カテゴリ:浜松市街中 の記事一覧

プロセスワークショップ ドリームカフェ&ころころゆりの木通り 開催のお知らせ

今週末、万年橋パークビルと鴨江アートセンターで夢にまつわる2つのワークショップが開催予定です。
20180411044113c39.jpeg 

プロセスワークワークショップ
ドリームカフェ &
ころころゆりの木通り

ユング派心理療法の流れを汲むプロセスワーク(プロセス指向心理学)という方法論をご紹介しなが ら、 ご自身や浜松という土地が見ている夢の意味を探ります。

ドリームカフェ
4月13日 金曜日 19:00‐21:00
場所 :万年橋パークビルディング
参加費 :1,000円、学生 500円 → 投げ銭

夜見る夢には意味がある、というプロセスワークの考え方を元に、夢の意味を探っていくミニセミナーです。普段夢を見ない人でも大丈夫。夢辞典や誰かに夢を分析してもらうのではなく、ご自分で夢を紐解くための方法をご紹介します。

ころころ ゆりの木通り
4月14日 土曜日 13:30‐17:30
場所:鴨江アートセンター3F (301)
参加費:4,000円、学生 1500円

プロセスワークの考え方をご紹介しながら、"浜松が見ている夢" つまり浜松に起きている事柄を夢のようなものと捉え、その深層に流れている「意味」を、演劇やアートを通して探っていきます。

ファシリテーター:佐野浩子
PWI認定プロセスワーカー (ディプロメイト)、 米国プロセスワーク研究所プロセスワーク修士、文教大学大学院人間科学研究科人間学修士、臨床心理士、日本プロセスワークセンター センター長/代表理事。Presence Bloom代表。



ドリームカフェは個人が見る夢、ころころゆりの木通りは街で起こっていることを夢に見立てるということで、 同じ夢がテーマでもそれぞれ全く違う内容のようです。

万年橋パークビルのドリームカフェの会場はおそらく8Fのテナントスペースになるかと思います。参加費が投げ銭方式なので、夢の意味やユング心理学のプロセスワークについて知りたい!という方はもちろん、ちょっと気になるかも?という方もお気軽にお越しください。


スポンサーサイト

ナイトブティック開催のお知らせ

2018.03.19 追記しました。

こんにちは。すでに店頭ポスターなどでご存知の方もいらっしゃると思いますが、4年ぶりにナイトブティックを開催します。

20180316161433d57.jpeg 

土曜日の夜、赤いバラを手に、いつもより遅くまでオープンしているお店をめぐってみませんか?

いつもは早く閉まってしまうお店も、この日だけは23時まで(一部店舗を除く)お店を開けていてくれます。気になっていたお店に足を踏み入れてみたり、いつもとはちょっと違う夜のお店の雰囲気を楽しむことができたり。中にはナイトブティック限定のイベントやセールを開催してくれるお店もあるそうですよ!

過去のナイトブティックの様子はこちら。
(↓画像をクリックすると記事ページへ飛びます)

ナイトブティック画像


参加費は無料でどなたでもご参加いただけます。まずは受付場所の黒板とキッチンにお越しいただき、参加店舗マップと赤いバラを受け取ってお楽しみください。


今後また増えるかもしれませんが、現時点での参加店舗の一覧です。


atour / BECCO×ANASOLULE / Custom Fever / Cypher / EE / EXCEL CODE / Gem -KASAIYA- / GROOVE / MEN'S CASTLE ARTHUR / MEN'S MELROSE / morocco / Péché Mignon / Precious Junk / Rohan / SHHH / TÊTE HOMME / 絵本の店キルヤ / 田中屋×滝口漆器店 / ニューショップ浜松 / フルサワ帽子店


後日、店舗紹介の記事もアップしますので、お楽しみに!


ナイトブティック
日時:2018年3月24日(土) 19:00〜23:00
受付時間:19:00~22:30
受付場所:seminar room 黒板とキッチン
お問い合わせ:tamachipark@gmail.com
参加費無料

来週開始のイベント

こんにちは。今日は立春。暦の上ではもう春なんですね。昨日は日差しが温かくて、風もそんなになかったので、春がもう少しのところまで来た気がしていたのですが、今日は風が冷たいです。来週からはまた寒くなるそうですし、早く温かくなってくれないかなぁと春が待ち遠しいです。

さて、先日のブログでキルヤさんの新しいイベントが10日から始まるとお知らせしましたが、他にも同じ日から始まるイベントがいくつかあるようなので、まとめてご紹介します。

古着屋モコロ
201707221630230cb.jpg 

毎回好評の古着屋さんがオープンします。
過去の様子など詳細は前回のブログをご覧ください。
※写真は以前のイベント開催時のものです。

古着屋モコロ
期間:2月10日(土)〜3月11日(日)
会場:絵本の店キルヤ (浜松市中区紺屋町300-10)

tiny flowers
20180203161558636.jpeg 

常滑の陶芸家・大渕由香利さんの企画展で、写真のような磁器作品が並ぶそうです。
磁器は見た目は重厚なのに、持ってみると意外と軽くてびっくり!色彩も鮮やかでとても綺麗です。
作品は売り切れ次第終了だそうなので、気になる方はお早めに!

tiny flowers
期間:2月10日(土)〜末日
会場:Rohan (浜松市中区田町229-13 KAGIYAビル305)

「おべんとう画用紙」展
2018020317050554b.jpeg 

浜松市根洗学園の事業の1つ「おべんとう画用紙」。2〜3歳児が描いたおべんとうの絵を見た家族が、何の絵を描いてあるかを考えながら再現するという、根洗学園年少さんとその家族を対象に毎年行われているプログラムです。

2014年に文芸大や文泉堂でも展示をしていますが、会場を万年橋パークビルに移して久々に開催されるようです。フライヤーに記載されている会場は黒板とキッチンのみですが、hachikaiのいろりも使われる予定です。
hachikaiに変更になりました。

20180204141358e70.jpeg 

今日はまだいつもどおりの様子でしたが、1週間後にはどんなふうになっているのでしょうか?お楽しみに〜

「おべんとう画用紙」展
期間:2月10日(土)〜18日(日)
会場:黒板とキッチン (浜松市中区田町327-19 万年橋パークビル1F)
         いろり hachikai(万年橋パークビル8F)


まちゼミ
年2回くらいの頻度で浜松市内のお店が開催しているミニ講座。参加費無料(一部、材料費のかかる講座もあります)でプロから専門知識を学んだりできます。

今回は2月10日~4月8日の期間中に51の講座が開催され、ゆりの木通りでも2つのまち歩きツアーを開催します。





すでに定員に達している回もあるようなので、ご興味のある方はお早めにご応募されることをおすすめします!

第15回まちゼミ
期間:2月10日(土)〜4月8日(日)
会場:浜松市内

と、こんな感じで来週はイベントもりだくさんです。ぜひ、街中へ遊びに来てください!

ねてたら起こしてください クロージングパーティー

こんにちは。今日は先日ワークショップに参加したキルヤさんの展示「ねてたら起こしてください」のクロージングパーティーにお邪魔してきました。

201801281800063bf.jpeg 

1ヶ月弱続いた展示も今日でおしまいです。
フクロウに囲まれたキルヤさん店内で作家さんを囲んで、みんなでワイワイお菓子を食べながらおしゃべり。フクロウ誕生のきっかけやお菓子屋さんの情報などいろんな話で盛り上がりました。

中でも印象に残っているのは、
新しくお客さんが加わるたびに、フクロウの足は何でできているんですか?という質問が繰り返されていたこと。ワークショップのときも同じ質問が出ていたので、みなさん気になるところが一緒なのだなあとちょっと可笑しかったです。ちなみに足は紙粘土でできているそうです。

20180128180023ae7.jpeg 

かわいいフクロウたちとは今日でお別れですが、2月10日からは古着屋モコロさんの古着や小物の展示・販売が始まります。モコロさんの回には過去2回お邪魔していて、このブログでもご紹介しています。

過去の記事はこちら↓
http://mannenbashi.blog.fc2.com/blog-entry-418.html
http://mannenbashi.blog.fc2.com/blog-entry-527.html

きっと次回も可愛い洋服と小物がたくさんあるんだろうなぁと、今から楽しみです。ぜひ、みなさんも次回のat kirja「古着屋モコロ」さんに足を運んでみてください。


絵本の店キルヤ
http://kirja.exblog.jp

ねてたら起こしてください

こんにちは。あけましておめでとうございます。和田です。

風邪をこじらせて家にこもっているうちに、あっという間に年が明けてから半月ほど経っていて、大人になると時間が経つのが速くなるという話は本当だなあと、新年早々実感しました(ただ単に風邪の治りが遅くなっただけかもしれませんが;)。インフルエンザのニュースなども聞くようになりましたし、みなさまもお気をつけください。
ちょっと出遅れてしまいましたが、今年もよろしくお願いいたします。

さて、今年一番目はいつもお邪魔しているキルヤさんのイベントへ。
年が明けてから、また新しい展示が始まっています。

at Kirja vol.44
みやまあきこEXHIBITION
ねてたら起こしてください

20180115062011246.jpeg 

今回は古布で作られたフクロウたちが、キルヤさんの店内のあちこちに並んでいます。

タイトルに「ねてたら起こしてください」とある通り、今にも眠ってしまいそうな感じで片目を瞑ってうとうとしてる子がいたり、
逆にすごい目力のある子もいて、目が合うとちょっとドキドキしたり、表情豊かなふくろうたちが可愛くて癒されます。

机の上にも、
20180115063652bc0.jpeg 

本棚の上にもたくさんいて、なんだか絵本の世界に出てくる森の中に迷い込んでしまったように錯覚してしまいます。
20180115063713754.jpeg


昨日はワークショップが開催されていて、みやまさんに教わりながら、持参した生地を使ってオリジナルのフクロウを作ってきました。

20180115165520052.jpeg 

ちいさな体にこれでもかというくらい綿をギュウギュウ詰めて、ここからいろんな生地を被せたり、縫い付けたりしていきます。

生地は伸縮するものなら何でも大丈夫とのことだったので、私はお気に入りの生地のハギレなどを持って行ったのですが、他の参加者さんは、お子さんが幼い頃に着ていたお洋服をリメイクしていました。

201801160536428ac.jpeg 

最初から終わりまで和気藹々とした雰囲気で、いろんな話をしながらフクロウ作りは進んでいき、ときには作業に集中して黙々と針を動かす時間もありましたが、作業が一段落すればお互いに途中経過を見せ合ったり。
真剣に作業するあまり、フクロウが完成したのはキルヤさんの閉店時間ギリギリでした。

20180115165450fa4.jpeg 

それぞれ個性的でかわいいフクロウができました。ちなみに私がつくったのは一番右のフクロウです。

いろんな色や柄の生地を付け足し付け足しで作っていったので、パーツが1個増えるたびにフクロウの持つ雰囲気が変わっていくのが面白くて、久しぶりに手縫いの裁縫をしたこともあって、夢中になって楽しい時間を過ごすことができました。

フクロウは「福来郎」「不苦労」などの字が当てられることから、昔から縁起の良い鳥とされてきたそうなので、何か良いことがあるといいな〜と期待で胸が膨らみます。

ワークショップは昨日のみの開催でしたが、展示は今月28日までやっていて、フクロウは一部販売されているそうですよ。
ぜひキルヤさんへ足をお運びください。


at Kirja vol.44
みやまあきこEXHIBITION
ねてたら起こしてください

2018.1/6(sat)〜1/28(sun)
月木金 12:00-18:00
土日祝 11:00-18:00

http://kirja.exblog.jp