FC2ブログ

カテゴリ:浜松市街中 の記事一覧

注染体験ツアー

こんにちは。1月にブログでもお知らせした注染体験ツアーの全日程が終了しました。

このツアーは4月から6月まで開催されていた静岡デスティネーションキャンペーンの企画の一つで、浜松街中の常盤町にある二橋染工場さんで、浜松の伝統的な染物の技法である注染染めの工程を見学・体験していただけるものでした。

注染と聞いてもどういう染め方なのか、ピンとこない方も多いと思いますので、工程を一通りご紹介します。

①地巻き
IMG_2928.jpg

織りあがって糊を落とした生地のシワを伸ばしながら、1〜2反の単位でロールにしていきます。

②板場
20190705171132c1e.jpeg
布の染めない部分に防染糊を塗っていきます。

201907051742264b4.jpeg

塗ったら生地をぴったり折り重ねる→型を下ろす→糊を塗る→生地を折り重ねる...と繰り返していくことで長い一巻きの布に同じ柄が途切れることなく続いていきます。

この作業、職人さんは流れるようにササッとこなしていくのですが、糊はもったりしているので塗り広げるのに思ったより力が要ります。ちなみに糊は粘土に海藻が混ざっているので、ほんのり海の匂いがします。

この糊が少ないと染料が染まりたくない部分に染み出してしまい、多いと生地を重ねたときに染めたい部分にまではみ出してしまうので、均等に適度な厚みに塗らなくてはならなかったり、シワやズレがないようにぴったり生地を重ねなくてはいけなかったりと、ここでの作業が後の綺麗な染め上がりに大きく影響してきます。

③紺屋
IMG_1656.jpg

生地の染め分けたい部分に先ほどと同じ糊で土手を作っていきます。この工程はまるでケーキ屋さんが生クリームを絞っているみたい。囲った中に流し込む染料が漏れないように、始点と終点を隙間なくぎゅっと繋げるのがポイントです。

IMG_1657.jpg

ちなみに上手な職人さんほど、土手の数は少ないそうです。(土手がなくても染め分けられるから)

④注染
IMG_1912.jpg

口の長いやかん使って染料を注いでいきます。
基本は2つの違う色の入ったやかんを両手に持って染めていき、その色が混ざり合うことで「ぼかし」と呼ばれるグラデーションが生まれます。
この「ぼかし」こそが注染最大の特徴であり、魅力でもあります。

IMG_1679.jpg

でも、両手にやかんを持って狙った通りに染めるのってなかなか難しくて、体験のときは2人で1つずつもったり、職人さんに手伝ってもらいながら染めたりしていました。

⑤水元
IMG_1696.jpg

工場内を流れる川を下流から上流へと遡りながら、防染糊と余分な染料を洗い流します。

IMG_16991.jpg

最初は糊で濁っていた水も生地が上流に辿り着くころには澄んで綺麗な状態になっています。

⑥高干し
天井が高く、風通しの良い部屋で生地を干して乾燥させます。

201907141735190ee.jpeg

この光景は生でみると本当に綺麗で圧倒されます。
その時々で干してある生地が全く違うので、このツアーのガイドを務める中で毎回とても楽しみにいていた場所です。風に吹かれてゆらゆら動いている姿が、生きているみたいでした。

20190714173942a37.jpeg

以上の工程を経て、ゆかたや手ぬぐいの生地が完成します。

そして、こちらが各ツアーで完成した手ぬぐいたちです。
tenugui0518.jpg

tenugui0601.jpg

tenugui0611.jpg

tenugui0615_1.jpg

tenugui0615_2.jpg

実は手ぬぐいはよく見てみると静岡県民なら「あ!」っとなるはずの柄になっていますよ〜
どの手ぬぐいもぼかしが綺麗に出ていて、とても素敵な仕上がりになりました!

静岡デスティネーションキャンペーンは6月で終了なので、このツアーも一旦は区切りとなりますが、今回ご参加いただいたみなさまに、友達にもオススメしたい!ぜひ続けて欲しい!とのご意見をいただきましたので、今後継続していくことも検討中です。
また開催できることになりましたら、お知らせしますので、よろしくお願いします〜!
スポンサーサイト



街中徒然日記

こんにちは。ここ数日なんだか風が強い日が続きますね。
昨晩も強風で外で色々なものが飛んでいる音が聞こえてきて台風のようだ・・・と思うほどでした。
桜もこの強風で散ってしまうかな〜と思っていたけれど、今朝桜がある場所を見てもさほど散ってしまった感じはせず。明日は雨模様なのでそちらの方が心配?です。お花見したいな〜

さてさて、最近寒くてめっきり外回りをしなくなってしまっていたけれど、
今日は風は強いが暖かいお日和だったので、万年橋から駅ー鍛冶町通りーゆりの木通りをグルット一周してきました。

と、一番の収穫は
郵便局前の地下道にあったゴミ箱が全て撤去されていたことに驚き!
たまにゴミが溢れて大変なことになりつつも、きちんと管理する人がいてゴミの取り替えがなされていた場所だったので、
ゴミ箱一つでもなくなることで、一つ、二つの光景や物語がなくなるんだな〜と思いました。

IMG_1119-1.jpgIMG_1120-2.jpgIMG_1121-3.jpg

そしてもう一つの収穫が以下です。江間ふとん店さんは何かを軒先に展示していることが多々あるのですが、今回は新元号関連でした。
新聞の切り抜きの下に万葉集の本を下に添えて、該当箇所のページを開いて置かれていました。
そして私が一番注目したいのは、その下の江間ふとんのリボン!(そのリボンでほんと令和記事を支えていたのですが)
リボンもあったなんて!そっちに目を惹かれてしまった次第です。
パッケージ全体をきちんと用意してあるお店は現代では少ないので、余計にこういうものに魅力を感じてしまう今日この頃です。

IMG_1122-4.jpg

ということで、このへんで。
暖かくなってきたことですし、また街中の徒然を書き綴ろうかなと思います。

c

nuwasu はままつ展

こんにちは。先週末からキルヤさんでは、新しい展示が始まっています!

201904081745555fa.jpeg 

今回は岐阜在住のぬいぐるみ作家・nuwasuさんによるぬいぐるみ作品の展示。
nuwasuさんの作品は今年の頭にTwitterでバズったらしく、オーダー制作はなんと半年待ちだそうです...!しかも静岡で個展をされるのは、これが初めてだそう!!

そんな売れっ子作家さんの作品が、4月22日までキルヤさんで見られます。

20190408174755891.jpeg    

ペンギン、クジラ、サメなど細部にまでこだわってリアルに作られた生き物たち (海の生き物多め)と、本や建築などからイメージを膨らませて作られたオリジナルのぬいぐるみとが、ズラーっと並ぶ店内...

201904081758306c1.jpeg   

手招いてない”まねき猫”など一部のぬいぐるみには、浜松が産地の遠州綿紬が使われていて、はままつ展ならではの作品も並んでます。

20190408175850938.jpeg

上空にはモビールのように天井からつられてクルクル回る海の生き物たちがいっぱいいて、ここだけ切り取ると水族館のよう!

2019040817581039e.jpeg

カエルは↑のクジラのように口がある、いろんなぬいぐるみに食べられている可愛い写真集もあったのですが、写真を撮り忘れ...ぜひぜひキルヤさんまで実物を見に行ってみてください。

20190412205650e2c.jpeg 

このブログを書いている人は森見登美彦の小説「ペンギン・ハイウェイ」がとても好きなので、イベント開始前にキルヤの紀子さんに教えてもらったnuwasuさんのInstagramで、アデリーペンギンを見た瞬間から絶対初日に連れて帰る!と意気込んでいたのですが、(物語に欠かせない存在であるペンギンの種類がアデリーペンギンなのです!!!)ペンギンを含め大きめのぬいぐるみたちは、すべてオーダー制作となるようです。

2019041221064082a.jpeg 

お店にあるのはサンプルですが、触らせてもらったら、抱っこしたときにスポッと腕におさまるサイズといい、むぎゅむぎゅと弾力のある触り心地といい、リアルな見た目といい、とても理想的で、叶うならば連れて帰りたかった...!!!オーダー半年待ちなのも頷けます。
ということで、もしぬいぐるみのオーダーについて気になった方は、紀子さんに聞いてみてください。

キルヤさんで展示販売しているぬいぐるみたちも続々と連れ帰られているそうなので、展示期間は22日までですが、お早めに足を運ぶことをおすすめします。ぜひ!

************
nuwasu はままつ展

4月6日(土)〜22日(月)
月木金:12:00〜18:00
土日祝:11:00〜18:00

HP:https://nuwasu.thebase.in
Twitter:https://twitter.com/nuwasu1
Instagram:https://www.instagram.com/nuwasu_nui/

ーーー

絵本の店キルヤ
https://kirja.exblog.jp
************

へ通し体験

こんにちは。昨日はメイワン7Fの静岡デスティネーションキャンペーン in MAY ONEへ「経(へ)通し」の実演見学と体験に行ってきました。

201903111344527aa.jpeg 

経通しって普段の生活の中ではまず出会わない言葉だなぁと思うのですが、一体何かというと "織物の工程の1つで、ビーム(大きなボビンのような道具)に巻かれた糸を、織るときに必要な3つの装置の穴に、1本1本通していく手作業のこと"だそうです。

201903111353374b6.jpeg

紡いだ糸が生地になるまでには、糸を撚りあわせたり、糊付けをして補強したり、ビームに巻き上げて、織機にセットして...といくつもの工程を経ていきます。

最終的には織機でガシャガシャと勢いよく織っていくのですが、その為には、あらかじめたて糸を1本ずつ手作業(!!!)で、器具の穴に通す必要があり、その作業こそが「経通し」なのです!!!

ちなみに「経」という字には、経度のように「たて」という意味があり、「経」一文字で「たていと」とも読むのだそう。。と、経通し豆知識はこの辺にしておいて、見学と体験をさせてもらった経通し台
がこちら。

20190311152314f5a.jpeg 

20190311152254b73.jpeg

2019031115232853a.jpeg

工場にある経通し台はもっと大きいですが、今回は出張用の可愛らしいサイズ。しかも木製!
なんと万年橋界隈で動いているプロジェクトCITY STOCK Lab.にも関わっている材木屋さんのフジセンさんのお手製です。

2019031115242930f.jpeg 

このビームには1500本の糸がかかっていて、それを1本1本根元がくっついたお箸のような長い棒を使って穴に通していきます。先っぽが鉤になっているので、糸をうまく引っ掛けることさえできれば、小さな穴にもするする通すことができて、とても気持ちが良かったです!この快感は病みつきになりそう!!!

20190311152412c4a.jpeg 

それでも1500本もの糸を全て手で通すのは気が遠くなるような作業で、糸たちが1つの生地になるまでにはこんなに手間も時間もかかっているんだなぁと、今までよく知らずにいた織物の世界の奥の深さを覗くことができました。

経通し体験は昨日のみの開催ですが、来週17日の11時からは注染染めの体験ができるようですよ〜
ぜひ足を運んでみてください!

-----
静岡デスティネーションキャンペーン in MAY ONE
http://www.may-one.co.jp/news/5433/

浜松だいすきネット
https://hamamatsu-daisuki.net/hamamatsu-dc/

カフェめぐり

こんにちは。3月に入って眠くなっちゃうような暖かい日が増えましたね。
暖かくなってくると、イベントが増えてきて、ブログを書くのもいつもより楽しかったりします。

さて、今週からCITY STOCK Lab.の企画の1つである「Artwork In Cafe」が始まったので、早速カフェめぐりに出かけてきました。

 IMG_0141.jpgIMG_0143.jpg
 

初めの1店舗目は新浜松駅のそばにある「West Goat Coffee」さんへ。

IMG_0056.jpg 

 IMG_9996.jpg

展示されているのはakira muraccoさんのイラスト。
グラフィカルな絵の中の可愛らしい女の子たちと、春らしいパステルカラーを見ているだけで、何だかきゅんきゅんします。

2014-1115-2

日曜日のお昼過ぎだったからか、店内はイラストに描かれているような若い女の子が多くて、そんな女の子で賑わう空間とmuraccoさんの絵がすごくマッチしていました。

West Goat Coffeeさんでは過去に、Artwork in cafeの発案者で、今回はWILL COFFEEさんで展示をしているいきものだものさんも展示をしていたのですが(そのときの様子はこちら)、同じ店内なのに展示のイラストが変わると印象がガラッと変わっていてそんなところも面白いなと思いました。

写真を撮り忘れてしまいましたが、West Goat Coffeeさんではラテを頼むと可愛いラテアートを描いてくれますよ〜見た目だけじゃなく、何を頼んでもとても美味しいです。ぜひ、ほっと一息つきながら、muraccoさんのイラストを楽しんでみてください。

次回はさくらんぼさんへ行ってきたお話を書こうかなと思います。お楽しみに☆

-----
akiramuracco - Instagram
https://www.instagram.com/akiramuracco/

West Goat Coffee - Instagram
https://www.instagram.com/westgoatcoffee/

Artwork in cafe - Facebook
https://www.facebook.com/artworkincafe/