2013年07月 の記事一覧

松菱跡地

本日2度目の更新。
先ほどは盆踊りの練習のことについて更新しましたが、今回は本番の会場・・・つまり 松菱百貨店の跡地での当日に向けて準備していたので見に行ってみました。



いざ!

当日どうなるのか不明ですが、足場が悪いので、鉄やガラスなどの危険なものを取る作業を数人の大人たちが炎天下のなか行っていました。・・・朝から作業を行っているということでした。お疲れ様です。。。。

帰り道、zazacity側の道を歩いていると、先ほどまで砂利や危険物をとる作業をしていた場所が見えました。松菱本館が取り壊される以前は、建物で向こうの景色が見えず暗い感じがしましたが、今は日が直で照りたっていて依然とは(当たり前ですが)ここから見える景色の違いに不思議な感じがします。取り壊された後の敷地に入って、松菱がいかに街の中心に建っていたことが分かったり、日はさんさんと照りたっているのに時間はここだけ止まっているような雰囲気が、囲いの外を歩く人たちを見て思ったりしました。
 
でもここで盆踊りをやることは、浜松に住んでいたり、松菱を知っている人たちにとっては、ちょっとしたハプニングになるようなイベントなのではないかな。と思ったりしました。
 
外から見る景色と、中から見る景色はやはり景色が違います。よ。
 
8月3日(土)4日(日)はゆかたを着て、夏のゆかた祭をお楽しみください。
 
写真左のマツモトキヨシの写真は、松菱前の交差点で信号を待っていたときに見つけた、マツキヨビル開き空間を初めて発見したので写真で写したなんてことはない写真です。
スポンサーサイト

盆踊りの練習最後のお知らせ!!!!

こんにちは。
昨日の浜松の夜は音が鳴らない雷がピッカピッカと稲妻を見せながら空を明るくさせていて、なんだかミステリアスな夜でしたね。みなさんは目撃しましたか?

そんな日は人の行動も少しばかり変になりがちなのかな。とか考えたりして

さてさて、今月から始まった8月3日4日の盆踊りに向けて行われていた盆踊りの練習も明日万年橋パークビル13:00~15:30でついに最後です!

ずっと参加していた方も今回初参加のみなさんもぜひぜひご参加ください。

本番の盆踊りもいいですが、盆踊りの練習も盆踊りの先生が分かりやすく楽しく爽やかに教えてくれるので、練習もなかなか楽しいです。

そんな盆踊り最終回

場所:万年橋パークビル8F     
時間:13:30~15:30            
持ち物:踊りやすい格好。飲み物


水遊び at hachikai

こんにちは。

7月25日ということで、7月も残りあと6日ですね。
早い。夏休みに入った人たちが赤電やまちなかを歩いている姿を見ると、夏休みがうらやましく感じるここ数日です。

今年は美味しいかき氷を食べることを目標に暑さにまけずがんばりたいと思います。
そういえば昨日浜松は全国で2番目に気温が上がったと聞きましたが、みなさん体調など崩されていませんか?熱中症には気をつけて、水分補給をこまめにとって夏を楽しく生活していきましょう。

さて、火曜日のこと、hachikaiではこんなことをやる子達が現れました。
夏休みのようです。

 
そう。まぎれもなくこれは水遊びです。
本当はバーベキューをする予定が道具の調達が出来ず急遽水遊びに変更したとのこと。
 
変化球を打たれたような気分です。
 
水鉄砲に水爆弾となにやら楽しげなアイテムをいろいろ用意して楽しんでいました。
 
私も少し遊ばせてもらいましたがなかなか楽しく、威力のある水鉄砲を買ってみようかな と思いました。
 
みなさんもこの子たちのように夏を楽しみましょう。

最近のゆりの木

こんにちは。
暑さもさることながら、たくさんの蝉の声で音が飽和していました。

ここ最近新店舗がオープンしているゆりの木通りですが、
今夏ごろオープンする現在工事中のお店をご紹介します。

この店構えにピンと来た方はゆりの木通りの常連さんですね。
そう。AVANTIさん(メガネ屋)のお隣です。

 
このダンボールがどうなるのか・・・・気になります。
鏡越しに盗撮なんてしてみたり・・・若手建築家ユニット dajibaがこのお店の空間設計。(というのかな?)をおこなっているそうで、たまに前を通り過ぎると若者が働いています。
 
去年この空き店舗を使わせてもらったものとしては、この空間が建築家の手によって徐々にお店に変わっていく様子が気になるので、ちょくちゅく様子を見て変化を楽しみたいと思います。

みなさんもなんのお店になるか、お楽しみにー。

盆踊りの練習

8月3日・4日に行われる
盆踊りの練習のおしらせです。
 
明日金曜日19日に第2回目の盆踊りの練習が鍛治町交友堂で行われます。
時間は19:30~21:00
 
申し込み不要で、動きやすい格好で、演目の中に団扇のある曲もあるので、団扇があると便利です。
 
 
鍛治町交友堂は写真で2とかいてある場所。
 
前回万年橋パークビルで行われた練習に参加した人の話を聞いたら、「とても楽しかった。」と満足の声をたくさん聞きました。盆踊り経験者も、未経験者も盆踊りは飛び入り参加型の踊りなので、みなさん楽しめるんだと思います。
 
ぜひ、この踊って踊って何も考えなくなって、とろけてしまうほどに楽しくぐるぐるぜ盆踊りの前の盆踊りの練習に参加してみませんか?

ゆりの木通り南側を歩きました

みなさんこんにちは。
雨が降りそうで降らないですね。今日も出かけは雲行きが怪しくて降るかなー・・・・と洗濯物を気にしつつ、でも天気予報は静岡県晴れって出ていたしだ い じょ うぶ。。。だろう!

と気持ちだけで家を後にしたら、12時過ぎには空のいろがソーダ色に見えるほどになったので、日本の天気予報はすごいなと感心してしまいます。
そんな今日、私は万年橋8Fの鍵を忘れてしまい、その間約1時間、まちなかを徘徊していました。

とりあえず、普段あまり行かない 「ゆりの木通りの一番西まで行ってぐるっと徘徊コース」です。

すると、やっぱり、変化が見えました。
新しいお店もあれば、閉店、そして解体中の場所も

 
空いた空間が今後どうなるのか。。。。

そのまま西歩いていくと、本文泉堂の隣にあるコインパーキング。
グラフィティが描いてあるのは前から知っていたのですが、今日久しぶりに見たら、このあたり、もっとグラフィティで埋め尽くしたらすごく見ごたえがあって、空間的にすごくいい場所になりそうなきがして思わず写真でパシャリと。
 
この高い壁とか色が褪せて排他的になっているのも、私にはとても魅力的で、ここに埋め尽くさせたかっこいいグラフィティスポットになったらすごい面白いだろーなーーーー。と。
浜松で気になるグラフィティに出会ったことがないので、(途中で飽きちゃったような、疲れちゃったような、スプレーしたかっただけかのようなもの。など。。。)まぁ落書きですものね。
 
 
さて次の話題はこちら↓
今週月曜日祝日に万年橋7Fで行われた
ざざんざ能舞台 というワークショップが行われたので、見学に行ってきました。
 
参加者のなかに、文化芸術大学で能のサークル?能に携わっている人がいたりしました。

ワークショップだったので、丁寧に能のことを説明しながら実演してくれたり、由来や道具の説明などをしてくれました。
能に限らず、日本の伝統芸能に触れる機会は少ないので、「わからない」という漠然とした距離感がありますが、この分からないとは、バレエが分からないとは違う感覚で、たぶん、日本人というのが引っかかっているのかな。とも思います。
 
とそんなところで、今日はゆりの木通りブログでしたね。また会いましょう。
 


盆踊りの練習第一回目ついに明日!


こんにちは。
3連休初日、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?
この3連休は夏休み前を予感させる3日間で妙にソワソワしてしまいます。

さてさて、今回の万年橋ブログは、8月4日(土)5日(日)に松菱跡地で行われる盆踊り!の事前練習!のお知らせ!

★つ★い★に★

第一回目の練習が明日、この田町パークビル8Fのhachikaiで行われます。
 
・7月14日(日)13:30~15:00万年橋パークビル8F
・申し込みなし不要。
・誰でも自由に参加可能

 
持ち物
・動きやし服装
・踊っていると以外に汗が出てくるのでタオルやウチワがあると便利

(うちわがあると便利なのは、汗を飛ばすだけではなく、盆踊りの中に団扇を使う曲が含まれているからです。)




wikipediaで盆踊りを調べたところ、

もともとは仏教行事でらしく、さらにはかなり、激しく踊り狂い一気に庶民の心をわしづかみにして、仏教行事だったものを、芸能に据え置いたほどの乱舞だったようです。芸能にかわってからは、衣装や、振り付け、音楽などを互いに競い合うようになったようです。
そして、興味深いのは、鎌倉時代以降盆踊りは絶頂期を向かえ、経済力、自治力を得た民衆により、ぞくぞくと新たな盆踊りが考案され、7月に始まり連日踊り明かしながら10月まで続いたそうです。
すると次第に、盆踊りは性の解放のエネルギーへと結びつき、日本では性は神聖なものとされ神社の祭礼を始めとし、世俗的宗教行事の中心に、非日常の聖なる性があるべきと考えられるようになり、盆踊りは性の開放エネルギーを原動力に性的色彩を帯びるようになった。
明治時代には、しばしば風紀を乱すとして警察の取締りの対象となった。盆踊りは未婚の男女の出会いの場にとどまらず、既婚者らの一時的な肉体関係をもつきっかけの場をも提供していた。ざこ寝という、男女が一堂に泊まり込み乱交を行う風習も起こり、盆踊りとも結びつき広まり、ざこ寝堂はほとんど全国の農村には存在し昭和時代にも続いていたという。。。。。


って、なんか盆踊りすごいですね。
乱舞して、踊り来るって性の開放エネルギーって。。。。。
聖なる性があるべき。って。。。。。
昔も今も変わらない人の軸みたいなものってあるなーって思いました。でも、初期のころはきっとそうとう踊り狂った祭事だったんだろうなー。神がかったるというか、なんというか、、


でも去年盆踊りにちょこっと参加したのですが、終わりの見えないエンドレスのループに、次第になにも考えなくなって、頭がそのうち溶けちゃうんじゃないかと少し思って、その光景がちょっと不気味で、これが盆踊りか。と少し納得できたので。

盆踊りに参加したことはない人こそ、ぜひ、盆踊りの体験をしていただきたい!

盆踊り当日は、盆踊りだけではないイベントも盛りだくさん。

こちらのサイトがいち早く、全貌を見せてくれていてとてもワクワクします。

http://duboukoku.blog81.fc2.com/blog-entry-870.html

ということで、盆踊りをもっと楽しくするために、盆踊りの練習みなさんどうでしょうか?
あしたです!

万年橋パークビル

こんにちは。
7月も中旬に入ってきて、このままだとあっというまに8月になりそうです。夜もだんだん寝苦しくなってきました。。。

さてさて、久しぶりに万年橋駐車場の新情報をお知らせです。

車でここへ訪れる人はすでにご存知かもしれませんが、
1階から2階へあがる踊り場?にこんなのが最近います。
車の赤いライトがあたるとまた奇妙。突然置かれ始めたので驚いた方が多いかもしれません。びっくりされた方申し訳ありません。でも意味がわからないのもこの駐車場っぽくていいかもしれません。ふふ
 
でも今後、ちょっとした案内をつけるかもしれませんね。
 
 
 
この写真をとるために、2階へいったのですが、2階にちょっとかっこいい場所を発見しました。
ここへきてもう3年目?くらいなのに今まで知らなかったこの場所。なんかできそうです。無駄にカラフルな電球をぶらつかせたくなります。
 
 きらきらしてうっとりできるかも。上を見上げるのもたまにはいいものです。


ゆりの木通りに NEW SHOP!!!!!!!!!

こんにちは。
いやー急に夏ですね。。。。。
 
梅雨はどこいった?この暑さ、日差し、こりゃーもう夏です。
 
さてさてゆりの木通りに久しぶりに洋服屋さんがオープンしました。おしゃれですよ!
 
ゆりの木通り北側カスミ屋さん隣にDRESS CODEというお店がopen!
 
今年2月ごろに動き始めた気配がしたのですが、その後オープンするところを見れなくどうしたんだろうなーと思って首を長くしてまっていたらついに、オープンしていました
 
 
奥行きのある空間にセンスを感じさせるディスプレイ。
 
現在取り扱っているのは、SWAGGERというブランドの洋服みたいです。
1点1点個性的な洋服。私も着たくなるアイテムがちらほら。
少しお値段張りますが、ここで服を買うためにお金をためて買いに来るおしゃれな男子がくるんだろうなーと思うと、なんだかワクワクうれしくなります。ここで買い物できるのいいなー。。なんて思ったりもするくらい、女子の私がみてもかわいいアイテムがそれっていました。
 

 
そんなDORESS CODEさんは
 
火曜・木曜 :17:00~20:00
土曜日・日曜日:13:00~20:00
お休み:月、水、金

浜松市中区田町224-21

035-458-2112

です。気になるという方はぜひ足を運んでみてください。

水窪へ行ってきました

こんにちは。
2013年、1年ぶりの7月ですね。
上半期も終わり、下半期に突入ですね。

夏休みに近づいているせいか、まちなかには午後1時くらいになると、高校生が学校帰りに街を散策していて、見ていると爽やかな気分になります。

さて先日の土曜日、とある用事で水窪まで行ってきました。

初めて水窪まで行ったのですか、気持ちのいい場所ですね。
浜松市の街のほうからだと2時間で水窪までかかりますが、途中からずっと川沿いを走って行くので、ちょっとした遠足気分を味わえました。

山のほうに行くと、川の水はたっぷり流れてるなと思ったけど、今年もあまり雨が降っていないのでこのままだと渇水になるかもしれないとのこと。
確かに梅雨とはいいつつも雨があまり降っていないですね。

水窪をもっと走ると長野県に行く小さな標識を見つけてここはほんとに県境のところなんだなーと。しみじみ。


 
目的地は空き家です。今後追々このブログでも発表することになるかもしれないので、乞うご期待。
 
帰り際、知り合いの家にお邪魔してきました。
玄関でおしゃべりしていたのですが、目の前の景色が遠くの山までよく見えて、とても気持ちのいいお家でした。玄関を開けるたびに目の前の景色が広がる生活なんて映画のようです。
 
 
 
水窪ちょっと遠いですが、季節を楽しめそうなのどかないい場所でした。
また行ってみたい。とにかく川がきれいだったので、今度行くことがあれば、川に手や足を突っ込んでみたいものです。