カテゴリ:浜松市街中 の記事一覧

コロラドカレッジの学生さんとまちあるき

先週の金曜日、アメリカのコロラドカレッジからお客さんがお見えになりました。


およそ2週間ほどの日本滞在の中で東京→富士吉田→浜松→京都→直島というルートをたどる予定で、浜松には3~4日ほど滞在して、文芸大や鴨江アートセンターなどを見てきた(またはこれから見に行く)そうです。引率の先生は文芸大の授業に出ているということで、ゆりの木通りへ来たのは4人の学生さんのみ。


201807151343380df.jpeg


それぞれ映画、写真、建築、コンピューターと専攻はバラバラですが、まちづくりを見たいということで、まちあるきツアーのようなことをしました。

20180715134947dc8.jpeg

20180715135006bfa.jpeg

20180715135030c29.jpeg

20180715135100c55.jpeg

201807151351199f8.jpeg

建築を勉強している学生さんがいたので、dajibaさんの作品が多いKAGIYAビルと三展ビルを見て回りました。その過程で、写真を専攻している学生さんは働く女性を被写体に写真を撮っていたり、映画を勉強している学生さんはところどころ動画を撮っていたり...黒キチでは一郎太さんと英語でトークタイム。

2018071513553505e.jpeg

2018071513562798e.jpeg


盛り上がっていたようですが、私だけ英語がわからず...何の話をしていたのかあとで聞いてみると、浜松に来る前に登った富士山のことやこれから行く直島のアートの話をしていたそうです。日本文化についても興味があるようだったので、パークビルから歩いて10分もかからない街中にある二橋染工場さんへも行ってきました。


20180715143720b85.jpeg


20180715143739289.jpeg


201807151832051bb.jpeg


注染そめの工程はもちろん、工場内の設備や天井に走ったパイプにジョウロがかけられている光景にも興味津々の様子で、カメラを構えたり、じっと見入ったりしていました。それらを見たあと、染めた生地が干してある二階へ。

高い天井から色とりどりの生地が雨のように垂れ下がっている光景は圧巻で、それまでは思い思いに写真を撮ったり、撮らなかったりしていた学生さんたちが、ここでは一斉にカメラを構えたのもうなずけます。


20180715160021b92.jpeg


20180715164132623.jpeg


ちなみに、まちづくりという言葉は英語にするとcommunity revitalization というらしいですが、アメリカでは日常的にあまり使われない言葉らしく、ゆりの木通りを案内して回った社長の基生さんもまちづくりをしようと思ってやっているわけではないと言っていたり...でも、こうして視察にくる方がいらっしゃったり...やろうと思ってうまくいかないこともあれば、全く意図せずやったことが結果的にまちづくりになっていることもあるので、まちづくりというものはとても不思議です。


と、こんな感じでコロラドカレッジの学生さんたちとまちあるきをしました。

まちづくりについて、そして専攻している分野についての収穫が、ゆりの木通りを含めた浜松のまちであったら嬉しいなあと思います。



スポンサーサイト

注染・ゆかた・和装展

今日はソラモでやっていた注染・ゆかた・和装展へ行ってきました。

20180708021530b1e.jpeg 
はしゃいでいたらあんまり写真を撮っていなくて、どんなイベントかあまり伝わらないですが、メインのゆかた展示・販売のほか、高校生がゆかたで演奏・盆踊りするパフォーマンスがあったり、ゆかたや帯を持ち込めば無料で着付てもらえたりもします。

20180708023420b01.jpeg 

せっかくなので私もゆかたを持って行って、今年初めてのゆかたを着せてもらいました。
20180708021836fa8.jpeg 
帰ってきた黒板とキッチンで常連さんが撮ってくれました~
ありがとうございます!

さらに万年橋から歩いて10分もかからない街中にある二橋染工場さんが注染そめの実演・体験をしていました。
20180708023708456.jpeg 

20180708023330545.jpeg 

実は昨日二橋さんへお邪魔したばかりだったので、2日連続で注染そめを見ることができたのですが、糊を生クリームのように塗り広げたり、絞り出したり、糊で作った土手に染料を流し込んだり...染める工程は何度見ても面白いです。体験では和装展オリジナルのてぬぐいを好きないろに染めることができて、完成したものはお土産にもらえるようでした。私もいつかやってみたい!

注染・ゆかた・和装展は明日も10時〜17時まで開催しています。ゆかたの人限定でガラポン抽選もやっていたので、ゆかたで来場されるのがおすすめです。

注染・ゆかた・和装展
http://seni-k.blogspot.com/2018/05/blog-post.html

cafe the eelへ

 こんにちは。

昨日は梅雨の合間の晴れで、夏みたいに暑い日でしたね。いいお天気だったのでパークビルから出て、キルヤさんで7月末までオープンしているcafe the eelへ行ってきました。


20180628165200a0e.jpeg


一面大きなガラス張りで解放的なカフェも良いですが、個人的にはお茶を飲むときはリラックスしたい派なので、キルヤさんの奥の小部屋大好きです。


201806281715440dd.jpeg


しかも私がお邪魔したときは奥の小部屋が空いていたので貸切状態!前回は相席で他のお客さんと絵本のこととかいろいろおしゃべりして、それはそれで楽しかったですが、今回はひとりでのんびりまったりしてきました。


お茶の他にもカクテル(ノンアルあり)があったり、メニューが充実していて選びきれなかったのでモトさんにおすすめを聞いてフレッシュハニーミントティーをオーダー。


20180628171611bdc.jpeg


暑い日差しの中を1時間くらい歩いてから来たので、火照った身体にミントの爽やかな香りとほんのり甘いはちみつが染み渡りました。


20180628174439128.jpeg


他のメニューはこんな感じ。チコリコーヒーのカフェオレとかもおいしそうです


そういえば2年前にお邪魔したときに読んだ絵本が素敵だったなあと思いだして、店主ののりこさんに、天井からぶらさがっていて、星が出てくる話で、確か日本語と英語(正確には英語とフランス語でした)の文が両方書いてあった・・・とうろ覚えのその本の記憶の断片を伝えたら、「ほしが ねむる ところ」という本じゃないかな?と教えてくれて、それがピタリでした!

しかもそれが、ついこの前までフェアをしていた駒形さん作の本で、絶版になっていたけど7月に復刊するという嬉しい情報まで教えてもらったので、聞いてすぐに予約!

ブログをさかのぼってみたら、そのときに撮った写真をみつけました。

20160529151757c4a.jpeg

こんな感じに天井からぶら下がっていて、表紙の星がシンプルながらも印象的だったので、思わず手に取ってページをパラパラめくってみたらとても素敵な絵本だったのです。


どんな絵本か気になる方は駒形さんのサイトでご覧ください→http://www.one-stroke.co.jp/shop/star.html


cafe the eel@kirjaは7月30日まで。そして、6月30日には詩の朗読会も開催されるそうですよ。

詳しくはキルヤさんのブログをご覧ください。

https://kirja.exblog.jp/


続きを読む

限定

現在黒板とキッチンではコーヒーが半額セール中です。



パソコン作業していて眠くなってきたときとか、よくお世話になってる身なので半額はとてもうれしいです。この機会にたくさん飲むぞ~!と、多分黒キチにいる人の中で誰よりも盛り上がっています。

みなさんも黒キチに来たら、ぜひ飲んでいってください。

ちなみに限定というのは個数限定だそうなので、なくなり次第終了です。


限定といえば、もうひとつ。

KAGIYAビルの角を曲がって北に少し歩いて行くとある、田町スクエアという場所でやっているレモンサワー屋さんでも、今だけ限定でしそサワーとしそスカッシュを販売していますよ。


20180626171414740.jpeg


20180626171428649.jpeg


しその鮮やかな赤紫がとても綺麗で、甘酸っぱくて美味しいです。そういえば、毎年夏休みにおばあちゃんが作ってくれたしそジュースを飲んで過ごしていたな~と、子どものころを思い出して懐かしい気持ちになりました。もちろん通常メニューのレモンサワーとレモンスカッシュもありますよ。


毎週金曜と土曜の19時からやっているので、ぜひ足を運んでみてください。(雨が降ったらお休みです)

ONE STROKE FAIR

キルヤさんでは現在、9周年記念の「ONE STROKE FAIR」が開催中です。

デザイナー兼造本家の駒形克己さんが手がける会社、ONE STROKEの本、カード、POPSCOPE、Tシャツ、モビールなどのアイテムが期間中限定で店頭に並んでいます。


20180514125850879.jpeg


201805141259104fc.jpeg


20180517170558fce.jpeg


雲が幾重にも重なる様子とか、


2018051717052828d.jpeg


背景の点々が魚の目になったりとか、


20180517170538bc1.jpeg


切り絵のような絵本たちは、重なったときにどう見えるかが計算し尽くされていて、その緻密さに思わずため息が出てしまいます。


こちらのPOPSCOPEは手作業でひとつひとつ切りぬいた紙を重ねてつくられたとても繊細な作品。


20180519171834cdd.jpeg 


横から見ると色の重なりをのぞくことができて、見る角度によって印象が変わるのがとても面白いです。

見る角度で変わるといえば、こちらの蛇腹の絵本も見る角度によって、男の子が泣いたり笑ったり、表情が変わります。


201805171706246b4.jpeg 


20180517170613080.jpeg


小さい頃にこういう絵本を見せてもらったら、何度も何度も角度を変えて、くねくねしながら見ていただろうなと思います。


と、実際に手にとって見るからこそ知ることができる魅力がたくさんある作品たちですが、「ここはね、」と細部のこだわりをたくさん教えてくれて、「紙という素材だけでここまで表現できるなんて!」と嬉しそうに話すのりこさんと一緒に見ると楽しさが倍増でした。フェアが終わったら作品たちは駒形さんの元へ帰ってしまうそうなので、(お知らせが遅くてもう終わってしまいますが...汗)ぜひキルヤさんへ足をお運びください。


kirja 9th Anniversary
ONE STROKE FAIR
2018.5.3(木)~5.20(日)
https://kirja.exblog.jp

そして、フェアが終わってすぐ、27日からは、のなかあやみさんの個展”singer”が始まります。
初日27日の15時からはオープニングパーティーがあるそうなので、こちらもぜひ足をお運びください!