的でした。
今年は申込が多かったので、また9月末に開催することになり、次回のガイドにも期待です。

こちらは番外編。
ツアー終了後に残っていたメンバーで、パークビル4Fのゆりの木舞台へ。
ちょうどこの日開催していた能のワークショップの先生のお話を聞かせてもらい、お面までつけさせてもらって、日本人でもなかなかできない貴重な経験をしました!

20180905002538946.jpeg 

20180905002610e94.jpeg