2013年06月 の記事一覧

ざざん座能舞台

こんにちは。湿り気もなくさわやかな風が吹き抜ける日ですね。日陰がヒンヤリ気持ちがいいです。
 
 
さてこちらの写真、万年橋パークビル4Fには能舞台があり、普段から能の発表や稽古が行われている場所があります。
 
そんなやっぱり面白い万年橋パークビルで、ざざん座能舞台というものが7月15日から行われるそうです。
 
第1回ワークショップ
 
日時:平成25年7月15日 10:00~11:30
 
会場:万年橋パークビル8F・hachikai
 
内容:
9月公演予定の「船弁慶」の公開稽古
舞囃子(まいばやし)「船弁慶」演奏
能についてのお話と楽器演奏体験

ざざん座能舞台のコンセプト*************************:
・現代劇・音楽等とのコラボレーションによる分かりやすい能楽の公演
・ワークショップ形式で行う参加型能楽講座
・学校、公共スペース、寺社、商業施設、野外、場所に合わせた設営が可能な移動舞台

******************************************************************************

上の企画は『みんなの浜松創造プレロジェクト』の採択事業で、もうすでにこの助成金が採択されて動いている団体も多いかもしれませんが今後続々と、採択事業が浜松市内で行われていくはずです。浜松まちなかでは今後続々とその色が濃くなっていくかもしれないので、みなさんお楽しみに。

街中にある、空いていて勿体ないスペースを有効利用して何かを行おうとしている20代~30代の人たちが行う活動も起きるようです。
最近の空き店舗を有効に使った活動が増えている理由として、単純にいい建物、空間、雰囲気なに使わないのは勿体ない。という理由と、自分たちの活動を行うために場所を探している人たちの需要と供給のような構図が出ているような気がします。

しかしながら勿体ないスペースにも家賃は付きまとってくるもので、商売を目的にしない文化的な活動はなかなか維持するのは難しいです。でも、文化的なことを行おうとする人たちがそういうスペースを開放して、部屋の中にきれいな風を通すだけでも、町の雰囲気は変わるものだし、その活動のために街へ来る人が増えれば、とりあえず人の流れは代わって、街の光景を変化させきっかけにはなるな。と思います。

そんなちょっと背中を押すようなプチプチとした小爆弾が、今後5年、10年30年したらどういうことに繋がって、結びついているのか歴史の教科書に載ったりするのか。とか想像するとワクワクします。

そんな感じで、みなさん良い1週間をお過ごしください。
スポンサーサイト

ミニミニアルスノヴァがやってきた

こんにちは。
今日は天気も良くて風も心地よくて気持ちのいい日ですね。眠くなります

今日は万年橋駐車場の8Fのhachikaiでミニミニアルスノヴァがやってきました。


占いをしてもらいました。演奏の音が大きかったので聞き取れないところもありましたが1年以内に結婚して子供を産みなさいといわれました。なかなかハードルが高すぎて私には無理そうです。がくすくす笑いながら聞くことが出来る楽しい占い。
 
お待ちかねのレディオ体操にも参加
 
聞き慣れたラジオ体操とは違うけど、アレンジを変えたレディオ体操の曲が流れると、ほとんどの人が無意識のうちに立ち上がり、体が勝手に動く不思議。終わった後に沸き起こる拍手も独特な感じでした。
 
 終わったらスタンプカードにスタンプを押してもらえます。スタンプを押してもらうために1列に並んだのは小学生ぶり。
 
他にはマッスルNTT とすずしの演奏。今日はスペシャルヴァージョンでドラムやボンゴなど、打楽器も一緒に
 
ごちゃごちゃしていてあれよあれよという間に終わったけれど、今日の日和と同じようになんだかとてもいい雰囲気でアルスノヴァの人たちも、見に来た人たちも好きなようにこの空間を楽しんでいる感じがしました。
ラジオ体操のスタンプカードは残り9個。全部埋められる日はいつになるやら。

第61回浜松七夕ゆかた祭 まちなか巡回 盆踊り振り付け練習会

こんにちは。
雨が降ったりやんだりしてましたが、13:00過ぎから本降りになってきたようです。
西日本は大雨が降っていると天気予報で伝えられいて、ここ静岡も土曜日あたりは大雨が降る区域になっていて、浜松の空も曇ってはいるものの、明るいのでこれから大雨が降る気配があまりしないのですが、これからどうなるんでしょうか・・・


そんな近い将来の天気のことの次に、8月に松菱跡地で行われる盆踊り関連のお知らせです。

8月3日(土)4日(日)、毎年七夕浴衣祭が行われる8月の第一土曜日、日曜日に今年は松菱跡地で「七夕盆踊り」が開催されます。

その盆踊りに向けて・・・

第61回浜松七夕ゆかた祭
まちなか巡回 盆踊り振り付け練習会 

が行われそうです。

練習日程

・7月14日(日)13:30~15:00万年橋パークビル8F

・7月19日(金)19:30~21:00 鍛治町公友堂

・7月26日(金)19:30~21:00 肴町公会堂

・7月28日(日)13:30~15:30 万年橋パークビル8F 

・申し込みなし不要。
・誰でも自由に参加可能

持ち物
・動きやし服装
・踊っていると以外に汗が出てくるのでタオルやウチワがあると便利


 
 
 
以外に踊ったことのない盆踊りみなさん今年の夏に街で踊ってみるのはいかがでしょうか?
案外楽しいですよ。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
蛇足・・・
定期的にマップを書いているので、上記のチラシのように位置が分かりやすい地図を見るとほっとしますね。
すごく当たり前のことだけど、定期的に地図を書く機会をもらって制作して分かるのは、みの周りにあるのもは、あまりにもシレッと主張なく自分の手の周りに収まってくれるので、そのものの重要性というのは見過ごしがちですが、いざ自分が作る立場にまわると、当たり前の「機能」は本当に大切なことなんだなと。思ったりします。
 
なんていっても、私の地図は場所は適当で、他県の友人にそれを見せて回ってもらったら、あとからひどく反感をもらったので、どうにかしたいと毎回毎回苦戦しながら書いてはいるものの、なかなか上達しないので、地図って難しいなぁと毎回思うわけです。
 
そんなこんなで本日のブログ終了です。」
 


hachikai 情報★

こんにちは。夏らしいですね。もう夏なんですかね。夏らしいってなんなのか、最近の天気の関係でよく「夏らしい」って使うのですが、何をもって夏なのかいまいちよく分からなくなってきます。
6月はまだ気持ち的に夏ではないってことだろうな。と思いました。

さてさて、そんな暑くなってきた6月も残すところ2週間弱。

万年橋駐車場の hachikai で6月22日にミニミニアルスノヴァが行われます。

アルスノヴァとは、NPO法人クリエイティブサポートレッツが運営する障害福祉施設で、現在は浜松の入野に居を構えています。

アルスノヴァさんは、毎年6月に行われている路上演劇祭に今年も参加していて今年は『レディオ体操』をお披露目したそうです。
私はまだみたことがないので、どんな感じなのか分かりませんが、
ラジオ体操はやったことあるし、しってます。小学校の夏休みに朝6時に起きてスタンプカードを持って参加したことがある人は多いのではないでしょうか?(今もやってるのかな?)

そんななんとなく体に染み付いているラジオ体操を演劇祭の中で披露する ってなんだか面白そうです。披露というより、体が動きたくなりそうですね。
前回の路上演劇祭でレディオ体操を見ることができなかったあなた!hachikaiへぜひ。


レディオ体操ふくめ、ミニミニアルスノヴァがhachikaiにやってきまよ~



以下詳細・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ミニミニアルス・ノヴァ
6月22日(土) 12:30~15:00

アルス・ノヴァがhachikaiにやってきます!
お昼ね、カラオケ、機織り、お絵かき、封筒作り、積み木、ガムテープ張り。
愉快でのんびり屋のノヴァー達と自由に気ままに過ごしませんか?


レディオ体操 13:00~/14:00~
 ・・・参加する人に合わせて少しづつ変化する、みんなが知ってて誰も知らない新しいラジオ体操です

『音楽の時間』13:00~/14:00~

*「南中野」のライブ
みんなの青春、「バンドやろうぜ!」がぎっしり詰まったノイズバンド。

*「マッスルNTTとすずし」の音楽
みんなでセッション!タンバリン、鍵盤ハーモニカ、太鼓色々。楽しいダンスミュージックに合わせて踊ったり演奏したり。

『太田君とお散歩』12:30~14:30
ちょっとの距離を、じっくり歩こう。
見慣れたはずの風景も、太田君と歩くと豊かな間隔が湧き上がってきます。
うるさかった風や躓くだけだった段差も、どきどきのアトラクションに。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ぜひお越しください。

6月15日(土)の浜松まちなか

こんにちは。むしむしする日が続きますね。
じんわり汗がでてくるようなこの蒸し蒸しな日和。

シソジュースとか、梅ジュースとなさっぱりするものをググッと飲みたくなります。

さてそんな今にも雨が降りそうな土曜日ですが、以前ブログに取り上げた中央郵便局前の地下道でルネッサンスアカデミーの方が絵を描いているのを載せましたが、久しぶりにまた見に行ったらお花の連なる模様が徐々に姿を現していました。

 


上の柄はもうすぐ完成しそうでした。
そのまま今度はソラモへ。今日はゆりの木から程近い広小路通りにある東海調理専門学校系のミズモト学園さんが、かく学校のコースの紹介を兼ねてソラモを盛り上げていました。

東海調理専門学校のブースではマジパンというのを学生さんたちが参加者の人たちに教えながら作っていました。
マジパンとはなんぞや?と思い調べてみたところ、
 
製菓材料の一つで、粉末のアーモンド・砂糖・卵白をこねてペースト状にしたもの。細工をして洋菓子の装飾にもちいられるものだそうで、どうやら、クリスマスケーキに乗っかっているサンタクロースとかの名称をマジパンというらしいです。
ちなみにマルチパンとも呼ばれているそうです。
砂糖菓子だとはなんとなく分かっていたけど、名称がちゃんとあったんですね。
 
 
帰ってきたら、今度はカラクリマシーンズさんたちが29日30日の本番に向けて稽古をしていました。
エスカレータで8Fまであがるのですが、4F5Fあたりで声が聞こえてきたので、何も知らない人はどこから声がするのかわからないまま、不思議な気分で入庫や出庫をしているのだろうなぁと思いました。稽古は厳しそうでしたが、みなさん真剣な顔つきで稽古に励んでいました。
 
そんなカラクリマシーンズさんたちのホームページはこちらです

 
それではみなさん、残りの土曜日と明日の日曜日
楽しんでお過ごしください。

ゆりの木通りのイングリッシュガーデン

こんにちは。雨だか曇りだか涼しいんだか、湿っぽいのか、今年の夏はどうなるんだろう。。。と怖くなるほどの気候です。
 
今日はそんな日でしたか、数日前の晴れたひにゆりの木通りのイングリッシュガーデン!
お花の高低さや色の具合など考えられて植えられています。
 
 
花は街に絶対必要!とは思わないけど、誰かが大切に育てているような花壇を見かけると、引き寄せられる様に見てしまうのも事実です。
ゆりの木通りにある花壇は街の人に大切に楽しく育てられているので、今年もとてもきれいに咲いています。ぜひ、この通りをお越しの際には花に注目して歩いてみてはどうでしょうか?この場所以外にちょこちょことお花が咲いているのか見られますよ。

BOOKS AND PRINTS さんのイベント紹介

台風が近づいているようですね。雨が続きそうな1週間です。
 

BOOKS AND PRINTSさんがまたまた企画してます。(←クリックするとBOOKS AND PRINTSさんのサイトに飛びます)

*****************************

BOOKSTORE in BOOKSTORE
6月8日(土)~7月7日(日)の約1ヶ月間、BOOKS AND PRINTS店内にて、POST(lim Art),twelevebooksとの合同書店“BOOKSTORE in BOOKSTORE”を開催。店内スペースはtwelevebooks濱中敦史氏によってスタイリングされます。

2013年6月8日(土)~7日(日)

イベント/7月6日(土)
書店オーナーシリーズ対談 vol.2
今年2月に開催しご好評いただいた「シリーズ書店オーナー対談」の第2弾の開催を予定しています。お招きするのは、この合同書店にも参加のPOST(lim Art )中島祐介氏。詳細はブログをご覧ください。

◆POST(limArt) http://www.limart.net/
恵比須にある、現代美術、デザイン、タイポグラフィー、写真集古書の他、家具・プロダクトなどを展示と販売するショップ。

◆twelevebooks http://twelve-books.com/
現代写真を媒体に世界中の出版社やアーティストの活動をプロモーションするプラットフォームとして2010年3月に東京を拠点に設立された、インディペンデント・フォトプロジェクト・レーベル。

******************************

写真好きなみなさん。本好きなみなさん。どうぞ足を運んでみてはいかがでしょうか?
きれいな本がたくさんディスプレイされていますよ。

6月8日土曜


こんにちは。日が長くなってきたので時間の感覚が狂ってきたような気がします。
こんなに明るいのにもう18:00か!と。思うことしばしばです。

今日は土曜日だったので街中では家族連れの姿がみられました。
11:00に万年橋8Fに到着すると、hachikaiで自転車の練習をしているちびっ子たちがいました。街中だと、なかなか自転車の練習する場所がないので自転車に乗れない子たちが結構いるそうで、それなら練習場所を街のどこかに開いてあげればいいのでは!というライブハウス窓枠の上島さんがまた面白い提案をして、hachikaiを利用してくれているようです。低い坂も用意してあって

自転車に乗る感覚を掴むのに汗をかきながら真剣にフラフラと練習していた姿をみて、私も昔隣の家の駐車場で練習したことを思い出しました。乗れるときっと世界も広がってまた違った生活を楽しめるんだろうなぁ・・・としみじみ思ってみてしまいました。


さて、次はこちら
中央郵便局前の地下道でルネッサンスアカデミーの学生さん達が外壁をカラフルに変化させていました。この作業は6月30日まで続くそうです。

現在は壁を白く塗る作業が終わって、学生さん達が考えた図案を素に着色していく作業が行われていくそうです。
この昔ながらの地下道がこの作業が終わった後どんな雰囲気に変わるのでしょうか。
また、見にいこうと思います!


超然ゴーインダウン

こんにちは。
雨が降りそうな予感のするお日和ですね。低気圧なのか偏頭痛がします。

さてさて、今日は万年橋ビル8Fでお稽古をしている絡繰機械's(カラクリマシーンズ)さんの劇のお知らせです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

絡繰機械's[カラクリマシーンズ]第14回公演
超然ゴーインダウン

住むところを追われた部族が、大地をさまよい新たな土地へと移っていく。そこには別の人々が暮らしていて、時に彼らと融和し、あるいは衝突し、敗れた側は再び新たな土地を探しはじめる――。アップテンポな展開と激しさ・熱さを核におき、殺陣あり・ギャグあり・シリアスあり、トコロ狭しと走り回って、暑さに負けじと汗ほとばしらせるカラクリワールドが展開されます
日時:2013年6月29日/15:00〜/19:00〜
          30日/10:30〜/15:00〜
前売り:一般1500円/学生500円
当日窓口:一般1800円/800円
場所:劇団からっかぜアトリエ/浜松市西区篠原町21505
問い合わせ:090-9196-5409
                        info@karakurimachines.com

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんな最近のカラクリマシーンズさんたちの稽古場はこんな感じです。

いろいろ舞台装置が出来上がって来ています。稽古の合間に舞台装置を作ったりしているので芸達者というか、演技もできて、物もつくれるのはすごいなぁと、感心しています。

どんな舞台になるのでしょうか?
カラクリマシーンズさんたちのホームページはこちらから↓
http://www.karakurimachines.com/contents/nextstage

だし教室

こんにちは。
今日もいい天気で気持ちがいいですね。なんだかぼんやり眠たくもなるようなお日和です。

毎週末各地でイベントが行われているの中で、みなさんも週末どこかへお出かけになったでしょうか?イベントというと少し背筋を伸ばしたくなる名称ですが、

三米商店さんでは<丸喜屋商店のだし教室>というのが行われるそうです。
以前から定期的にだし教室を行っているので、このブログをごらんのみなさんの中には参加したことがある方もいらっしゃるかもしれません。以下6月のだし教室、ブログから抜粋させていただきました。

6/8(土)10:00~11:30
6/18(火) 10:00~11:30満席となりました

持ち物 ペン

参加費 500円

内 容
煮干し・鰹厚削り・昆布を使った簡単なお味噌汁のだし取り
おだし・お味噌・調味料のブレンドワークショップ
香りとうまみを生かした味噌汁の試飲
    
*当日は「
ザ・パーク24」の5時間分500円の優待駐車券を
当日の受付時に販売します


↓ さらに詳しい情報は以下のURLをクリック ↓

 http://sanyone.hamazo.tv/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

学生時代、料理時間は勿体ない思っていたせいか、作るときは、70%くらいすごい適当でした。でもたまに課題などですごく切羽詰ったときに、料理をすると、その時間がすごく生活のなかで貴重なものに思えて料理や食べることにたいして、この時間は生きていく中で大切な時間なんだろうなと思い、その後久しぶりに新鮮な空気を吸えた気がして、リフレッシュできたことを思い出しました。

それとは逆で、たくさんの人が無心でものを食べているさまを見ると、食べることって何なんだろう。。。と思いマイナスな気持ちになって暗くなったりもします。
小学生のとき決められた時間の中で残さず食べる。ということがかなり重要視されて、それがあってか、いつのまにか食べることが義務になっていたり、なぜか早く食べることも暗黙のルールみたいな感じで、「食べさせられていた」という強制的な食との向き合い方だったような気もします。

高校、大学でだんだん、残すことができるようになったり、残さないような食べ方とか、「食べなくてはいけない」という変な義務感は以前よりはなくなりましたが、まだまだいい食生活とはいえないです。

でもその食と向き合う第一歩が料理をすることなのかなーと、この文章を書いていて思いました。自分が食べるものに対してきちんと一から作ることで、食と向き合う時間が生まれ、丁寧に静かな気持ちで片付けの最後まできちんとごちそうさまでした。がいえるのかなぁ。。。と。

でもごちそうさまは日本的な考え方で、、、、とかまた広げるとまたわけが分からなくなるので、この辺でさようなら。

丸喜屋さんのだし教室、今回はいけなくても、定期的に行われているようなので、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか?