FC2ブログ

注染体験ツアー

こんにちは。1月にブログでもお知らせした注染体験ツアーの全日程が終了しました。

このツアーは4月から6月まで開催されていた静岡デスティネーションキャンペーンの企画の一つで、浜松街中の常盤町にある二橋染工場さんで、浜松の伝統的な染物の技法である注染染めの工程を見学・体験していただけるものでした。

注染と聞いてもどういう染め方なのか、ピンとこない方も多いと思いますので、工程を一通りご紹介します。

①地巻き
IMG_2928.jpg

織りあがって糊を落とした生地のシワを伸ばしながら、1〜2反の単位でロールにしていきます。

②板場
20190705171132c1e.jpeg
布の染めない部分に防染糊を塗っていきます。

201907051742264b4.jpeg

塗ったら生地をぴったり折り重ねる→型を下ろす→糊を塗る→生地を折り重ねる...と繰り返していくことで長い一巻きの布に同じ柄が途切れることなく続いていきます。

この作業、職人さんは流れるようにササッとこなしていくのですが、糊はもったりしているので塗り広げるのに思ったより力が要ります。ちなみに糊は粘土に海藻が混ざっているので、ほんのり海の匂いがします。

この糊が少ないと染料が染まりたくない部分に染み出してしまい、多いと生地を重ねたときに染めたい部分にまではみ出してしまうので、均等に適度な厚みに塗らなくてはならなかったり、シワやズレがないようにぴったり生地を重ねなくてはいけなかったりと、ここでの作業が後の綺麗な染め上がりに大きく影響してきます。

③紺屋
IMG_1656.jpg

生地の染め分けたい部分に先ほどと同じ糊で土手を作っていきます。この工程はまるでケーキ屋さんが生クリームを絞っているみたい。囲った中に流し込む染料が漏れないように、始点と終点を隙間なくぎゅっと繋げるのがポイントです。

IMG_1657.jpg

ちなみに上手な職人さんほど、土手の数は少ないそうです。(土手がなくても染め分けられるから)

④注染
IMG_1912.jpg

口の長いやかん使って染料を注いでいきます。
基本は2つの違う色の入ったやかんを両手に持って染めていき、その色が混ざり合うことで「ぼかし」と呼ばれるグラデーションが生まれます。
この「ぼかし」こそが注染最大の特徴であり、魅力でもあります。

IMG_1679.jpg

でも、両手にやかんを持って狙った通りに染めるのってなかなか難しくて、体験のときは2人で1つずつもったり、職人さんに手伝ってもらいながら染めたりしていました。

⑤水元
IMG_1696.jpg

工場内を流れる川を下流から上流へと遡りながら、防染糊と余分な染料を洗い流します。

IMG_16991.jpg

最初は糊で濁っていた水も生地が上流に辿り着くころには澄んで綺麗な状態になっています。

⑥高干し
天井が高く、風通しの良い部屋で生地を干して乾燥させます。

201907141735190ee.jpeg

この光景は生でみると本当に綺麗で圧倒されます。
その時々で干してある生地が全く違うので、このツアーのガイドを務める中で毎回とても楽しみにいていた場所です。風に吹かれてゆらゆら動いている姿が、生きているみたいでした。

20190714173942a37.jpeg

以上の工程を経て、ゆかたや手ぬぐいの生地が完成します。

そして、こちらが各ツアーで完成した手ぬぐいたちです。
tenugui0518.jpg

tenugui0601.jpg

tenugui0611.jpg

tenugui0615_1.jpg

tenugui0615_2.jpg

実は手ぬぐいはよく見てみると静岡県民なら「あ!」っとなるはずの柄になっていますよ〜
どの手ぬぐいもぼかしが綺麗に出ていて、とても素敵な仕上がりになりました!

静岡デスティネーションキャンペーンは6月で終了なので、このツアーも一旦は区切りとなりますが、今回ご参加いただいたみなさまに、友達にもオススメしたい!ぜひ続けて欲しい!とのご意見をいただきましたので、今後継続していくことも検討中です。
また開催できることになりましたら、お知らせしますので、よろしくお願いします〜!
スポンサーサイト

街中徒然日記2019-0621

こんにちは。
ムシムシした日でぐったりしてしまいそうです。知り合いが熱中症になったと聞いて、もう熱中症の季節になったのかと怖くなりました・・・去年熱中症になったので、今年は水分や塩分やら、色々気をつけて生活しないとなと思っているところです。。

と、最近ずっと気になっていたベトナム料理店ニエウクアンというお店に行ってきました。
色々写真を撮り損ねたので、食べ物の写真のになのですが、美味しくいただきました。
外の看板に670円からとあったのですが、ランチメニューが色々あって、結局800円台の春雨がメインの麺料理と生春巻きのランチセットにしました。
食べていたら、おそらくベトナムの人だろう人たちがグループで3組くらい食べにきて、それがなんとなくみんな知り合いで話し合ったりして、異国な雰囲気でした。日本の人も1組食べにきていました。
2019-0620-1
結構量が多めで、お腹いっぱいになりました。
他の人のメニューをみていてもボリューミーな状態のものが多くて、ランチメニューはお得感あります。

帰り道の街中重機情報

こちらの元マツモトキヨシのビル、ついにアーケードよりも低くなっていました。(もしかしたらもう壁は全取り壊されているのかも)
2019-0620-2

そしてこちらは駅前の高層マンションエリアの新しく立てている一条タワーの建設現場。
先ほどの現場を後にして鍛冶町通りを歩いていたら
西からマンションの壁を大型トラックが運んでい他ので、このマンションにつくのか〜〜と、マンションの作り方を少し知りました。
2019-0620-3

それにしても、このエリアはだいぶ見え方が変わってきましたね。
新しいマンションが建つことで、見えていたものが見えなくなって、新しい街の景色に塗り替えられていく様子をみて想像する未来がちっぽけな想像しかできなくて、自分の想像力の乏しさに悲しくなる。

もっと明るいことを考えて、塗りたくるイメージで街中を散策したいなと思う。

ゆりの木通り商店街のホームページがリニューアルしました!

こんにちは。
もう1ヶ月以上前のことになりますが、実はゆりの木通り商店街のホームページがリニューアルしました!

yurinokist_1.png

(画像をクリックするとホームページに行けます)

文字が丸みを帯びたり、色味も柔らかくなったり、ゆりの木通りのイラストの上にカーソルを置くと動いたり!!
以前のページより可愛く楽しくなっていますよ〜

新しくなったのはデザインだけじゃなくて、お店の情報も増えたり、更新されていたり...

yurinokist_2.png

各お店のページでは今までもあった基本情報に加えて、

yurinokist_4.png


SNSのトップ記事がリンクされるようになりました!
万年橋ブログも更新するとここに反映されます〜
yurinokist_5.png


さらに以前は1コマ漫画が載っていたページで、ゆりの木通りのイベントカレンダーが見られるようにもなってお出かけに役立つコンテンツが増えました!!

yurinokist_3.png


前のホームページをスクショしておけばよかったのですが、気づいたときにはもう新しくなったあとだったので比較はできないのですが(汗)ぜひこの機会にゆりの木通り商店街のホームページをのぞいてみてください!!

ゆりの木通り商店街
https://www.yurinoki-st.com


第15回ゆりの木通り手作り品バザール開催されました〜

んにちは。
久しぶりに1日中雨が降っていますね。おまけに寒くて服装間違えました。。

先週土日ゆりの木通りではゆりの木通り手作り品バザールが開催されていました。

両日お天気が良くて1日目は暑すぎたくらいでした。
西日が眩しい時間帯などあって、5月はこんなに西日が強かったけかなと不思議でした。
(と思ったら今日は雨で寒くてなんだろな)
20190514-1

20190514-2
写真は準備時間のもの。今回はいかにバザールが綺麗に撮れるかを色々試して、下からとって空が映るようにとか、ちょっと高めに位置でとってみたりしたのですが、なかなかうまく撮れず・・
でも空を入れるとすこしいい雰囲気で撮れるものが多かったので、次回バザールの時も色々写真を試してみようかと・・・


今回も様々なお店が出店してくれて、とても賑やかなゆりの木通り手作り品バザールでした。
お越し下さった皆様、出店してくださった皆様ありがとうございました!!
また秋のバザールが10月に開催されます。
秋の手作り品バザール申し込み日は 7月20日になります!気になる方、ぜひ記憶の片隅にとどめておいてくださいませ〜〜〜〜
20190514-3

ゆりの木通り手作り品バザールブログはこちらから
https://yurinokistbazar.hamazo.tv/



街中徒然日記

こんにちは。ここ数日なんだか風が強い日が続きますね。
昨晩も強風で外で色々なものが飛んでいる音が聞こえてきて台風のようだ・・・と思うほどでした。
桜もこの強風で散ってしまうかな〜と思っていたけれど、今朝桜がある場所を見てもさほど散ってしまった感じはせず。明日は雨模様なのでそちらの方が心配?です。お花見したいな〜

さてさて、最近寒くてめっきり外回りをしなくなってしまっていたけれど、
今日は風は強いが暖かいお日和だったので、万年橋から駅ー鍛冶町通りーゆりの木通りをグルット一周してきました。

と、一番の収穫は
郵便局前の地下道にあったゴミ箱が全て撤去されていたことに驚き!
たまにゴミが溢れて大変なことになりつつも、きちんと管理する人がいてゴミの取り替えがなされていた場所だったので、
ゴミ箱一つでもなくなることで、一つ、二つの光景や物語がなくなるんだな〜と思いました。

IMG_1119-1.jpgIMG_1120-2.jpgIMG_1121-3.jpg

そしてもう一つの収穫が以下です。江間ふとん店さんは何かを軒先に展示していることが多々あるのですが、今回は新元号関連でした。
新聞の切り抜きの下に万葉集の本を下に添えて、該当箇所のページを開いて置かれていました。
そして私が一番注目したいのは、その下の江間ふとんのリボン!(そのリボンでほんと令和記事を支えていたのですが)
リボンもあったなんて!そっちに目を惹かれてしまった次第です。
パッケージ全体をきちんと用意してあるお店は現代では少ないので、余計にこういうものに魅力を感じてしまう今日この頃です。

IMG_1122-4.jpg

ということで、このへんで。
暖かくなってきたことですし、また街中の徒然を書き綴ろうかなと思います。

c