FC2ブログ

カテゴリ:浜松市街中 の記事一覧

イタリア料理の会 ーイタリアのマンマに教わったパスタを生地から一緒に作ろう!ー

先日クリエートで開催されていたイタリア料理の会に行って来ました。

実は以前一度だけ黒板とキッチンでも同じ会が開催されていて、そのときおすそ分けしてもらった料理の美味しさが忘れられなくて次の開催を心待ちにしていたので、やっと念願が叶いました!

ちなみに黒キチでやっていたイタリア料理の会の様子はこちらから見られます。

20180906175231d03.jpeg 20180906174742238.jpeg

今回は参加者が多くて規模が大きかったですが、黒キチのときと同様に、先生が現地で教わった”オレキエッテ”という耳たぶの形のパスタを作りながら、イタリア料理を楽しみました。

会が始まって、さあ作るぞ〜!と思いきや、まずは突き出しのフリセッレを食べるところから。

20180906173353d4e.jpeg 

フリセッレは真ん中に穴が開いたドーナツ状のパン。写真だとちょっとわからないですが、このフリセッレにもちゃんと穴が開いています。
サイズに決まりはないようで、調べると大きなものもたくさん出てきますが、今回はコロンとした一口サイズ。

20180906174039c09.jpeg

ザクザクとしたビスケットのような食感が楽しい一品でした。
突き出しを楽しんだところでいよいよ!生地を捏ねていきます。

20180906182235643.jpeg 

定量ぴったりになるように慎重に水を加えて、こねこね...

20180906182833446.jpeg

捏ね始めは水が足りているか心配になるくらい粉っぽかったですが、だんだん馴染んできていい感じに。

20180907142143710.jpeg 

生地がひとまとまりになったところで、ここからが本番!
ナイフを使ってオレキエッテを作っていきます。

201809071414591bb.jpeg 

まずは先生のお手本。

20180907141528f78.jpeg

1cm角くらいに切った生地を、寝かせたナイフの刃先でまな板に押し付けながら、ぐーっと伸ばしていきます。
途中で力加減を変えて、ふちは少し厚めに、真ん中は薄めになるように。
引き伸ばされて、内側にくるくる丸まった生地を裏返すと、まな板手前にあるオレキエッテの完成です。

先生はすごく簡単そうにやっているのに、実際にやってみると力加減が本当に難しく、あんまり力を入れすぎると生地がちぎれてしまうし、逆に弱すぎると全くのびなかったりで、途中で厚さを変えるどころではなかったです...

20180907145552010.jpeg 

それでも何度も何度も挑戦しているうちにだんだん形になり、それぞれ個性のあるオレキエッテが完成しました。
このまますぐに茹でるのではなく、一旦ここで寝かせます。

その間に食前酒でsalute(乾杯)! 
201809071517033a1.jpeg 

前菜とスープを楽しみました。

2018090715055518b.jpeg 
モルタデッラとプロシュートを旬の無花果とともに

20180907150717a2a.jpeg
ミネストローネ

どちらも素材が良いものだからか、シンプルな味付けなのにとても美味しくて、特にミネストローネの味付けは塩のみだそうなのに、野菜と豆だけでこんなに濃い甘みが出るのかー!と感動。あっという間に平らげてしまいました。

お腹を満たして幸せ気分ですが、もうひと仕事。
先ほど作ったオレキエッテを茹でていきます!

20180907153410d1f.jpeg 
ザザザー

201809071609349a4.jpeg 
隣でトマトソースをあっためて

201809071532326f8.jpeg 
茹で上がったらオレキエッテを絡めて

20180907161349b09.jpeg 
オリーブオイルとパルミジャーノ・レッジャーノをたっぷりかけて完成!

初めて生地から作ったパスタはもっちもち!表面はツルツルと滑らかなのにトマトソースがよく絡んで、贅沢にこれでもかとかけたチーズの風味と相まって最高に美味しかったです。形にばらつきがあって一口一口の食感が微妙に違うのも面白くて、夢中になっていたら、あっという間に食べ終わってしまいました...!

そしていよいよ最後のお楽しみ。

20180907153018765.jpeg 

日本ではゼラチンで固められてカップに入っていることが多いティラミスですが、伝統的な作り方では生クリームやゼラチンを使わないのだそうです。
このティラミスはその伝統的なレシピに近い作り方で作られたもの。
サヴォイアルディというスポンジケーキのようなクッキー生地にトロトロのマスカルポーネがかかっていて、削りたてのカカオの良い香りがして、今までに食べたことのない夢のようなティラミスでした!濃厚なのに爽やかな酸味が隠れていて、口に入れたらすっと溶けてしまって...このティラミスならずっと食べていられるくらい、本当に絶品でした。

ちなみに美味しいティラミスを作るコツは、美味しい卵とイタリア製のマスカルポーネチーズを使うことなのだそう。

と、お腹いっぱいになったところで、料理のコツを教えてもらいながら、先生が旅したときに撮ってきたイタリアの写真や映像を見せてもらって、最初から最後までイタリア尽くしの会でした。

2018090717411384a.jpeg 

自分の手で作ったオレキエッテはもちろん、先生が用意してくれたお料理が全部美味しくて、本当に楽しかった!と大満足です。

そうそう。このイベントはただの料理教室ではなくて、実は10月11日にクリエートで行われる、アルテ・エ・サルーテ劇団浜松公演のプレイベントとして開催されました。

アルテ・エ・サルーテ劇団浜松公演1 

アルテ・エ・サルーテは、精神病院がない国イタリアの精神障害者によるプロフェッショナルな劇団。精神障害は個性であり、病院で治療しなくとも方法はいくらでもある。というのがイタリアの考え方で、その通り、アルテ・エ・サルーテの俳優さんたちは芸術的な感性と巧みな演技力でイタリア国内のみならず、中国やスペインでの海外公演でも高い評価を得ているそうです。

今年はちょうど精神病院をなくそうという法律(バザーリア法)が制定されて40年という節目の年になることと、世界で一番精神病院が多い国である日本もイタリアのようになれたらという思いが、今回の公演を開催するきっかけとなったようです。

公演の詳細は今回のイタリア料理の会を主催した浜松サルーテの会のブログをご覧ください。
https://salutehamamatsu.hamazo.tv/e8152551.html

スポンサーサイト

Color Mixing6 -みんなの写真展-

今年も鴨江アートセンターで Color Mixing -みんなの写真展- が開催中です。

20180816021348846.jpeg 

201808160215298d4.jpeg 


この写真展、毎年お盆の季節に開催していて今年で6回目になるのですが、万年橋や黒キチに出入りしている人も多数参加していて、万年橋ブログにも何度も登場しています。

前回以前の様子はこちら↓
http://mannenbashi.blog.fc2.com/?q=color+mixing


私が初めて足を運んだのは一昨年のことで、そのときはまだ知り合いと呼べる人も少なかったと記憶していますが、去年には友人も増え、次は出展者さんとどれくらい仲良くなっているのかな?なんてぼんやり思っていたら、なんと今年は私も出展者になっていました...!

201808160225477a2.jpeg 

ということで私事になってしまうのですが、Color Mixing6 -みんなの写真展- へぜひ足をお運びください。出展側になったので、1つ1つの展示を詳しく紹介したくてうずうずしますが、せっかくの展示なのでせひ見に来てください。今年も趣向を凝らした展示がたくさんあります。

20180816022926a22.jpeg 

20180816023015df0.jpeg 

そして、最終日の18日にはクロージングパーティーもあります。
一品持ち寄りでどなたでもご参加いただけますので、みなさまお気軽にお越しください。
みんなでわいわい美味しいものを食べながらおしゃべりしましょう!お待ちしております!

Color Mixing 6 -みんなの写真展-
日時:8/12(日)-18(土)  9:00-21:00
会場:浜松市中区鴨江町1番地 鴨江アートセンター101
出展:伊藤彩希 / 尾張美途 / さくらんぼ村 / 写道 from suzuya camera / はし子 / 華夜四季 / ほのか / 水越雅人 / 村松弘美 / yukicma / 横村雄輝 / うさぎ村 / Take / tomo / みどり

*Closing Party*
8/18(土) 18:30-20:30
誰でも参加OK!
一品持ち寄り 参加無料

今年の似顔絵看板


今年も似顔絵看板が街中のお店に並び出しています。

20160320163400fe6.jpeg 
2016032016413654d.jpeg

似顔絵看板とは、学芸高校美術科に通う生徒さんの手によって、ゆりの木通りのお店を中心に50店舗ほど作られてきた、その名の通り店主さんの似顔絵が描かれた看板です。

上の写真は1年目に作られた作品で、そのほとんどがゆりの木通りのお店でしたが、2年目以降はゆりの木通りの外に範囲を拡大して制作が続けられ、今年で4年目になります。

どんどん範囲が広がっていくことと、1年目に多くのお店の看板が制作済みということで、今年はそんなにないかな?と思っていたら、ゆりの木通りにもまだまだ看板を作っていなかったり、新しくできたお店があって、ぶらぶらしていたらいろんなところで新作を発見しました!

見つけられた分だけですが、載せてみます。

201809101500244e8.jpeg 20180910150415f52.jpeg

2018091015085627d.jpeg 201809101507084a2.jpeg

20180910151033a99.jpeg 20180910151138ba6.jpeg

2018091015163432e.jpeg 2018091015180333b.jpeg

201809101520285b3.jpeg 

普段からよく出入りしているパークビルやKAGIYAビルの中にも今年制作された看板がこんなに!その他、ゆりの木通りの西端にあるメンズセレクトショップのアーサーさんや、常磐町のハンバーガー屋さんハイミールでも見つけました。

基本はお店の方の似顔絵が描かれていますが、中には似顔絵を抜きにして、お店で取り扱っているものや店内の雰囲気を基に作られた看板も。
街中のお店ってどんな人がやっているかよくわからないし、最初はちょっと入りにくい...なんて声を時々耳にしますが、こういう看板がショーウィンドウに置いてあって店主さんの顔が見えると、少し入りやすくなるかもしれませんね。

201809101523112fa.jpeg 

この看板たちは全て今年制作されたものですが、去年以前ものも含めると、ゆりの木通りにも、板屋町や肴町にもまだまだたくさんあります。ゆりの木通り界隈を歩かれるときは、ぜひ似顔絵看板を探してみてください。

注染染め体験

こんにちは。先日とあるツアーコースの下見のために、最近たびたびお邪魔している二橋染工場さんへまたお邪魔してきました。


20180804173450786.jpeg


まだ企画段階のツアーですが、吉祥寺で「カフェトリエ」というカフェを運営している方と、そこにお店を出しているバリスタさんと本屋さんのお三方に、お客さんとして参加していただきました。


カフェトリエはバリスタが日替わりのコーヒースタンドと本屋さんがあるスペースで、アート・コーヒー・ビジネス・本・美容・健康・語学などさまざまなジャンルのワークショップも開催しているというとても面白そうな場所です!ご興味のある方はホームページをのぞいてみてください↓


カフェトリエ

http://cafetelier.net/



さて、二橋さんではいつもは見学させてもらうだけですが、見学と体験と両方できるツアーを検討中のため、今回は注染そめの体験をしてきました。


注染そめの工程(ざっくり)は、


①染めない部分に防染糊を塗りながら生地を重ね折る

②染める部分を防染糊で土手を作って囲む

③染料を注ぐ

④洗って乾かす


と、こんな感じです。

職人さんに教わりながら、さっそく体験スタート。


20180804174531a53.jpeg


2018080317082169b.jpeg


まずは職人さんと一緒に糊を塗るところから。

いつも職人さんはサッ!サッ!と一瞬で往復していとも簡単に糊を塗ってしまうのですが、ヘラについた糊がもったりしていて結構重たそう...

最後には完全に一人で塗っていきますが、糊が切れないようにまんべんなく伸ばすのは、見た目以上に力が要りそうでした。


糊を塗ったら職人さんが生地を折って重ねてくれて、また糊を塗っていくのですが、この生地をズレなくぴったり重ねるのがとても難しいのだそうです。


20180804173137447.jpeg


ここは職人さんにおまかせして、次は糊を生クリームのように絞り出して土手を作る作業。


201808031708480b7.jpeg


染料を流し込む部分を土手で囲っていくのですが、みなさんとても器用!

私も体験させてもらいましたが、線がぐねぐねして、模様に被らないようにするのでやっとでした。


2018080420501324b.jpeg 


それでもデコレーションケーキを作っているみたいで楽しかったです。

土手が出来たら、今度はその中に染料を流し込みます。


201808042109102a5.jpeg 


20180803170918ce1.jpeg 


注ぎ口が細長い薬缶を使って、片手で染料を、もう片方の手で水を注ぐのですが、右手と左手でそれぞれ違う動きをするので、まるで頭の体操をしているみたいでした。頭の中も手元もこんがらがります...

でも、うまく注げると染料が淡くにじんでとても綺麗でした!


20180804211043ea7.jpeg 


裏返すとこんな感じ。


染めた生地は工場内を流れる川の水でよく洗います。


2018080317094577c.jpeg 


201808042113194b1.jpeg 


洗いあがったら乾かします。

普段は工場2階の高い天井の部屋で吊るして自然乾燥させていますが、今回は乾燥機でぐるぐる。


20180804211629586.jpeg 


乾かしている間に工場の中を見学して、普段生地を吊るしている部屋も見せてもらいました。


201808031711146e5.jpeg 


注染の生地が雨のように一面に吊り下がっている光景は何度見ても圧巻です。

長い生地が風に吹かれてゆらゆらしているのが生きているみたい・・・

お邪魔する度に生地が変わっていて、どんな光景が広がっているかは入ってみるまで分からないので、毎回とても楽しみにしている見学ポイントです。


そうして見学しているうちに生地の感想が終わって、1枚ずつ切り分けて完成です!


2018080317113498b.jpeg 


20180803171158d85.jpeg 


注染そめならではのグラデーションがとても綺麗な手ぬぐいが出来上がりました!

計画段階のツアーでしたが、参加していただいたお三方とも楽しんでいただけたようで良かったです。

記録係として同行した私も、ちょこちょこ混ぜてもらって注染そめ体験ができて大満足でした!


こうしたツアーをきっかけに県外の方にも、浜松の伝統文化に興味をもってもらえたり、楽しんでもらえる機会が増えたら嬉しく思います。

今後、正式にツアーになったら、ご興味のある方はぜひご参加くださいね!

KENLAND リネンニット展

ザザシティから鴨江アートセンターに行く道の途中にあるギャラリー遥懸夢さんで、山形のKENLAND社のリネンニット展が開催中です。

20180724180829778.jpeg 
山形発信 ヨーロッパ リネン文化の伝承
暮らしの安心・安全のために「地球の恵み」を届けたい

日本ではリネン(亜麻)もラミー(苧麻)のことも一括りに「麻」と呼んでいますが、その特徴は全く異なっていて、ラミーは丈夫なかわりに硬くてチクチクとした繊維であるのに対して、リネンは柔らかくしなやかで、上質なものはカシミアに近いと言われるほど。

2018072418113106a.jpeg 

KENLAND社がフランスのノルマンディー地方で栽培しているリネンは、一度収穫するとその後6年間休耕させて土壌に充分に栄養を蓄えてから再び栽培しているため、とても上質で滑らかな手触り。説明にもある通り全くチクチクしませんでした。

そんなリネンですが、シワになりやすいためアイロンの手間は少しかかってしまうそう。

20180724182222f59.jpeg 

KENLAND社のリネン製品はニットにすることによって、軽くて柔らかいだけでなく、シワになりにくくアイロンがけを必要としないものになっています。

20180724182341b20.jpeg 

良質なリネンの手触りを素肌で感じられるようにと、ジャケット、パンツ、プルオーバーなどのファッションアイテムだけでなく、ベッドリネン、バス周り、キッチン周りなどのライフスタイル製品も展開しているそうです。

201807241824055e0.jpeg 

いろとりどりのリネン製品とともに、KENLAND社のこだわりがたくさん見られる展示でした。
この展示は30日(月)までです。ぜひ遥懸夢さんへ足をお運びください。

ーーー
KENLAND リネンニット展
山形発信 ヨーロッパ リネン文化の伝承
暮らしの安心・安全のために「地球の恵み」を届けたい

日時:7月20日(金)〜30日(月) 11:00-17:00
会場:ギャラリー・ショップ 遥懸夢 (浜松市中区大工町303-15)
会期中無休

https://harukamu.hamazo.tv