2013年04月 の記事一覧

パンケーキ屋さんオープン

もうすぐ浜松祭ですね。今年もやってきたきた浜松祭★
みなさんは参加されますか?
 
参加される方もされない方もゴールデンウィークです!!どこかに行かれますか?
 
さてさて、さてさて、最近巷で人気のパンケーキ、ついに浜松にも上陸です!
 
(↑クリックするとお店のブログへ飛びます)
 
普段の営業時間は8:00~20:00まで
パンケーキや飲み物が楽しめます。
 
また、金・土のみBARTIMEとして22:00まで営業してパンケーキ以外にもお酒やご飯も注文が出来るそうです。
 
店内はこのようにクラシカルな雰囲気

スタンダードのパンケーキ(生クリームとバター)と生クリームとアイスが乗っているパンケーキを頼みました。
 
ここのパンケーキはとてもとてもとても柔らかいのが特徴。
ふわふわなのでペロッとすぐに食べれちゃいます。
 
 
お店にお邪魔してお話を少し伺った際にも女子大生らしき4人組が来店してました。
女子は情報を得るのが早いなーと。
 
浜松の街中にはカフェが少ないからこういうこういうお店が増えていくと、街で休める場所が増えてうれしいですね。
 
みなさんぜひ、食べに行ってみてください。
 
ーーーーーーーーーーーーーーー
 
(↑クリックするとお店のブログへ飛びます)
浜松市中区板屋町101-4 地研ビル板屋町1F南
TEL/FAX : 053-456-5068

スポンサーサイト

4月27日の浜松はイベントがたくさん

今日はとても風の強い日でしたね。
そんな中、浜松の街中ではイベントが数箇所で行われていました。

まずは 家康楽市
おもに家康楽市では食べ物を中心に販売されていました。そしてとにかく人が大勢で、みなさんどこで情報を仕入れてきているのだろうか・・・?という疑問を抱いてしまうほどでした。
 
左の家康君饅頭は、梅月さんがこの家康楽市に出店する時限定で作っているそうです。
350円と少々高い気もしますが、かなり繊細な作業で、夜をまたいで作っているそうです。
正面も後ろの姿も家康君のキャラクターを忠実に作られています。茶道のブースもありました。
 
とにかく強風で、それでもこの場所にいた人たちみんな生き生きとしていたというのが印象的でした。
 
さて、次に向かったのは 『春の芸術祭』 まずはアクトシティ屋上庭園へ!
 
浜松で知名度の高いYUMINPOさんやマノミホさんの作品。YUMINPOさんはライブペインティングをやってました。
こどもたちが遊べる場所があったり、こちらも強風だったけど、楽しげな雰囲気
 
アクトを出て、駅北へ。こちらも春の芸術祭こちらは食べ物や雑貨市など開かれていました。

charry cafeさんがいたので、珈琲を注文してみました。
すると、自転車に乗ってペダルを漕ぎ、コーヒー豆を挽き始め、そうやって、珈琲を入れてくれました。美味しいし、パフォーマンスとしても楽しめるcharry cafeさんぜひみなさんも見かけたら1杯注文してみたらいかがでしょうか?今回私は豆を挽いてもらいましたが、言えば挽かせてもらえるはずです。ぜひ!
 
最後はこちら、グラッドストアーのグラッドマーケット!
普段はレディスがメインの古着屋さんですが、グラッドマーケットでは手作り雑貨やお菓子が販売されています。
そこで、私が一番驚いたのが、右の写真の帽子!これ手作りだったのです!!私、帽子(しかも麦藁帽子風)を編んでる人初めてでした!!!!すごいなーーーー。と。
 
そんな感じで、いろいろ見学しに行った1日で、浜松祭の前で、みなさん体力を温存しているのかと思いきや、そんなことはまったくないようで、どこもかしこも賑やかな街中でした。
 
ゴールデンウィークが始まって、これからさらに賑やかになりそうですねー。
 
 
 


4月25日晴れ

こんにちは。
昨日の雨がうそみたいに今日は穏やかで暖かい日ですね。
服装もまた軽くなって動きやすい!

さてさて、もしかしてこのブログで紹介するのは初めてになるかもしれません。

カギヤビルに去年2号店がオープンしたBOOKS AND PRINTSさん

4月24日~5月26日の期間、店内が山やキャンプやフェスを連想させるような雰囲気に変わっているので、この機会に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

この写真ではほとんど分かりませんが、カーキ色な雰囲気の店内に・・・

下記ブログから抜粋↓

雑誌や広告などで活躍するインテリアスタイリストの作原さんによる『mountain morning』プロジェクト。一昨年と昨年に東京で開催され好評を博したイベントがBOOKS AND PRINTS店内でも開催されます。

『mountain morning』は、その名の通り「山の朝」をテーマに、作原さんが親交ある写真家(若木も参加)によるポストカードや額装写真、様々なクリエイターの方々によるプロダクツと、作原さんがセレクトした家具や雑貨などをミックスして空間演出します。


また、みなさん浜松にJetMinMin というプロダクト制作ユニットが存在していたことをみなさんご存知でしょうか?
迷彩柄をモチーフにいろいろなグッツを展開しています。
( http://www.jetminmin.com/ )

その商品も今なら取り扱っているので、浜松にこんな活動している人たちがいたことを知るきっかけにもなるかもしれないので、
また期間中、mountain morningと BOOKS AND PRINTSのオリジナルバックがJet MinMinのかばんになって販売されるようなので、こちらもぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか?


 
 
なんだかこのお店の宣伝色が強いブログになってしまいましたが、写真集なんて見ないわという方でも、フラット立ち寄りに、さらにはゆりの木通りを散策してみてはいかがでしょうか?
 
あらたに街中に新しいお店がオープンしているかも、しれませんよ。

カギヤビル 4F @THECHALKSQUARE

こんにちは。ここ数日ヒンヤリする日が続いていますね。
天気の変動で風邪を引かないように気をつけましょう。
 
 
さてさて、カギヤビルの4Fに最近 ”THECHALKSQUARE” という主に子供向けのアートを楽しみながら英語に触れる教室が出来たことをご存知でしょうか?
ちょっと逆光で見えにいですが、角部屋で見晴らしがとてもいい場所にあります。
 

黒板と長いテーブル

その長いテーブルに座っているのが、この教室の持ち主 マシューさんです
背がすらりと高い人。

絵本も置いてあります。これは教材になるみたい。
すでに何回か教室が開かれているようです。前回は4組の親と子がきたそうです。
 
こどものために英語の絵本を買ったけれど、どうやって読み聞かせていいかわからないという、モヤモヤをこの読み聞かせのワークショップでは、毎回違う絵本をネイティブスピーカーが読み聞かせ、大人には読み聞かせのポイントを、こどもには楽しい絵本の世界を英語で読み聞かせ。
また、家でも続けられるように読み聞かせのCDを持ち帰りもさせてくれるようです。
 
また、他にもクラスがあって、
Museums of the world...
世界の美術館を毎回1つづつフォーカスしそこに飾られている絵画や、美術館の成り立ち、建築、街など、その美術館に関わることをすべて英語で探求するクラス
 
Motorsports talk...
モータースポーツ“おたく”たちへ
パドック、予選、スタート前、インタビューなどなど、英語を知っていたら、話せたら、聞き取れたらもっと楽しめるはず!を可能にするクラス!
 
“TAKE A LOOL AT THIS”
ツアーガイドできますか?
外国からの友達またはビジネスパートナーが日本へ、はたまた浜松へ訪れたとき、お勧めスポットを英語で分かりやすく案内できたらいいのに、もしかしたら、そこに新たな発見やビジネスチャンスがあるかも。。。。!!!
そんなことを実現するクラス。
 
など、テーマの違うクラスがいくつか用意されています。
 
そんな英語を日常にする教室のサイトはこちらまで!
 
また、話は少し変わって、
そんな英語とアートを楽しく学ぶ教室を開いたマシューさんと第一高等学校へ行ってきました。
 
外の大人たちがどんな仕事をしているのか生徒に直接知ってもらう機会を授業の一環として授けているようで、マシューさんにその一人になってもらえないかという、相談をしている写真です。
 
この高校に生徒たちに事前にアンケートをとったところ、
絵を描いたり、ものを作ったりする学生が多かったので、そういうことをして仕事をしている大人を探していたようです。
 
これから、第一高等学校浜松校の生徒さんがマシューさんのたのしい英語とアートの授業を受ける日も近そうです。

鴨江別館とKilja

こんにちは。
急に寒くなりましたね。。薄着で外出してしまったので、上着が脱げません。というか、上着を着てきていてよかったです。

そんな今日土曜日、先日カギヤビルにオープンしたbar23の店長さんから20日(土)に鴨江別館でマメマメ市というイベントに参加するとお聞きしたので行ってみました。

まずは、雑貨がメインに販売されているブースへ。。

主催者の方々がみんな子育て中で、些細なことだけど、すごく大事な気遣いがいたるとこにありました。小さい子が遊べるところや授乳室も整えられていて、家族連れの方がほとんどで小さい子たちも楽しそうでした。


さてこちらはフードエリア、bar23の店主さんもいらっしゃいました。
タコスをだしていたので、お昼にそのセットをいただきました。
こどももたくさんいることを考慮して、辛さは自分で調節する仕組み。
このマメマメ市は今回で5回目だそうで、ここまでたくさん出展者を増やして開催したのは今回は初めてなのだそうで、これを踏まえて、次回どうするか考えていくそうです。こどもも大人も楽しそうだったので、今後どう展開するか気になるマメマメ市でした。
 
鴨江別館を後にして、次に向かった先は浜松唯一の絵本や
 キルヤさん
明日までこんな展示してます。
カラフルなかばんや帽子や洋服がたくさんで、見ていてとても楽しい。
でもこれはいったいなんなのか・・・
 
まず、ブランド名が 「 poRiff 」
 
poRiff(ポリフ)とは、レジ袋やプチプチシート等を切り抜いてコラージュして、それに熱を加え圧着させることで出来上がるシートのこと。
材料は100%リサイクルで、レジ袋の裁断から縫製まで、障がいのある人が通う施設ですべて手仕事で行っているのだそう。
 
ぱりぱりしていて、耐久性はどうなんだろうと思っていたら、かなりしっかりしていて、
大き目のpoRiffのバックに2Lのペットボトルに本を詰め込んでも敗れない。
1年使ってても敗れない。そのうえ耐久性もあるみたいで、普段使いのかばんとして、ばしばし使っていけそう。

派手派手な色使いかと思いきや、使ってみると意外にしっくり収まる感じ。
普段カラフルなものを身に着けないなかったり、苦手な人でも、ワンポイントのおしゃれアイテムとして持ってみてはいかでしょうか・・・
といいつつも、キルヤさんでは明日までの展示なのですが、ぜひかわいいので見に行ってもらいたい!
 
 
poRiff 展覧会 in 浜松   絵本の店キルヤにて
2013.4/7(日)~21(日)  
11:00~18:30(平日は~17:30) 火・水定休

新店舗情報☆bar 23

最近ゆりの木通り界隈に新店舗が続々とオープンしています。
今回はカギヤビル3Fに新たに入店した「 bar 23 」というお店にお邪魔してきました。
 
1階に看板は出ていませんが、階段を3階まで上がるとすぐにわかります。
オープンしているときはこの看板が出ていて、閉まってるときは出ていないそうで、3階まで上がって、看板が出ていたら開店中です。

中に入ると、なんとなくロハスな雰囲気
おしゃれな内装ですが、環境を配慮しているようで、店内の木材はすべて接着剤を使ってない・又は使っているけれど、将来的に内装を変えて、今の内装を解体したばあいでも、再利用できるようなもので組み合わせがされているそうです。
食べ物や飲み物もオーガニックにこだわっているそうで、農家さんと直接やり取りをして、これからレパートリーを増やしていくそうです。
また、食べ物の持込もOKだそうです。

こちらは奥の空間で、みなさん靴を脱いで直接床に座って、お酒を飲むのだそう。
家のみに近くなりそうで、会話も弾みそうです。
ただ、今後食べ物を出すことになったら、小さい机は置こうかと考えているそうです。
 
窓のから差し込む色の雰囲気もきれいでした。
(私が行ったのはたしか18:00ころ)

また、カウンターの後ろの白い壁(入店して左側)
今後、展示をしたい人に貸し出すことも考えているそうなので、このブログを見て、お店に絵を飾って欲しい、展示したいとい方がいたら、オーナーさんに一言声をかけてみてはいかがでしょうか?
いろいろ相談に乗ってくれると思います。
 
カギヤビルには今後ぞくぞくと新しい店舗や場所が出来ていくそうなので、新しい文化スポットになりそうな予感がしますね。ぜひぜひ遊びに、ビルの様子を眺めになど、行ってみてはいかがでしょうか?
 
 

万年橋パークビル

こんにちは。
前回までのブログは安田かなちゃんが担当してくれましたが、本日から3月以前のように友野が更新していくのでよろしくお願いします。
しかしながら、かなちゃんの働きっぷりが大変すばらしいので少々困惑気味です。(仕事が丁寧かつ速いそしてアイディアマン)

かなちゃんぜひ、今後ともよろしくお願いいたします。

そんな安田加奈ちゃんですが、

万年橋パークビル1階にある「たけし文化センターINFO LOUNGE」にて、不定期に手芸部を行っているそうです。
手芸というと、毛糸や、糸やらボタンやら・・・?を思い浮かべますが、この手芸部ではとりあえず何作ってもいいそうです。紙で何か作ってもいいし、絵をかいてもいいのだろうし、革製品やら、粘土やら、本人が「これ手芸でしょ!」と思えばOKだそうです。

またリーダーも班長もいないので、作りたい人が作りたい日に手を上げて、twitter上で #たけぶん手芸部 に「今日やります」と投げかければ、Okだそうです。Twitterを見た人で参加したい人がいたら、参加するのんびりとした部活です。


これも手芸部で出来た紙物袋

twitter  #たけぶん手芸部 で検索してみてください。

約1ヶ月ぶりの万年橋、いろいろあったようで、目に見える変化がhachikaiに・・・
3月にあったお花見の舞台装置。
以下写真のように収納されていました。
とてもすっきりと、かつ、また設置しやすそうに収まっています。


 
木材で出来た木もありました。
 
こちらは7階の床下。最近清掃がはいったようで、床の色がきちんと見えます。そういえば2年ほど前の8階もこんなふうに床をきれいにしてたのを思い出しました。
 
 
新年度がはじまってからもう半月。また今年もいろいろなところで、いろいろなことが起こるのでしょうねー。楽しみ楽しみ。
 
 
 

万年橋マップ完成!


万年橋パークビルの地図を作りました!
やっと今日完成して、これから200部せっせと折るところです。

万年橋パークビルのことを知らない方や、
知っているけど普通の駐車場だと思ってる方(←けっこう多いはず)に向けて
このビルにはこんなお店や施設が入ってるんですよ〜という紹介の地図です。

このマップを作るにあたって初めてお店に入ったり、店主さんとお話しして
こんなお店が入ってるんだ!と制作者の私も驚きと再発見がありました。

ぜひ、お手に取ってみてください。
実物は1階の「たけし文化センターインフォラウンジ」で手に入ります。

21日のイベント2つ

こんにちは。
今日は4月21日(日)のイベントを2つご紹介します。


以前もご紹介した、クリエート浜松の4階に移転したばかりの多文化共生センター。
午前中は英語による特別セミナー、
午後は多文化体験フェアとして様々なワークショップが行われるようです。

ココナッツオイル作り、フェアトレードビーズで作るオリジナルストラップ、
世界の民族衣装を着てみよう、ブラジル粘土細工で作るマグネット・・・
各コーナー200円で体験できるそうです。
全部参加しても800円!

開催日:2013年4月21日(日)
時間:セミナー10:00〜12:00
   多文化体験13:00〜16:00
※セミナーは要申し込み。参加無料、定員80名。
場所:浜松市多文化共生センター(浜松市中区早馬町2-1 クリエート浜松4階)



続いてはこちら。

(クリックでPDF表示)

2008年から始まり今年で8年目を迎えるアースディ。
アースディとは「地球のことを考える日」だそうで、世界中で様々な取り組みが行われています。
ここ浜松のアースディは、5月に浜松まつりの会場となる中田島砂丘のビーチクリーンを行うなど、浜松ならではの内容となっています。

飲食や物販、展示、ワークショップ、ビーチクリーンやステージイベントなど盛りだくさんな1日になりそうです。

開催日:2013年4月21日(日)
時間:10:00〜16:00
場所:遠州灘海浜公園 芝生広場
入場無料

第18回 gladマーケット

こんにちは。
今日は古着屋さんで開催される手づくり市のお知らせです。

(画像クリックで拡大)
 
第18回 gladマーケット


浜松駅北側、中央郵便局のすぐそばにあるステキな古着屋さん。
古着だけでなく作家さんの手芸作品など、ここにしかない1点物が手に入るのも魅力。

今月末はそんな手作り品がさらにたくさん集まります!
店先に手作りのお菓子やアクセサリー、雑貨が並ぶそうです。

それに!今回はトモノカナコさん初出店です!(お気づきのことと思いますが、このフライヤーのイラストもカナコさんです)
出し物は・・・雑貨って書いてありますが、どんなモノが並ぶんでしょうか。すごく楽しみです。

それから個人的にはLapinさんの焼き菓子もおすすめです。
食べるもがもったいないくらいかわいいんです。
Lapinさんのお菓子は夕方には売り切れてることが多いので、
なるべく早めに行くことをおすすめします〜。

イベントの詳細は近々ブログで更新予定とのこと。
気になる方は時々ブログをチェックしてみてください。

開催日:2013年4月27日(土)
時間:11:00〜18:00
会場:glad store (浜松市中区旭町7-13