カテゴリ:hachikai の記事一覧

ナマステはままつ

4月28日の夜、hachikaiでは「ナマステはままつ」というイベントが開催されていました。

20180501025726bc1.jpeg 

20180501025748f59.jpeg

20180501025801641.jpeg

2018050103133805f.jpeg

お知らせ記事でご紹介したとおり、インドの食器や調理器具、本の展示販売と、サリーの着付体験と、インド料理の販売もあり、hachikaiにだけ異国の匂いが(実際にスパイスか何かの良い匂いも)漂っていました。

ワダ(豆やジャガイモを潰してドーナツや団子状にしてあげた料理)やバジ(野菜のスパイシー天ぷら)など、予約なしで食べられる料理もいろいろあったのですが、ほとんど予約でいっぱいだったDAN CURRYさんのチキンビリヤニを、開始すぐの早めの時間に行ったおかげでゲットできました。

201805010258137b4.jpeg 

ビリヤニとはカレーの炊き込みご飯のような料理で、パキスタンやインド周辺の国で結婚式などのハレの日にふるまわれるものなのだそうです。一口にビリヤニと言っても、チキン以外のお肉や魚を使うものもあり、作り方もお米と具材やスパイスを何層にも重ねて蒸して、炊き上がってから全体を混ぜる方法と、全部を混ぜてから炊く方法と、いろんなスタイルがあるらしく、DAN CURRYさんのビリヤニは前者の重ね蒸しで作られていました。そうすることで味が不均一になり、一口ごとに違う味が楽しめるのだそうです。

食べてみると本当に一口ごとに味の印象が違って、カレーの風味が濃いときもあれば、カルダモンのスッとした爽やかな香りが感じられるときもあって、その複雑なおいしさに夢中になって食べてしまいました。付け合せのライタというヨーグルトのサラダも、ほどよい酸味がスパイスの香りと良く合っておいしかったです。

そういえば、このビリヤニにも使われているインド料理などでよく見る細長いお米はバスマティライスというのだそうです。モチモチして甘味の強い日本米とは違って、軽くてさっぱりしていてすごく食べやすいです。

せっかくなので他の料理も食べたかったところですが、ビリヤニでお腹いっぱいになってしまったので、パキスタンスイーツとインドの洗剤石鹸をお土産に買って帰りました。

20180501041034ac3.jpeg 20180501041045c3f.jpeg

スイーツはかなり甘めで、(おそらく)カルダモンや生姜などのスパイスが効いていて、美味しかったです。石けんはまだ使えていないのですが、洗濯にもお皿洗いにも両方使えるそうなので、これから使うのが楽しみです。

開催時間は3時間弱くらいで、イベントとしてはどちらかというと短いほうだと思うのですが、あとから聞いた話だと100人近いお客さんが訪れたそうで、インドの人気の高さが伺えますね。好評につき第2回開催ということになったら、今度はビリヤニ以外の料理も食べてみたいなと、勝手に期待しています。

ちなみにこのイベントを主催されたERI CURRY先生は、黒板とキッチンで毎月カレー講座を開催しているので、ご興味のある方はチェックしてみてください。
http://kokubantokitchen.wixsite.com/bbandk
スポンサーサイト

ナマステはままつ開催のお知らせ

今週末土曜日にhachikaiで「ナマステはままつ」というイベントが開催されます。

20180424011943045.jpeg 

インドの食器や調理器具、本の展示販売とサリーの着付体験、さらに黒板とキッチンでカレー講座を開催しているERI CURRY先生のご飯も食べられるというインド一色な夜になりそうです。インドの文化に興味のある方、おいしいご飯が食べたい方、ぜひ足をお運びください!

第1回 ナマステはままつ
日時:2018年4月28日(土) 18:00~20:30
場所:万年橋パークビル8階 (浜松市中区田町327-19)
出店者:アジアハンター (インド食器 本・調理器具)
    DAN CURRY×ERI CURRY (フード・ドリンク)
    サリー着付体験 (インド人有志)
主催:ERI CURRY
   アジアハンター

スーパーオールタイムルーキー

先週の土曜日、hachikaiではこんなイベントが開催されていました。

スーパーオールタイムルーキー

◉出演◉
テニスコーツ
steteko+尖閣(from.豆尖)
with オオイシモヘ

◉たべもののみもの◉
Elu-cafe
Parlor COTEF



↓ちょっとだけ覗かせてもらった会場の様子です↓
20180409004554047.jpeg 

20180409004633614.jpeg 

201804090046180bd.jpeg

音楽とペイントのコラボレーションということで、2つのライブが同時に進行していく中、お客さんはご飯を食べたりお酒を飲んだり、思い思いに過ごしながら、それを楽しんでいるようでした。

お邪魔していたのは少しの間だけだったのですが、その時感じた会場の空気があまりにもhachikaiにフィットしていて、このイベントが開かれたのは初めてのはずなのに、もう何回もやっているような感じがするくらいでした。vol.2とかがあれば、またhachikaiを使ってもらえたらなあ、そして今度はお客さんとして遊びに行ってみたいなと思います。

そんな感じで音楽の方はほとんど聞けなかったのですが、最後に完成したモヘさんの絵を見せてもらいました。

20180412155253c63.jpeg 

明るくて、元気で、でも細やかで、可愛らしくて...モヘさんとは少しだけお話する機会があったのですが、そのときに感じたモヘさんの印象そのもので、とても素敵な絵でした。

20180409004929618.jpeg 
コテフさんのご飯は牛肉と豆の赤ワイン煮でした。いつもどおり期待を裏切らない美味しさ♡

201804090049450e2.jpeg

イベントが終わってからもしばらく完成した絵を眺めながら余韻に浸るお客さんんたち。みなさん大満足のようでした。

こんな感じで、hachikaiでは月に何度か(主に土日)イベントを開催しています。今後の予定は近いうちにイベント情報をアップしますので、気になるイベントがあったらぜひ万年橋パークビルへ遊びに来てください!

そして、hachikaiを使ってイベントを開催してみたい!という方は、まずはこちらをご覧ください。
http://mannenbashi8f.blog.fc2.com/

hachikaiにあるいろりももちろん使えます。
20180415165814062.jpeg 

20180415165827922.jpeg 



先週のお花見会

こんにちは。もう先週のことですが、3月31日にhachikaiでお花見会を開催し、特設ステージでカラクリマシーンズさんの短編「さくひ」と「かえる」の2本を観劇しました。


201804071726182d5.jpeg


20180407172706e1d.jpeg


20180407173706af9.jpeg


どちらも死や転生などがストーリーの根底にあって、少し怪談っぽさのある(でも、怖さは全くなくて夢幻的な感じの)不思議な世界観でした。どちらも春がテーマということで、舞台には桜の枝があったのですが、「さくひ」は春の明るい日差しの中に満開の桜が咲き乱れている情景、「かえる」は池のほとりの桜の木から花びらがハラハラと散って、水面を埋め尽くしている情景が浮かんで、劇もお花見もどちらも満喫できました。


初めて聞く言葉だったのですが、劇中に蛙の目借り時という言葉が出てきて、春の蛙が鳴く頃のすぐ眠くなる時期を指すのだそうです。最近眠くなるのは暖かさのせいじゃなくて、蛙が人の目を借りて春の世界を楽しんでいるからなのかもしれませんね。


そして、幕間の休憩には甘酒と更紗屋さんのチーズナンが♡!!!


20180408141433a48.jpeg


20180408141447a09.jpeg


温かくて、お腹も満たされて、楽しいお花見会でした。


今回劇を披露してくれたカラクリマシーンズさんは、6月にもhachikaiで「コンクリートシアター vol.3 調合奇妙」を公演予定です。


以下、カラクリさんHPからの引用です。

~~~~~~~~


カラクリマシーンズ第24回公演 コンクリートシアターvol.3
『調合奇妙[チョー!ゴー!キミョーーー!]』


昨年、劇団創立10周年を迎えてお祝いムードも一段落、と思いきや、いえいえもちろんじっとしているはずもないカラクリマシーンズ。11年目のスタートは、もはや本拠地となっている万年橋パークビルより、コンクリートシアター初の長編芝居をお届けします。その名も『調合奇妙』。おなじみカラクリメンバーはもちろん、公募に手を挙げてくれた初舞台の面々、さらには客演俳優陣も加わって、ちょっと新鮮!鮮度アップ!新風が吹き荒れるのか、はたまた新たな融合の始まりか。とにもかくにも、相も変わらず突っ走ること間違いなし。梅雨のジメジメ吹き飛ばすカラクリ流疾走劇を見逃すな。


■日時  6/10(日)16(土) 14:00/19:00 17(日)10:30/14:00
(開場は開演の30分前)
■会場 万年橋パークビル8F(浜松市中区田町327-13)
■料金 前売一般1,500円、大学生以下500円(当日300円UP)
■出演 中西祥子、伊藤彩希、たばるとも、柳川智彦、河野丈志、小粥幸弘、登澤祐吾(劇団『Z・A』)、仲村萌、松下由依、高井美希 ほか


~~~~~~~~


続報など、詳細はカラクリさんのHPをチェックしてみてください。

http://www.karakurimachines.com/chogo

カラクリさん OpenArtコラボパフォーマンスと次回公演のお知らせ

こんにちは。先週の土曜日のことになりますが、万年橋パークビルhachikaiでOpen Artのイベントがあり、絡繰機械'sさんがOpen Artの5人の作家さんの作品とコラボしたパフォーマンスを披露していました。


普通、演劇というと最初に脚本があって、それに合わせて舞台装置を作るものですが、今回はその反対で、すでに完成している作品に合わせて脚本が用意されていました。


20171106144247e38.jpeg 


2017110614430391f.jpeg


20171106144316b40.jpeg


20171107032947026.jpeg 


20171107033004f29.jpeg


事前の情報ではコラボパフォーマンスとしか書かれていなかったので、全ての作品を混ぜ込んだ1つの演劇をやるのかな?なんてぼんやり思っていましたが、作家さんごとにそれぞれ違う脚本が用意されていて、思わず笑ってしまうような楽しいコメディもあれば、シリアスな朗読劇もあり、演劇に留まらず声(歌声まではいかない「ナ!」とか「ウ~」とかの発声)のアンサンブルがあったりもして、全く違うテイストの5つのパフォーマンスが楽しめました。


20171107182708521.jpeg 


カラクリさんとコラボしていた作品たち。

パフォーマンスを見るのと見ないのとでは、作品たちの見え方や親しみやすさが全然違ってきます。どれも面白かった中で、特に好きだと感じた劇に登場した作品はすごく魅力的に見えてくるし、展示してあっただけでは、これは何だろう?と思っていたような作品も、ストーリーをとっかかりにして、どんどん解釈や想像が広がって行ったり。作品とパフォーマンスがお互いに良い影響を及ぼし合っていて、素敵なコラボでした。


そして、今週末にまたhachikaiでカラクリさんの公演があります!こちらも3つの短編作品が楽しめるようですよ~


以下、絡繰機械'sさんのHPからの引用です。

~~~~~~


絡繰機械's 第23回公演「コンクリートシアターvol.2」


2年前に上演され、ご好評を頂いた短編芝居の連続公演企画「コンクリートシアター」が帰ってきました。会場となるのは浜松街中、田町の立体駐車場「万年橋パークビル」。駐車場に車を停めて8階に上がれば、そこは日常から抜け出す舞台空間。今回もテイストの異なる短編作品3本をご用意し、回ごとに違う組み合わせの2本立てで上演させて頂きます。まさに一回で2度おいしい。いろんなカラクリ見られます。映画だって芝居だって好きなテイストは人それぞれ。コンクリート打ちっぱなしの駐車場を舞台に変え、街と劇場とを近づけるコンクリートシアター。皆様のご来場をお待ちしています。


[短編3作品]

#1 taste the カラクリ『迷宮の夢』

カルヴィーノとボルヘスを原案に、笑いあり感動ありアクションありと奔放に展開するカラクリ式捏造世界。


#2 taste the おバカ『Rush!』

カラクリの重要な要素のひとつ、おバカを抽出。ただひたすらにクダラナイ。ツッコミながら観るのが吉。


#3 taste the 抽象『錯綜』

なんだかとっても意味不明。カラクリ芝居の抽象性に思いっきり振った強引さ。考えるもよし、感じるもよし。


■日時 11/12(日)、18(土)、19(日) 各14時~/19時~(30分前開場)


[上演スケジュール]

11/12(日)14:00~ 迷宮+Rush! 19:00~ 錯綜+迷宮

11/18(土)14:00~ Rush!+錯綜 19:00~ 迷宮+Rush!

11/19(日)14:00~ 錯綜+迷宮  19:00~ Rush!+錯綜


■作・演出 唐津匠

■出演 中西祥子、伊藤彩希、たばるとも、柳川智彦、河野丈志、坂本竜也 ほか

■会場 万年橋パークビル8F(浜松市中区田町327-13)

■チケット

前売一般 1Stage 1,200円/2Stage 1,800円/フリーパス2,400円

前売学生(大学生以下) 1Stage 600円/2Stage 1,200円/フリーパス1,800円

※当日各300円up

※乗り換え 1Stage→2Stage及び2Stage→フリーパスは+700円、1Stage→フリーパスは+1,400円


~~~~~~


チケットの予約はカラクリさんのホームページからできます。

http://www.karakurimachines.com/


ぜひぜひ足をお運びください!