FC2ブログ

古着屋モコロさん開店中

こんにちは。先月27日から紺屋町のキルヤさんで、古着屋モコロさんが期間限定で開店中です。

201811111559207e2.jpeg 

今回もモコロさんセレクトの個性的で可愛い古着と雑貨がいっぱい!

20181111155959fe0.jpeg  

20181111160143937.jpeg

20181111160048638.jpeg

モコロさんがお留守なのをいいことに、紀子さんにお願いしてあれもこれもといっぱい試着させてもらいました。

20181111160921c95.jpeg 

上下ともモコロさんのお洋服!写真だとわかりにくいですが、スカートはプリーツの内側に黒が隠れていて、動くとチラッと見えるのが可愛いです!
小花柄のシャツは前から見ると襟付きのシンプルな形に見えますが、後ろがボタンで開くようになっていて、ちょっと変わってます。

20181111165409f3d.jpeg 

あまりにも好みだったので、買ってしまいました〜
ボタンに手が届くかな...!

こんな風にちょっと変わってて可愛いお洋服たちが他にもいろいろありますよ〜

20181111170611bd3.jpeg 

20181111170803e00.jpeg 

そして、雑貨たちも充実してます。昔のホテルの鍵についてたような大きな直方体?のキーホルダーとか、マヤのカレンダーとか?どこで見つけてきたのか、聞いてみたくなるような異国情緒あふれる小物がいっぱい...と思いきや、メキシコのトナラ焼きの隣に福島の赤べこが置いてあったり...いろんな国のものが違和感なく混在していて面白いです。

201811111712251c6.jpeg 

赤べこも連れて帰って来ました。そして端にチラッと写ってる花柄のスカートも。
モコロさんから帰って来て、よく考えてみたら花柄ばっかり買っていますね。
昔から、あまりコーディネートとかバランスを考えずに好きな服ばっかり偏って買う癖は直らないのですが、最近はショッピングモールにぱったり行かなくなって、街中でばかり(主に古着屋さんで)買うようになっています。万年橋4年目ともなると自分の中のいろんな部分に街が染み込んでいるなぁと思って、なんだか嬉しい今日この頃です。最近、中の人の独り言が多くてすみません...

ぜひみなさんもモコロさん開店中のキルヤさんへ足をお運びください。
商品の詳細はモコロさんのインスタで紹介されていますよ〜
こちらも要チェックです!
https://www.instagram.com/furugiyamocoro/

古着屋モコロ
2018/10/27(土) ~ 11/18(日)
月木金:12:00〜18:00
土日祝:11:00〜18:00
火水定休
スポンサーサイト

ゆりの木バザールとオープンアート

こんにちは。最近すっかり寒くなりましたね。
まだまだ秋のつもりでいるのでうっかり薄着で出かけてしまったりするのですが、気がつけばもう11月。寒くもなるはずですね...そろそろあったかい格好をしようと思います。みなさまもお風邪など召されませぬよう、ご自愛ください。

さて、しばらくブログを更新しない間にゆりの木バザールとか、オープンアートとか、文芸大の碧風祭とか、いろんなイベントが始まって、そして終わってしまいました(汗)
終わってしまいましたが、ちょっと振り返ります...

まずはゆりの木バザール。土曜日の朝のお天気が心配されていましたが、開始時間を遅らせて今回は無事に2日間開催してました!

20181105135629edd.jpeg 

お昼を過ぎる頃にはお天気も持ち直して、すっかり晴天に!ゆりの木通りはたくさんのお客さんで賑わいました。
特にお天気の良かった日曜日にはなんと8,200人のお客さんがバザールを訪れたのだとか!
すっかり年2回開催が当たり前になって、来場者も増えて、どんどん大きくなっていくなぁと近くで見ていて圧倒される思いでした。

その近くで見ている距離も、最初はまだ学生の頃に出店していたのが、毎回お客さんとしてお店を見て回るのが当たり前になって、実行委員のお手伝いをするようになって、とどんどん縮まっていって、さらに秋のバザールの頃に万年橋で働き始めたので、もう4年目になるのかぁと色々感慨深かったです。

と、これは万年橋ブログWの視点から見たバザールでした。
当日の様子はゆりの木バザールのブログインスタでたくさん見られますよ〜ぜひ!


そしてバザールと同じ日から始まったオープンアート、万年橋ではhachikai、とりいさん、黒キチの3箇所で開催していました。

hachikaiには中学生が作ったキャラクターたちがいっぱい!
20181105155015735.jpeg 

2018110516003895f.jpeg 

彼らはベニヤ人といって、2つのものを融合させて生まれたキャラクターなのだそうです。
見に行ったときは純粋に可愛い〜と楽しんでしまいましたが、こうして写真と向き合ってみると何と何の組み合わせなのか、わかりそうでわからない...わからなそうでわかる...という絶妙な融合具合ですね。

大仏とみかん?りんごとキャンディ?パンダと・・・?富士山とてるてる坊主?りんごとカタツムリ?ろうそくとカエル?タマゴとニワトリ?地球儀(ボール)と・・・?

間違ってるような気がすごくしますが、当てずっぽうに考えてみるのも楽しいですね。みなさんは何に見えますか?

そして、ビルの壁からも何か出ていました...!

20181105162528018.jpeg 

これに気づくタイミングが面白くて、私の場合は仕事が終わってさあ帰ろう!と何となしに空を見上げたときでした。地上に一番近いものは2階くらいの高さで、日中もずっとそこにあったはずなのに、意外と気づかないものですね。そして気づいてしまうと、今度は万年橋に来るたびに見上げずにはいられなくなってしまいました!
万年橋や黒キチによく来てくれる人に今展示でこんなのがあるよ、と話すとみんなびっくりしていたり、私が万年橋前で怪しげな体勢で写真を撮っているのを見て、釣られて上を見て「あっ!」てなっている人もいたり...期間中に万年橋近くを通りかかった人のうち、どれくらいの人がこの輪っかに気づいたのかが気になります。

そして黒キチはルネサンスアカデミーの学生さんによるライブペイントの黒板アートでした。

20181105171147e7b.jpeg 

What is your autumn? (あなたの秋は何?)の言葉とともに、動物たちがそれぞれの秋を楽しんでいます。最後の2日間黒キチに来れなかったのですが、その間に一気に色が増えて賑やかな黒板になってました。見たかったなぁ〜

201811051716348fb.jpeg 201811051716510f0.jpeg

オープンアート自体は4日まででしたが、まだ消えずに残ってますよ〜
期間中見に来れなかった方はぜひ見に来てください!

WestGoatCoffeeさんでいきものだものさんの展示

秋晴れの過ごしやすい日ですね。

さて、そんな日に浜松街中の数少ないカフェへ立ち寄ってみました。
今年5月にオープンしたお店で、外から見て気になっていたカフェでした。
そこで今黒板とキッチンで黒板をばばばばーーーと絵でいっぱいにした いきものだもの の大石さんが展示をしていると知り、West Goat Coffeeさんへ行って来ました。

2018-1018-2
いきものだもの のインスタグラムでコーヒーだけでなく、ケーキも食べられると知り、
立ち寄って見たい欲が湧いていたので、ケーキと、エスプレッソを注文しました。エスプレッソを美味しく飲む方法をウーパールーパーが四コマでほっこり可愛く説明?してくれていました。

店主さんがコーヒーの説明を丁寧にしてくださるし、チョコミントのラテ?が次回はきになる飲み物です。
 
2018-1018-3
他にも10月の展示ということで、ハロウィンのウーパールーパー達が!
可愛い。!!!!!!!!
10月28日は19:30〜はWest Goat Coffeeさんでライブがあるそうです。

コーヒーといきものだものと、spoonさんという2組のユニットのライブ。ふらりと立ち寄るのはいかがでしょうか?

お店を出て、万年橋へ帰る途中。鍛冶町通りを通って来たら、
先日移転閉店したマツモトキヨシが囲われていて、新しく何か入るのでしょうか・・・?
このあたりは最近飲食店が多いので、そんな感じかなと。
建物自体は古くて、マツモトキヨシの時は手がついていない上の階の様子が気になっていましたが、
新しくなったら隠されてしまうのかなと、そこだけ気になってます。 
2018-1018-4


自転車タクシーに乗って

一昨日の日曜日、いつものように万年橋にいたら、黒キチ前でトゥクトゥクのような?初めて見る乗り物に出会いました。

20181016172832060.jpeg 

その名も自転車タクシー。人力車とタクシーの中間みたいな乗り物とのこと。
歩道や一方通行の道もこのタクシーなら通れるので、街中のちょっとした移動には最適です。
せっかくなので乗車して、ちょうどこの日開催していたやらフェスの会場ソラモまで乗せてもらいました。


インスタの2枚目、3枚目に乗車中に撮った動画が載ってます。よかったら見てみてください。

物珍しさからか、街行く人々の注目の的になっていましたが、風を切りながら、人波をすーっとかきわけていくのがとても楽しかったです。ソラモへ着いたのもあっという間でした。

2018101617331565c.jpeg 

20181016173330f09.jpeg

街中の周遊プランはこんな感じ。目的地への移動手段としても良いし、街中をあてもなくぐるぐるするのも楽しそうです。私たちが乗る前には、寝てしまった小さなお子さん連れのご夫婦が、歩いて5~10分くらいの車を駐めてある駐車場まで。と利用していたり...タクシーよりも気軽に利用できるのも良いですね。

街中で営業しているのは金曜と土曜の夜だそうなので、見かけたらぜひ利用してみてください。
予約すればそれ以外の日時でも対応してくださるそうですよ~

KISUI NAKAZAWA EXHIBITION -GRAFFITI OF A LINE-

万年橋1Fのバー Prouvéさんで書道家 中澤希水さんの展示が開催中です。

20181015171703b4c.jpeg 

2018101517465974c.jpeg 

タイトルの意味は直訳すると「線の落書き」。展示されている作品たちには個別のタイトルもテーマもなく、最初は考えて書いた線の動きを何百、何千回と繰り返していくうちに身体に覚えこませて、最終的には思考のない状態で手を動かして作り上げるのだそうです。だから、いい意味で「落書き」なのだそう。

2018101517573757c.jpeg 

見る側に意味を委ねるので上下もなく、重なり合う線の中に風景を見たり、生き物を見たり、見るひとの数だけ意味が生まれます。

黒地のキャンバスに白い墨で書かれているかと思いきや、ろうけつ染めのように、和紙に防染塗料で線を引いたあと、全面に墨を流して染めるという技法で製作されていて、間近で見ると、白い線の部分には地の和紙の繊維が見えます。

20181015180656606.jpeg 

こうしてアップで見ると、本当に浴衣の生地みたいで、最近染め物に接する機会が何かと多かったこともあってちょっとテンションが上がってしまいました!

線がグレーの作品はさらにそのあと、薄い墨を流して染めていたり、一見手書きには見えないこの作品も一本一本手書きされているそうです。

201810151809538fd.jpeg 

さらに、もっと身近なところで作品を楽しんでほしいという中澤さんの思いから、iPhoneケースと絵付けした器も展示されています。 

20181015180712826.jpeg

器は有田焼と同じ呉須という染料を使いながらも、もっと気軽に日常的に使ってほしいと、とてもシンプルな絵付けになっています。点と線がそれぞれ生き物に見えるのは私だけでしょうか...? (特に手前の器に描いてあるのが、アザラシの赤ちゃんに見えてとても可愛いです)

20181015184056111.jpeg 

iPhoneケースはカバーと手帳型の2種類があり、サイズは5〜Xまでと、最近ではあまり手に入らない型にも対応していますよ。

20181015180636be4.jpeg

この展示は来月3日まで。最終日には中澤さんも在廊されているそうです。
ぜひ、Prouvéさんへ足をお運びください。


KUSUI NAKAZAWA EXHIBITION
-GRAFFITI OF A LINE-

日時:10月12日〜11月3日 22:00〜4:00(11/3のみ 16:00〜 作家在廊)日曜定休
会場:Prouvé(浜松市中区田町327-24 万年橋パークビル1F)
https://www.facebook.com/prouve.2014/