FC2ブログ

カテゴリ:浜松市 の記事一覧

萌葱祭へ行ってきました

黒板とキッチンのパーティーがあった日、パーティーの前に浜松市立高校の文化祭「萌葱祭」へ行ってきました。


2018060814445952d.jpeg


お目当ては、今年の3月から1カ月ほどパークビル1Fのとりいさんでヒンメリの展示をしていた自然科学部のみなさんの展示。

萌葱祭でもヒンメリを展示されるということで、ご招待いただいて初めての文化祭へ行ってきました。


20180608161205d5e.jpeg


お久しぶりのヒンメリたち。


201806081528253ef.jpeg


20180610165131e1d.jpeg


浜松のヒンメリ作家さんの作品とコラボしてパワーアップした展示になってました。

展示の内容を詳しく知らずに行ったのですが、ヒンメリの他もすごく充実していてびっくり。ホログラムとかプラナリアとかルミノール反応とか、頭良さそうな単語がいっぱい並んでいて、体験できるものもたくさんあったので、いろいろ見せてもらいました。


20180610170234af0.jpeg


201806101716147cb.jpeg


ホログラム。箱の内側の鏡の一部に傷から入った光が反射して、覗き込むと中に存在しないはずの立体が見えました。後ろに書いてあった詳しい仕組みは難しくてよく分からなかったけれど、とても綺麗でした。


201806101712221a7.jpeg


こちらは普通のテレイドスコープに見えますが、実は内側に貼ってあるのはプラスチックの透明な板。鏡を使わなくても万華鏡って作れるのですね!初めて知りました。


201806081625512e7.jpeg


さらに迫力満点の実験ショーもありました。


20180610163647b75.jpeg

 

炎色反応の実験。左はバリウム、右はストロンチウムを燃やしています。燃やす金属によって色が変わるので、花火はこの現象を利用してカラフルに色づけられているのだそうです。


201806081628357fa.jpeg


次は過冷却の実験。過冷却というのは、液体をゆっくり均一に冷やすことで氷点下を越えても氷にならず液体の状態を保っている現象のことをいうそうです。ここに刺激を与えると一瞬で氷に変わるらしく、その現象を実際に体験させてもらいました。


201806101813169ee.jpeg


カメラを構える間もなく氷に変化する水。下の方はギリギリまだ液体のはず...

結晶の粒を落とした表面から底に向かって、花が咲くみたいに広がっていく氷がとても綺麗でした。

しかも、水が氷に変わるときに温度が氷点下→0℃に上がって熱エネルギーが発生するため、凍っているのに試験管は温かかったです。


最後はテルミット反応の実験。

テルミット反応というのは酸化した金属をアルミニウムを使って還元する反応のことだそうです。

今回は酸化鉄を還元して鉄にしていました。


20180608162816c6b.jpeg


酸化鉄とアルミニウムをよく混ぜて熱するのですが、火をつけると...


20180608162919ae2.jpeg


大きな火柱があがって、この日一番の大迫力!


20180608162939eca.jpeg


火柱が落ち着いて、下に落ちそうになってる火の玉みたいなものが、鉄と酸化アルミニウムのかたまり。これを砕いて、取り出したものが鉄になっていて、酸化鉄の状態ではつかなかった磁石がくっつくようになっていました。


20180608163026e6e.jpeg


こんなに迫力満点な実験を見られると思っていなかったので、期待以上に楽しめました。この日はこのあと黒キチのパーティーもあってこちらもとても楽しかったので、とても充実した1日でした。


そうそう、校内をうろうろしているときにこんなものを見つけました。


20180610183806ae5.jpeg


まちなか部活のポスター! 掲示していただき、ありがとうございます!!!

スポンサーサイト

写真展めぐり

こんにちは。今日は市内3ヶ所で開催されている、浜松出身の写真家、若木信吾さんの写真展に行ってきました。


20160918162049808.jpeg

まず1ヶ所目は、浜松市美術館「Come&Go」。3つの会場の中では1番大きく、今日は雨が降っていたにも関わらずたくさんの人がいました。1階には芸能人や写真家さんから若木さんの身近な人まで、たくさんのポートレイトが展示されていて、2階では若木さんが撮影した映像や写真家さんへのインタビューの様子が上映されていました。身近な人の写真が、撮影当時の楽しそうな雰囲気がすごく伝わってきて、とても印象的でした。今日はカメラを片手に若木さんと美術館周辺を巡るイベントが開催されていて、その参加者かどうかは傍目にはわかりませんでしたが、浜松城公園の駐車場への帰り道、日本庭園で熱心に写真を撮っている人を何度か見かけました。


今後もトークイベントや監督映画の上映会などいろいろイベントが開催されるようです。興味のあるかたはこちらで詳細をチェックしてみてください。


浜松市美術館

http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/artmuse/index.html


2ヶ所目は、Hirano Art Gallery「表面」。こちらはポートレートのイメージが強い若木さんが初めて「もの」に焦点をあてて撮影した作品が展示されています。ポートレートは一切なく、本当にものの写真だけの展示で、浜松市美術館の展示とは雰囲気がちょっと違います。特徴的なもの、日常で出合っても見過ごしてしまいそうな些細なもの、不気味で妙に印象に焼き付けられるもの。いろいろなものの写真が展示されていて、ポートレートもいいけれど、個人的にはこっちの「もの」の写真がすごくツボにはまりました。


こちらの会場でも25日にギャラリートークが開催されるようです。


Hirano Art Gallery

http://hamamatsu-am.org/


3ヶ所目は、BOOKS AND PRINTS「とっとり写真展」。この展覧会のために鳥取で撮り下ろした写真が展示されています。写真をプリントする紙にも鳥取特産の和紙を使っていて、こちらは人、もの、風景などいろいろな写真がありました。会場中央の大きな和紙にプリントされた写真が、光に透けた感じと相まってとても素敵で、今回の3つの写真展の中で一番印象に残りました。


BOOKS AND PRINTSでは、写真展と同時にとっとり物産展も開催中です。

http://booksandprints.net/


この3つの写真展、スタンプラリーも開催されていて3ヶ所全てのスタンプを集めると抽選で若木さんの関連グッズが当たるそうです。それぞれに違う魅力のある写真展で、浜松市美術館以外は入場無料なので、ぜひスタンプを集めながら、3つの会場をまわってみてはいかがでしょうか。


『時をともす まちのひかりー碧と緑の半島ーTOKIMACHI』

こんにちは。昨晩月が満月だったのですが、クリスマスの夜に満月は久しぶりのことだったようで、何かと何かが掛け合わさると特別感が増しますね。
それにしても明るい夜でした。

と、クリスマスも終わったので、``もーいーくつねーるーとー♪’’の歌が似合う日々が始まります。みなさんはどんなふうにこの数日を過ごすのでしょうか・・・?

2015-12-26-1
万年橋前のベンツのお店では、風が強い中外に出て長いモップで窓拭きや中の掃除をしたりしていました。大掃除ですね。


さてさて、みなさん去年の冬に高架下のイルミネーションを覚えているでしょうか??
2015-0127-1

こちらの作品を展示した高橋匡太さんの作品が1月26日~30日まで12月までメロンを育てていたメロン温室で見ることができるようです。どんなものになるのか楽しみです。
2015-12-26-2
2015-12-26-3

『時をともす まちのひかりー碧と緑の半島ーTOKIMACHI』

メロン温室ライトアップ
2016年1月26日(火)~30日(土)
17:00~20:00(最終日は19:00まで)
<会場>大村家温室(浜松市西区庄内町 舘山寺村櫛道路 元料金所付近)

HPhttp://machinohikari.jimdo.com/

ブログhttp://machinohikari.hamazo.tv/

ブログを呼んでいると、すでに地元のこどもたちにも参加してもらっていろいろ準備が進んでいるようです。

26日(火)は高橋さんによる「ひかりの実」ワークショップが16:00~詳細はまだ出ていなかったのでホームページやブログを各煮んしてみてください。

そして最終日の1月30日(土)は「時まちフェスタ」
15:00~19:00の消灯まで竹楽器作りや紙芝居、クリング♪クラング という音楽ユニットによる音遊びワークショップがあったり、
17:00からはライトアップ点灯式としてクリング♪クラングさんがつくった『まちの歌』が披露されるそうです。地元の食べ物や飲み物の出店もあるそうなのでとても賑やかで楽しそうです。

そして実は、高橋さんの作品がすでにまた街中が展示されているのをご存知でしょうか?場所は浜松バスタ-ミナルの真ん中に建っている塔です。!!
「浜松まちなかアート」として少し前からバスターミナルの地下でアート作品の展示がされているのですが、最近新しい物が増えて、それが高橋さんの作品なのです。
FB:https://www.facebook.com/hamamatsu.machinaka.art

FBをみると、参加型の作品にいろんな人が楽しんで自分を投影して楽しんでそうですよ。
こちらは22:00まで期間中(最終日不明)毎日みられるみたいです。

2016年も楽しそうなことたくさんですね。!

来年もよろしくお願い致します。!

MANIMANIさんでカワカミヤスコさんお衣服が見られますよ。

先日までとりいさんで行なわれていた「木綿の布と織物展ー染色作家:カワカミヤスコ/遠州織物:古橋織布」
のカワカミさんの作品が、あのあと、MANIMANIさんというお店で巡回展のような感じで、作品が販売されていましたよ。

このMANIMANIさん、衣類や雑貨などを売るお店で、2013年にはオープンから10周年という、けっこう前からやっているお店でした。
この通りをあまり通らないので、知らなかったです。

2015-0205-9
2015-0205-5

こんな感じでカワカミさんコーナーが!
2015-0205-2
2015-0205-4
2015-0205-3
カワカミさんの新しい品物も入荷して、先日行われた展示とはまた少し違う雰囲気の中、手に取りやすい雰囲気で置かれていましたよ。

MANIMANIさんにはこんなフェアトレエードの商品も、静岡に拠点?があるみたいです。
2015-0205-6

時間帯をみたら、10:00~日の入りまで とのこと。なんだかいいなぁ・・・と。
長野県に私の好きなレストランがあるのですが、そのレストランも、夏場の野菜が取れる時期のみの営業で、そこも表記が日没まででした。
2015-0205-7

そして帰ろうと裏の駐車場へ行ったらこんなところが

2015-0205-10
元々は機屋さんで、今はデイサービスになっていたのですが、
なんだか妙に凝った作りになっていて、一緒に行った万年橋の基生さんと話をして、きっとこの前はデイサービスではないお店だったのではと話に。

飲食店か雑貨屋さんか、、、、なんだったのか気になるところです。
普段行かない場所に行くと目新しく見えるものがたくさんあって面白いですね。

MANIMANIさん情報********************

〒430-0907 静岡県浜松市高林3-11-8
TEL&FAX 053-474-0410
営業時間 am10:00~日の入り

*****************************

龍山へ行ってきました。

こんにちは

雨が揺りそうな降らなさそうななんともじれったいお日和です。

ところでみなさん、先日龍山で開催された「ひつじまつり」というのをご存知でしょうか?
第24回目で最後になってしまったのですが、最後ということもあり、例年の5割り増しで人が駆けつけたようです。

そんなひつじまつりが開催された場所に今日は行ってきました。

と行っても今日はイベントでもなんでもなく、私はただお昼ごはんをご一緒させてもらい、ただ楽しい時間を一緒に過ごさせていただいただけなのですが・・・

行ったら山菜を天ぷらで揚げているところでした。
2014-0422-11
2014-0422-8

とても美味しかった。。。
6種類くらいの山菜の天ぷらはパリパリシャキシャキ、と歯ごたえもよく、塩味がついていたのか、すこししょっぱいのが美味しくてそのままパクパク食べました。

2014-0422-9
こちらはすでに用意されていて、握り寿司で3種類も!ナスの握りと、ねぎの握り、そして魚の握り(名前を忘れました。。)
特に野菜が乗った握り寿司は食べたことがなかったのでどんな味や食感だろうと思ったけれど、思いのほかすんなりと美味しく食べることが出来ました。贅沢なお寿司の味です。

2014-0422-2

みんなでご飯を囲みました。

2014-0422-5
2014-0422-6
手打ち蕎麦を出してくれたのですが、その前に桜の葉が入った蕎麦のような麺を頂きました。
口に入れると桜の香りがただよい歯ごたえは盛岡冷麺よりも弾力がなく、少しほろっとした食感の麺でした。

2014-0422-7

ご飯でお腹が膨れた後は、蕎麦がきというデザートで締めくくられました。

そば粉と水?と小麦粉??を混ぜて火で暖めていくと次第に練られて固まりになっていきます。ちょうどいい具合になったら、それを食べやすい大きさに分けてお汁粉の中に入れたもの。つるとろっとした歯ごたえで、あまーいお汁粉との相性が抜群でした。

2014-0422-3
最後はこの羊たちの写真で終わりにします。

ひつじまつりに欠かせない羊たち。
なんともまぁかわいらしいこと。3月下旬に生まれたようですがけっこう大きくなっていて、人間で言うと小学生くらいの存在感。 でも毛をみるとまだ若いなーという感じがしました。フルフルフワフワとしていてとてもかわいい!


龍山のひつじまつりが終わって今後の展開がどうなるのか気になるところでした。
また燻製が食べたい!