カテゴリ:未分類 の記事一覧

Color Mixing5 -みんなの写真展-

こんにちは。今日は写真展を見に鴨江アートセンターに行ってきました。


20170812180915fbd.jpg

Color Mixing5 -みんなの写真展-


去年も足を運んだこの写真展。黒板とキッチンのスタッフさんや利用者さん、カラクリマシーンズさんなど万年橋パークビルでよくお会いする方がたくさん出展していて、今年は半分ほどが知り合いでした。


20170812181303d0a.jpg


20170812181459fc7.jpg


20170813170816e2a.jpg


去年はまだ知り合いが多くなかったので、この人はこういう人なのかな?と想像しながら写真を見ていたのですが、今年は写真のテーマやモチーフから普段感じているその人らしさを感じ取ることができたり、知らない一面を垣間見ることができたり、前回とは違った楽しみが増えていました。


日常を切り取ったもの

物語があるもの


印象に残った展示をいくつか。


201708121849177a8.jpg


こちらはポンジというのぼり旗などに使われる布に花火や夕焼けの景色がプリントしてあって、すごく目を惹かれました。下に何枚から重なっている部分もあって、ヒラヒラさせながら覗くところに夜風を連想させるのが、夏らしくて素敵です。


20170812181724b6b.jpg


こちらはカラクリマシーンズの伊藤彩希さんの展示。女優さんですが舞台美術も担当されているので、写真の配置や文字の飾りがすごく凝っていて、演出でも魅せるのがさすがだなあと。去年の金網を使った展示の光景も強烈に印象に残っています。


そして展示パネルの前には撮影に使われたカメラやアイテムが置いてあることも。

20170813150144ef4.jpg


20170813150216a21.jpg


20170813150129afc.jpg


20170813150535cbc.jpg


私はトイデジを1つ持っているくらいで、だいたい写真はスマホで撮ってしまうので初めて見るカメラばかりでした。写真を撮り忘れてしまいましたが、デジタルハリネズミというトイデジがすごく気になります…。


入ってすぐの左手には出展者さんたちが集まるスペースがあって、今日は展示の追加作業をしていたり、配布用のシールを和気藹々と作っていました。会場の温かい雰囲気はみなさんの仲の良さが滲み出ているのでしょうね。できたてのシールをおみやげにいただきました。


20170813174213fb3.jpg


水彩絵具のようなクレヨンの色味が優しくて素敵です。


鴨江からの帰り道、ホルガのトイデジを持ってきていたので久しぶりに写真を撮りながら帰りました。せっかくなので、一枚載せてみます。


201708131801244ba.jpg


このブログでは一部しかご紹介できませんでしたが、まだまだ素敵な展示がたくさんありました。19日までの開催で最終日は18:30から一品持ち寄り・誰でも無料で参加OKのクロージングパーティーがあるそうです。ぜひ足を運んでみてください。


Color Mixing5 -みんなの写真展-

2017/8/12(sat.)~19(sat.)

9:00~21:00(LAST DAY ~17:00)


8/19(土) 18:30~20:30 Closing Party


出展

アリンコ / 伊藤彩希 / 演劇ユニット FOX WORKS / さくらんぼ村 / 写真団『旗』from suzuya camera / 華也 / 古橋利枝子 / machi / 村松弘美 / 横村雄輝 / うさぎ村 / keto / tomo / みどり / 安田カナ

スポンサーサイト

第65回浜松七夕ゆかたまつり2017

こんにちは。暑い日が続きますね。(と思ったけれど、涼しい日が数日続いたのを思い出しました)

最近浴衣姿の人をちらほらと見かけるようになりました。


花火の日もあれば、なんてことない日も・・・

今街中では七夕ゆかたまつりをやっていて、浴衣を着ると街中のお店で安くなったり特典があったりとお得なことがあるみたいです。


特に昨日4日~6日には1000円でチケットを買うと、1200円分利用できるオトクなチケットを販売しているようです。

ゆりの木通りではBOOKS AND PRINTSで購入できるようですよ。

 

また、自分で着付けができなくても。500円で着付けを頼める協力店舗が5日/6日にもあるみたいです。なんとヘアもせっとしてくれるようなので、かなりオトクなのでは!!
実施している場所はAnyと肴町公会堂(浜松市中区肴町316-3)


浴衣着たくても機会がないという人、この機会に街中へ浴衣をきてぶらぶら散策しに来てみてはどうでしょうか?


こんな感じで繁華街がキラキラしていますよ~。

IMG_4568.jpg



IMG_4571 (1) IMG_4569.jpg IMG_4567.jpg IMG_4570.jpg



再開発

こんにちは。曇り空でもムシムシ暑くセミも鳴き、夏真っ盛りですね。

7月ももうすぐ終わろうとしています。


さてさて、以前から少し耳に入ってきていた駅北にある高層マンション周辺にもう一棟建つという話。

古着屋さんが閉店したのを知り、建物を見に行ったら、すでにここ一体のビルに入っていた会社やお店は撤退していました。


IMG_4436.jpg




IMG_4437.jpg

この駐車場も少し前からただの空き地みたいになっていたのですが、再来年にはこのあたりにマンションが建つようです。

古さを持った建物がなくなっていくのは物寂しくありますが、これも街の作られ方なんだなとしみじみ


IMG_4433.jpg

壊されるビルに英語で There looks like 3 womans(woman?読めなかった)と。

矢印もあったので見てみたけどwomanが分からず。

これもなくなりますね。




あまり行かない場所

こんにちは。暑いですね暑いですね。

肌もピリピリで目も痛くなるひが続いていて、ただただ辛い日が続いていますね。浜松の梅雨は何処へやら・・・



久しぶりに駅南を周ってみたら、少し前とは違う光景が広がっていました。

もとも何があったのか全く思い出せませんが、新しいものが建てられようとしています。

IMG_4352.jpg


そう言えば、駅南のモスバーガーがなくなって、そこに新しいお店が入っていたのにも驚きました。

その足で駅の中へ入ると・・・

IMG_4350.jpg

7月で閉店した浜松駅内のミスタードーナッツの後に何ができるんだろうと思っていたら隣のマクドナルドの店舗が拡大してました。

以前のマクドナルドは隣の人との距離が近かくてある意味マクドナルドらしい感じでしたが、広くなったのでゆとりがうまれて、少し落ち着いて滞在できそうです。(その分滞在時間も長くなるのだろうか・・・?)

私のマクドナルドのイメージは赤や黄色が基調となった元気な店舗のイメージだけれど、最近の店舗は働く人の強い味方!みたいな感じでスタイリッシュな印象を受けます。


IMG_4102.jpg

そして、最後はこちら、黒板とキッチン運営者の鈴木一郎太さんがお昼ごはんをその場にいた人に作ってくれたのでいただきました。


クスクスみたいな右手側にある食べ物は、ブルグルというトルコの食材だそう。

小麦を粉にして極小のパスタにしたものがクスクスで、原料の小麦を砕いただけのものがブルグルなのだとか。

普通の小麦よりも高タンパクでビタミン、ミネラルも適度に含むと言われるデュラム小麦で栄養価が高いことで注目されている食材なのだとか。


戻し方も簡単で

ブルグル1カップに対してお湯を2カップ、塩を少々混ぜてから蓋をして4~5分蒸らすだけで食べられるというなんとも手間も料理中の場所もその後の掃除も少なそうで、便利な食材。


戻しブルグルが余っていたのでもらって家ではサラダに混ぜてみました。

いつものサラダにアクセントが付いて良かったです。





7月1日の街中

こんにちは。この頃だんだんと暑くなってきましたが、7月に入ってさらに暑くなりましたね。昨日は

駅前を中心に街中をウロウロしてきましたが、湿度も高かったので蒸し暑くちょっと歩いただけでかなり汗をかきました。


201707021532017e9.jpg


20170702153432bac.jpg


20170702153448443.jpg


駅前ソラモでは注染・ゆかた・和装展という浴衣のイベントが開催されていて、ゆかたや帯の販売、注染の実演や体験をやっていました。ソラモでは、季節問わず定期的にゆかたや着物のイベントをやっていますが、昨日はとても暑かったし、浴衣のレンタルもやっていてソラモ周辺は浴衣の人がたくさんいたので、夏の訪れを感じました。


そして、Anyでは動物の保護ボランティアの方たちが、ラストポートレート展~この世に生を受けて~という動物の写真展をやっていました。


2017070216175256d.jpg


間もなく生命が尽きようとしていた動物たちの3組のポートレート。

1組目は、家族の愛と献身的な介護に見守られながら、天寿を全うしつつある子たちの、最後の記念写真。

2組目は、人間に捨てられ、暗く冷たいガス室の中で生命を絶たれようとしている子たちの最期の肖像写真。

3組目は、里親に引き取られることによって殺処分を免れた幸運な子たちの姿。


1組目の動物たちは温かい家族の中で幸せそうな顔をしているのに対して、2組目のガス室の子たちは自分の運命を知っているかのような悲しげな顔をしていて、2組の動物たちの表情の差が強烈に印象に残りました。


2組目の子たちの中には、最初は可愛がられていたのに飼い主の都合で飼えなくなったからと連れてこられた子、避妊手術を受けさせてもらえず妊娠したからと捨てられてしまった子、子どもが増えすぎて飼い主の手に負えなくなった子たち、ひどい虐待の末に捨てられた子など、いろいろな子がいましたが、どの子も人間側の都合で辛い思いをしていて、私も犬を飼っているので見ていて本当に胸が痛かったです・・・


20170702161714ceb.jpg


3組目の子は、最初は人間を怖がって怯えていたのが里親と過ごすうちにだんだん心を開いていって、最終的には里親家族の中でとても幸せそうな顔をしていて、裏切られてもまた信じてくれる動物の姿に心を打たれました。こういう子たちがもっと増えてほしいですね。


増えてほしいとは言うものの、すでに犬を飼っていて新たに迎える余裕がないので、里親になったりはできませんが、今飼っている子を最期まで大事にしてあげたいなと改めて思いました。動物を飼っているか、いないか関係なく心に刺さる展示でした。


201707021620301e6.jpg


会場内ではチャリティーバザーも行なわれていて、収益は全て保護活動に充てられるとのことだったので、メモ帳とシールを買ってみました。これも1つの貢献の仕方だと思うので、こういうイベントがもっと増えてほしいと思います。


20170702162008e46.jpg


こちらは赤ちゃんネコの保護活動の様子。ブログではうさちゃんたちをはじめとした動物の保護

活動の様子が見られます。ぜひご覧ください。

http://hakousagi.hamazo.tv/