カテゴリ:黒板とキッチン の記事一覧

餃子とエスプレッソとチャパティ

今日はもうひと記事。今週末は、昨日は浜松餃子の食べ比べ会(仮)をして、今日は直火式エスプレッソメーカーを使って抽出したコーヒーを飲んで、と黒板とキッチンのキッチンをたくさん使いました。


浜松餃子の食べ比べ会(仮)は、黒板とキッチンの常連さんの発案で始まった、読んで字のごとく、ひたすら餃子を食べるイベント。初回の昨日は7人のメンバーで12種類の餃子の食べ比べをしました。


20170205180047921.jpg


20170205180201e43.jpg 20170205180238a1d.jpg


餃子を焼いては食べ、焼いては食べをひたすら繰り返して、それぞれ点数を付けていきました。私はそれぞれの餃子の味の違いや特徴がうまく掴めなかったので、みんなが言い合う感想を聞いてなるほどと思うことばかりでした。食べているときは感想を言い合ったり雑談をしていたけれど、採点表に記入するときはみんな真剣なので、シーンとする一幕も。初対面同士の人もいましたが、みんなでテーブルを囲んで餃子を食べているうちに打ち解けて、楽しい会になりました。


そして今日は、私が前から気になっていたキッチンのオーブン横にぽつんと置いてあった直火式エスプレッソメーカーのことをその場にいる人たちに話したら、それじゃあ使ってみようということになって、みんなでコーヒーを作って飲みました。


2017020518344439a.jpg


20170205183458a45.jpg


エスプレッソメーカーのサイズが小さかったので3人で分けたら、量が少しになってしまいましたが、濃くて美味しいエスプレッソが出来ました。淹れ方が難しいのでは?と思っていたのですが、そんなことはなく意外と簡単だったので、また作ろうと思います。


そして、黒板とキッチンでカレー講座を開いているエリカレー先生もチャパティを作っていました。おすそ分けを頂いたら、クミンがほんのり香って美味しかったです。


2017020518423451d.jpg


キッチンは200円の使用料で誰でも使うことができます。食器や置いてある調味料も使ってOKなので、みなさんもお気軽に使ってみてください。


W.

スポンサーサイト

古本とキッチングッズ市

あけましておめでとうございます。昨年は万年橋パークビルブログをご覧頂き、ありがとうございました。今年もゆりの木通りを中心とした街中の情報などお伝えしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。


今日は久しぶりに赤電に乗って街中へ来たのですが、さすがに元日なだけあって乗客も少なめで、黒板とキッチンもあまり人がいないかなと思っていたら、いつも通り常連さんたちがいて、いつもと変わらない雰囲気でとても落ち着きます。年末年始、短縮営業ではありますが、黒板とキッチンは休まず営業していて、さらに元日から「古本とキッチングッズ市」というイベントをやっています。


20170101162155c0c.jpg


2017010116330158e.jpg


その名の通り、古本とキッチングッズがかなりお手頃なお値段で販売されています。ざっと見たところ古本が多めで、小説から実用書、雑誌までさまざまな種類・ジャンルの本がありました。古本屋さんで探してもなかなか見つからなかった本がもしかしたらここにあるかもしれませんよ~。今日から8日までの1週間やっているようなので、前を通りかかった際はぜひぜひ気軽に立ち寄ってみてください。


それとこんなものも。

2017010116331515d.jpg


くじ引きのおまけでしょうか?ひとりひとつどうぞ、とあったのでひとつもらってみました。

ミニ知恵の輪。

201701011656209cc.jpg


ほかにも、鉛筆、消しゴム、缶バッチなどたくさん種類があって、小学生の頃たまに行っていた駄菓子屋さんにこんなのあったなあととても懐かしくなりました。みなさんも、おひとついかがですか?

青マンゴーのピックル

こんにちは。今日はとても暑いですね。日差しも強くて、こんな日は本当に海に入りたくなりますね。


さて、今日黒板とキッチンに来てみたら、インドのピックルに新しい味が増えていました。


201607181400177ad.jpeg


青マンゴーのピックル。


20160718144355772.jpeg


日本では青マンゴーってあまり聞きませんが、インドの家庭では定番なのだそう。普通のマンゴーが熟す前に収穫するのかな?と思って調べてみたら、熟しても緑色のままのキーツ種(ケイト種)という品種があるらしく、日本でも沖縄で少しだけ栽培されているようです。ちなみにこのピックルに使われているのは浜松産のもの。浜松でもマンゴーって育てられているんですね。マンゴーというとやっぱり沖縄や九州のものというイメージなので驚きました。


試食をさせてもらったら、他のピックルに比べて歯ごたえがしっかりしていて、酸味もあって、説明にある通り梅干しのような感じでした。とても美味しかったので1つ購入しました。冷奴にのっけたり、素麺のつゆに混ぜたりしたら、暑くて食欲のないときでもパクパク食べられそうです。


試作品ということで1つ300円と他のピックルよりもお得で試食もやってるので、みなさんもぜひ試してみてください。

黒板とキッチン2周年

こんにちは。昨日は夕方から万年橋パークビル1Fの黒板とキッチンさんの2周年パーティーがありました。


20160612141845cf3.jpeg


今年も黒板とキッチンを運営している大と小とレフ代表の鈴木一郎太さんが美味しい手料理を振る舞ってくれました。


20160612143002e1f.jpeg


2016061214320853f.jpeg


黒板とキッチンで販売しているKATO NOENさんの無農薬野菜もたっぷり使われていました。ガッツリ系のお肉料理から生野菜のディップまでいろんな料理があって、どれもすごく美味しいのであっという間になくなっていきます。


20160612144557ba2.jpeg

キッチンに立つ一郎太さん。見事な包丁さばきで次々と新たな料理を作っていました。


20160612142534370.jpeg


開始とともにどんどん人が集まってきて、最終的には30人くらいの人がパーティーに参加していました。美味しい料理やお酒を楽しみながら、会話にも花が咲き、パーティーは予定の終了時間8時をオーバーして11時半頃まで続いたそうです。みなさんお知り合いかと思いきや、意外にも初対面同士の人が多くて、新たな出会いもたくさん生まれたようで、黒板とキッチンらしい楽しくて素敵なパーティーでした。


新しい講座がどんどん増えていったり、野菜の販売がまた始まったり、私が関わった数ヶ月の間にもいろんな変化があった黒板とキッチン。3年目はどんな変化があるのかとても楽しみです。3年目もよろしくお願いします。


そして、今日ブログを書きにきたら、またまた手料理をごちそうになってしまいました。

201606121530411df.jpeg

ズッキーニとトマトのパスタ。美味しかったです!


黒板とキッチンの今月の講座の情報はこちらをご覧ください。

http://kokubantokitchen.wix.com/bbandk

岸井大輔さんトークイベント

こんにちは。今日は劇作家・岸井大輔さんの「戯曲は作品である」出版記念トークイベントが黒板とキッチンで開かれました。

2016040916443169d.jpg

20160409164411766.jpg

「戯曲は作品である」は、昨年の6月13日~7月15日に京都造形芸術大学ARTZONEで開催された同名の個展の記録として、展示や上演イベントの様子と、展示した戯曲が収録されています。以前から親交のある大と小とレフ取締役の鈴木一郎太さんが批評を寄せたこともあって、今回、黒板とキッチンでイベントが開かれることになりました。

20160409171202a56.jpeg

浜松が日本で1番好きだという岸井さん。浜松に20年近く住んでいる私たちが逆におすすめのお出かけスポットを教えてもらうほど浜松に詳しい方でした。イベントで振る舞われた羊羹も肴町の和菓子屋さんで購入したものだそうです。

20160409165618274.jpg

和気藹々とした雰囲気の中、始まったトークイベント。参加者の中には名古屋や京都から来ました、というコアなファンの方もいらっしゃいました。

トークはたっぷり2時間、個展を開いた経緯や作品について、演劇の奥深さや危険性などとても濃い内容で引きこまれました。本にも収録されている「share soup three weeks」という三週間ノンストップで鍋を続け、その水面をひたすらネットで中継するという作品の話のときに、hachikaiのいろりでもできそうだという流れになって、イベント終了後に、全員で実際にいろりを見に行きました。

2016040918093665c.jpeg
駐車場にいろりがあることにみなさん驚いているようでした。
それにしても、3週間連続で鍋をして、しかもそれをネットで中継するなんてその発想に驚きです。

20160409165735a44.jpg

「戯曲は作品である」は黒板とキッチンで販売しています。
個展の写真やたくさんの作品が収録されている贅沢な一冊なので、みなさんもぜひ手にとって岸井さんの世界観に触れてみてください。