2012年04月 の記事一覧

8F/クリエイターズシンポジウムが行われました。

こんにちは。

先日土曜日(2012年4月21日 14:00〜)
万年橋パークビル8Fのhachikaiでは クリエイターズシンポジウム というのが行われて、たくさんの人が聞きに来ていました。

いつもはガランとした8Fですが、この日は 人がたくさんいて 登壇者の話を真剣な顔つきで聞いていました。

あまりよく知らない分野の話でしたが、聞いていると何故か面白くて 最後まで聞いていたかったのですが、途中で用事があり断念。










この日は7F machinobaでも19:00〜から 話し合いがあったのでその様子をすこしだけ




まだ先の話ですが、浜松の街中で ちょっとオトナでオシャレなことをしようとしています。
今回はその話し合いを7Fのmachinobaで行いました。

でもただ 話すだけだと楽しくないので ワインと軽食と音楽を用意して参加者をおもてなししました。

しかし このブログを描いている私は又しても用事のため参加者の人が来る前に machinobaを後にしました・・・

この企画 どうなるのか楽しみです。

スポンサーサイト

イベントのお知らせ!!


4月21日(土)14:00~
田町パークビル8F 多目的スペース「hachikai」にてクリエイターズシンポジウム@浜松が行われます。

特設ブログ http://dss.hamazo.tv/
問い合わせ先 hmc.sympo@gmail.com


以下特設ブログから抜粋

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・日時 4月21日 13:30開場 14:00開演  17:30終演予定
・場所 静岡県浜松市中区田町327-13 万年橋パークビル8F 多目的スペース「hachikai」
・主催 浜松クリエイティブ産業機構
・協力 Project H.A.P.
・入場無料 ※要予約
・ハッシュタグ #hmc_sympo
 参加ご希望の方は下記URLから参加申込みをしていただく(ツイッターユーザーのみ)か、
 http://atnd.org/events/26479
 サイドバーのメッセージまたはEメールにて
 お名前(HN可)、メールアドレスをご記入の上、
 件名を「クリエイターズシンポジウム申し込み」として
 hmc.sympo@gmail.comまでお送りください。


・シンポジウム内容(敬称略・内容は予告なく変更になることがございます)
 14:00~ 開演 主催者挨拶(浜松クリエイティブ産業機構  山森達也)
 14:10~ 基調講演1 「CGM時代の大衆文化論」
        赤尾晃一(静岡大学情報学部准教授)
 14:40~ 基調講演2 「クリエイティブ産業とクリエイター」
        岡田智博(クリエイティブクラスター理事長)
 15:10~ 休憩
 15:30~ クリエイターズミーティング
        デッドボールP わかむらP 清水誠一郎

クラブイベント「Hamamatsu A-POP PARTY」 15:00~22:00
会場:浜松FORCE
※こちらは別途イベント参加費が必要になります。
※詳細はProject H.A.P.サイト内の告知ページをご覧ください。


昨年11月に行いました「デジタルサウンドシンポジウム@浜松」の続編としまして、
「クリエイターズシンポジウム@浜松」を開催します。

基調講演でガッツリクリエイターの権利や、著作権の議論を勉強していただき、
クリエイターズミーティングでは、ニコニコ動画を始め
第一線で活躍されているデッドボールP、わかむらPをお招きして
ざっくばらんに皆様とトークができる場にしたいと思います。
居酒屋のノリで(お酒は出ません)ゆるゆると熱く盛り上がりましょう!

今回はさらに、Project H.A.P.のご協力により、
クリエイターズミーティングゲストのデッドボールP、わかむらPのクラブパフォーマンスを
「HAMAMATSU A-POP PARTY!」で開催!
詳細はこちらのサイトからご覧下さい。
なお、HAPでのゲストの出演予定時間は19時以降を予定しております。
※こちらは別途、イベント参加費が必要になります。


*企画趣旨*
CGMが盛んに議論されている現在、クリエイターの利益そのものが形態を変えつつある。アマチュアと呼ばれる個人が発信し、ユーザーが直接対話可能な現在、プロフェッショナルが持つ専門性や技術に対する金銭的な価値交換という既存の経済モデルでは限界をむかえている。このシンポジウムでは著作権周辺の議論を中心に、クリエイターにとっての利益と、ユーザーが求める作品の在り方、権利について議論を行う。

*企画概要*
2011年11月20日に行った「デジタルサウンドシンポジウム@浜松」ではデジタルサウンドの周辺の議論を、音楽プロデューサー、研究者、及びクリエイターを交えた議論を行い、その結果クリエイターの権益についての場を設けたいという意見が多く見られた。当シンポジウムではCGMの事例として語られる各分野のクリエイターを中心に、著作権や経済学者といった専門家の基調講演を交えたシンポジウムを行う。また前回のシンポジウムではクリエイターの活動を実際に触れることがなかったため、Project.H.A.P.と共催し、シンポジウム後にゲストクリエイターのパフォーマンスが行われるクラブイベントを開催する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

興味のある方ぜひ!今週土曜日 14:00に8Fへお越しください。

羊祭りに行ってきました

お久しぶりです。これからまたこの田町パークビルのブログを復活させていきたいと思うので、どうぞよろしくお願いします。

さて、4月8日(日)に龍山青少年旅行村という場所で、「第22回ひつじまつり」が行われたので、行ってきました。



私は初めて行ったのでこんな山奥にアウトドアを楽しめる施設があるのかと驚きました。

3ヶ月くらい前に土砂崩れがおきたそうで、けっこうスリリングな山道を走って辿り着いたので余計に目的地へ着いたときに広がっているこの場所がなんて穏やかで良い場所なんだと思いました。


私たちが着いたのが朝7時くらいだったので、結構寒くてどうなることやらー・・・と思うっていたら ひつじまつりが始まる10時ごろには太陽も上がっていて暖かくなり、気持ちのいい1日になりました。

下の写真はまだ準備してる途中ですが、開園後は続々と人があの山を越えてやってきて賑わっていました。みなさんどこでひつじまつりの情報を得ているのか気になってました。



親羊と子羊がやってきて、会場をさらにホノボノとさせます。
子羊は基本的に親羊にべったりで離れようとしません。
羊の毛ってほんとにモコモコしてるんですね。特に子羊は短毛だけどモコモコ
触ったことがなかったので感動しました。

一番モコモコしていた親羊

11時のイベントは親羊の毛狩りです。メーメーいいながら刈られていましたが、思ったらより大人しかったです。毛を刈る人が上手いんでしょうね。
一番モコモコしていた羊の中の毛は真っ白できれいでした。

3匹分の毛玉。洗って汚れや油を落としたら毛糸になるそうです。

午後1時!メインイベントの子羊リレーです。親と突然離ればなれにさせられた子羊たちは

離された瞬間一目散に親羊の元へ。一瞬の出来事でした。

羊以外にも、釣り堀、子羊人形作り、糸紡ぎ、バルーンアート、食べ物いろいろ、お土産コーナー、演奏会など、コドモからオトナまで楽しめるひつじまつりでした。
毎年八王子から参加しているという薫製屋さんのチーズの薫製が絶品だということで買って食べたら、教えられた通り美味しかったです。そしてあっというまに長蛇の列が出来てすぐに完売するので、お客さんは美味しいことを知ってるんでしょうね。

また施設には小さいプールも整備されていて、子どもたちが遊んでいました。
でも 山の奥なので、水温は低いはず!なのに、服が濡れないようにズボンを太ももまでたくし上げ、中へズイズイ入っていく姿は「こども=元気」という図式を見せられているようでした。

山の中にも行けて、羊にも触れて美味しいものも食べれて、休日を満喫した気分でした。
今年は寒かったので桜の花は咲いていなかったけれど、毎年この時期は満開だそうです。来年は満開の桜のもとひつじまつりが行われると春らしさをさらに満喫できること間違いなさそうです。