2014年03月 の記事一覧

アート・カフェ @三米アトリエ

こんにちは。今日も暖かいですね。
桜があちらこちらできれいに咲き始めていて春を実感しますね。この時期は冬に見られなかった目に鮮やかな色とりどりの花が飛び込んで目に五感に刺激を与えてくれます。

さて今日は先日宣伝した肴町の三米商店で行われた「1日限定アートカフェ」に行ってきました。
去年までゆりの木通り沿いで営業していた sol y somblaの店員さんの御手洗仁美さんという方が参加されているとのことで見に行ってきました。

2014-0329-10

2014-0329-9

2014-0329-6
行ったらちょうどワークショップが終了後だったので、参加者の方々が交流されて賑やかな雰囲気でした。

主催の大倉さんにお話を伺えました。
アート・カフェ@三米アトリエは今回で2度目の開催だそうです。
これからも春と秋など定期的に開催していきたいそうですが、さっそく5月24日25日に再び開催するようで、それというのも、この日は まるたま市

ご本人は仕事の傍らで写真を撮って発表しているそうです。街中をふらっと歩いている人がちょっとアートに触れて炭素インでもらえる場所があることの価値や、浜松でアート活動をする人たちの発表の場や交流する場を増やすことを目的にこの活動を始めたようです。


2014-0329-5
こちらが御手洗さんの作品。個性的な格好や色使いですが、奇抜にならないのは丁寧に人物をたどっている線や筆使いだからだろうかと思いました。人が正面を向いている作品が並ぶと目が合うのでとても迫力があります。


2014-0329-8
この作品を描かれた作者の成田典子さんは大阪の方だそうです。
浜松でのこういう活動の中外県外の人の作品があると、おっ!となぜか気をとてめこの企画がどんな意図で開催されているのかを知りたくなるきっかけになりうるなと思いました。写真は一枚しか撮影していませんが、桜をテーマに奈良時代から昭和に生きた人々と桜が墨で描かれていました。


大倉さんの作品は、写真を写真で撮るのは違う気がしたので撮れませんでした。すみません。


2014-0329-3

次回のアート・カフェ@三米アトリエは5月24日(土)25日(日)10:00~18:00です。
詳細は三米商店のブログまたは、このブログでも近くなったらアップしようと思いますので、よろしくお願いします。

明日は天候が悪いようですが、よい休日を!
スポンサーサイト

マメマメ市ではなくコマメ市

こんにちは。

今日は朝から文芸大学近くの「ギャラリーそれから」(浜松市中区船越町6-16)という馬込川の沿いにあるギャラリーでコマメ市が行われていました。
万年橋パークビルの私と鈴木さんでマメマメ市には2度ほど足を運んだことがあるのですが、今回ZINGを通してマメマメ出展者さんのうちの方と知り合うことができ、出店している方が出しているガラスのグラスを買ったことがきっかけで、今回のコマメ市の情報をゲットしました。

2014-0327-5
写真のように和やかなかわいい雑貨市でした。

2014-0327-2
販売している人によってはワークショップスも開催していたりしました。面白そうだったのが布の端切れを好きな大きさや形に切り、布で出来たかばんに貼り付けたり、ペンで描いたりするもの。女の子がひとり黙々と作っていたので、あまりワークショップを用意した人が手取り足とりせずに参加者が体験できるのが、集中力もあがるし、自分の納得のいくものが生まれそうだなと思いました。また、好きな形に切りボンドでかばんに貼り付け
2014-0327-1
このグラスを数種購入しました。
これを作った作家さんは東京都在中だそうです。これを出品されている方は手彫りでシンプルなお箸を作っています。
ガラスで出来たお箸置きと一緒にお箸をプレゼントしたら喜ばれそうです。
装飾されて煌びやかな箸置きとシンプルなお箸の組み合わせは食べ物を美味しく身体に運んでくれそうです。


2014-0327-3
2014-0327-4
帰りに文化芸術大学の前を通ったら桜の花や木蓮の花などいろいろな種類の花がも開花していました。

春ですね。

週末散歩

こんにちは。
今日はぽかぽかといい天気ですね。
アップしたと思っていたブログがアップされていないとすこぶる気分が下がりますね。。。

ということで少しだけ間が抜けた記事をアップしますね。

浜松市市立高校美術部の卒業生有志が集まって組んでいるhamitというグループが今までの活動を各々の作品とともに展示していました。

2014-03-23-1
私は彼女たちの活動を去年の秋、ゆりの木通り手作り品バザールで目撃しました。青いつなぎ(よく見ると雲が描かれています)に背中に箱を背負って街をただただ歩いています。よく箱の中をみると箱の中に小さな絵が入っていて、道行く人たちは何気なしに彼女たちの活動と一緒に箱の中の絵を見る。といようないろいろな要素が詰まったhamitのハプニングのような活動
2014-03-23-2
hamitといえば青いこのつなぎ
2014-03-23-4
そして背負っている箱
2014-03-23-3
この写真は砂浜?中田島砂丘?とにかくいろんな場所に飛び出して活動している様子。

他にも個人それぞれの作品が展示されていました。
が、こんな参加型の企画もまた混じっていました。「空色キッチン」
2014-03-23-5
野菜絵の具。
タマネギ、ニンジン、紫キャベツ、カボチャなど数種の野菜から色を採取したようです。
2014-03-23-6
それぞれ並べるときれいな色ですが、紫キャベツはピンク色の発色がとてもよく出ていました。
2014-03-23-7
粒粒が残らない野菜絵具はインクのような色で、見ているとうっとりする色でした。

そんな感じで楽しませてくれたhamitの展示。今後の活動に注目です!
twitterのアカウントは→ @hamit_infoでチェックしましょう!

また、鴨江アートセンターのロビーでは現在浜松市出身のアーティスト スサイタカコさんのワークショップから生まれたへんてこな生き物たちが勢ぞろいですよー!

『チクチクヌィヌィヘンテコアソビバ展』3月21日~4月6日までです!
2014-03-23-13
2014-03-23-14
2014-03-23-15

ウキウキルンルンな世界が鴨江アートセンター1階ロービーに勢ぞろいでますよ。見るだけでとっても楽しい気持ちになるのでぜひ!


掲示文について云々

こんにちは。
昨日は天気がよかったのに今日また雨がしとしと降っていて恵みの雨です。

寒かったり暖かかったりして服装調整が難しいですが風邪に気をつけてお過ごしください。


さて、今日は久しぶりにクリエート浜松へチラシ調達のために行ってみました。
すると、なんとなく、見やすく、置いてあるチラシの種類も面白いような気がして、なんだろうか・・・と思ってぐるっと周ってみたら、掲示板が新しくなっていることに気付きました!

2014-0320-2
2014-0320-1

ガラスケースの掲示板を見つけたことで、「あっ!新しくなったんだ!」と理解しました。

いつから新しくなっていたのか分かりませんが、きれいな掲示板と、チラシの豊富なチラシは、多いけれどチラシを引き立てるなと思いました。

万年橋パークビルの掲示物を担当してから何年か経ちますが、掲示するばかりであまり他の掲示板と比較したとがなかったのですが、古いものを知った上で今回の新しくなった掲示物コーナーは刺激になりました。

掲示物コーナーはチラシの量も必要不可欠だと認識。今更感はあるけれど単純に、チラシを掲示するということを考えるきっかけになりました。


ということで、万年橋パークビルでもチラシやポスター相変わらず募集してますよー。ぜひぜひお持込ください。

はままつがんこ祭

こんにちは
天気がいいですね。気持ちがいいです。

先日は土曜日から街中はがんこ祭で賑わっています。
鍛治町通りが通行止めになっていることもあり道路が渋滞したそうです。

2014-0316-1
2014-0316-2

万年橋パークビルへ来る間に衣装を身にまとった団体と遭遇して、8階について窓の外に目をやると、いろんなところに派手な衣装を身にまとう人たち。なんだろうと思い街に繰り出してみることにしました。

2014-0316-4
なんと鍛治町通り通行止めでした。そして賑わっている!!「賑わう」は人が多い時に使う言葉だなとしみじみと思いました。

さてがんこ祭、今までなんとなく毎年行われているのは知っていたけれど、見に行くことはせず。。。ただなんとなく気になったので第14回めの今日初めて見に行ってきました。
2014-0316-3
たぶんこの場所がメインの舞台。
前の席はすでに人が陣取っていて横からか、遠くから見るのがマストでした。
2014-0316-6
この浜松がんこまつりは14年から前から始まっていたそうです。
そういえばお祭というと、宗教がらみのものをイメージしますが、浜松の市をあげてのおまつりは浜松まつりが代表とされますが、浜松まつりにしろ、がんこ祭にしろ、祭と付いているものの、本来もっている言葉の意味とは違ってフェスティバルという言葉のほうが腑に落ちる感じですね。

浜松まつりは盛大に行われるので、宗教とかはないけれど、初子を街をあげてのお祝いするという意味ではかなり言葉の垣根を行ったり来たりしていそうですが。。

初めてのがんこ祭。(ソーラン節のようなものだろうか・・・?そもそもソーラン節がどんなものかいまいちよくしらない)面白かったのが、踊りを踊るメンバーとは別で掛け合いのような声を出す人がいること。
音楽に合わせて声を出したり、言葉やメッセージを伝えるさまは、アイドルの歌の掛け合いと少しだけ似ている気がしました。
この大学の人たちは「あなたにえがおをとどけたい♪♪♪」を女の子2人がきゅるんとした声で会場の人たちの心を鷲掴みしていました。

踊り終わった後は、観客に向ってほとんどの団体が「みてくださった皆様に最大の笑顔をもって」「ありがとうございましたーーー」というような感じで、みている人に対する気遣いがとても爽やかでした。


2014-0316-5
この三ケ日みかん組み(JAみっかびみかちゃんふぁみりー)は「み・か・ん み・か・ん」とか、「三ケ日みかん!」とかいろいろ声を出していました。
この団体の演目が見れたのでかなり満足して万年橋まで帰ってきました。

16日の夜は104団体総勢4440人の中から選ばれた団体6組が優勝を目指して戦うようです。最後には怒涛のファイナルそう踊りというみんなで踊り狂うような踊りが19:30前に鍛治町通りのヤマハの前で行われるようです。だんだんと日も暮れてきました!休日最終日に暑い踊りがまだまだ繰り広げられるようです。お楽しみにー

ざざん座能舞台

こんにちは。雨ですね。この様子だと1日中雨が降り続けていそうです。

さてさてと先日のキャンドルナイトはhachikaiがキャンドルの炎がゆらゆら揺れてとてもきれいでした。たくさんの人がこのイベントに足を運んだそうです。
万年橋パークビルで今月末にまたイベントがあるのでお知らせします。
こちらのブログでも情報載せています。


                      2014-0313.jpg

日時:3月30日(日)/14時~16時
会場:本駐車場の7階
入場無料
演目:羽衣・・・三保の松原で漁師が拾ったきれいな衣装は、実は天人の羽衣でした。天人の嘆きを見た漁師は、代わりに舞を見せてくれるならば衣を返すといいますが、はてさて・・・・・。よく知られた昔話がどう化けるか、ざざん座風のアレンジをご期待ください。

*演目前に羽衣の見どころと鑑賞の解説あり*
さらに!終了後に能装束をつけたシテとの撮影会(無料)と17時からは交流会(1,000円/食事)も予定

予約は不要ですが、前回立ち見が出たとのことなので、ぜひ事前のご予約をお勧めします。

申し込み・問い合わせ
電話/090-3242-7011(鈴木)
電話/090-2130-7392(小澤)
メール/info@zazanza.jp

*なんと4月26日に予定されている「家康楽市」で家康君との共演が決定したようです。
去年バスターミナルの下で行われたクリみりゅ効果でしょうか?知らないかたはこちらのyou tubeをご覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=G4HXvVcpAdE
(動画が貼れないので、すみませんがリンク先へ飛んでください。)


こちらはざざん座能舞台のFBページです。
https://www.facebook.com/zazanzanoh


興味のあるかたぜひぜひ3月30日は万年橋パークビル7Fまでお越しください。





蛇足(ついに蛇足。でもブログのボリュームが物足りない気がしたので・・・)

3月11日は東日本大震災ですが、前日の3月10日は東京大空襲という追悼の日が続きますね。
戦争での悲惨な出来事と災害からの悲惨な出来事はどちらも歴史に綴られる出来事です。この2日間が並んでいて、ギリギリニュースで報道される時だからこそ、「過去に起きた出来事」が新しいことに押され続けて文面だけになっていく状況について、記録の残し方みたいのを見直せないものかなと思ったりしました。
これについての私の考えはこれという掴みどころのない空っぽなもので、常に空しいです。でも過去と現代と未来の連なっているものへの憤りと希望からくるのではないかと思います。

という感じで、今日のブログ終わり。

チャリティキャンドルヨガ開催

3月11日の万年橋パークビルでのイベント情報です。

2014-0309-2

チャリティキャンドルヨガ開催
 3月11日(火)
 19:00~20:30
 万年橋パークビル8F hachikai
 参加費無料


3年が経つんですね。

浜松でもいろいろな場所で3.11のイベントが行われると思います。
少しでも頭の片隅に残すこと、起こった出来事を後の人たちに伝えていくこと。そのために少しでも考えることが必要な作業になるのではないかと思います。

やる気や夢を喚起させられるような2日間になるかも

こんにちは。

光の加減が春らしく眠気眼なお日和です。
そういえば昨日浜松街中でついに雪がごみのように舞い散るのを確認できました。
よかった。毎年ゴミみたいに舞っている雪をみると、浜松にいることを実感できます。それにしても寒い日でしたが。。3月11日の今日は昨日に比べたらそこまで寒くないですね。

さてさて、3月15日、16日クリエイティブな人たちが興味を持ちそうなイベントが2日続けて鴨江アートセンターで行われます。

まずは15日のイベントはこちら   

                 2104-03-09

“DORP INSPIRATION 2014~地方から紐解くデザイナーのこれから~”
というイベントです

まず、DORPとは何ぞやですが【Designer Open Resource Project】の略称で、浜松に関わりのあるデザイナーに焦点をあて、その持てる力を引き出すためのプロジェクトで、2013年度から始まったそうです。

デザイナーという職種を浜松という都市を選び働いているが、どことなく物足りなさを感じているのは、他の状況をよく知る環境がよく見え、一番は、考える力があるからだろう。
今感じている物足りなさを改善、発展して盛り上げていく足がかりをつくるために、DORPの活動は始まったのではないかと、私は思います。

そして浜松の多くのデザイナーにアンケート調査をおこない、取材活動やトークイベント、WEBやフリーペーパーの発行など、幅広い活動を行ってきたそうです。その集大成ともいえるイベントが15日に鴨江アートセンターで行われます。

“DORP INSPIRATION 2014 「地方から紐解くデザイナーのこれから」”
登壇者:鷹野雅弘(スイッチ) / 中川直樹(アンティー・ファクトリー) / 黒田義隆(ON READING) / 三迫太郎 / 関口裕(コンセント) / 三浦佑介(shubidua) / 藤田雅臣(tegusu) / 吉田朝麻・友野可奈子(ZING) / 鈴木力哉(planpot)

日時:2014年3月15日(土)12:30受付 / 13:00開演(~18:00) / 懇親会18:30~

場所:​鴨江アートセンター(旧名称:鴨江別館)​静岡県浜松市中区鴨江町1番地

料金:2,000 円※学生:1,000円(懇親会参加の場合は別途4,000円)

申し込み方法:ATNDでのお申し込み または、メールでのお申込み

受付期限:2014年3月14日 (定員:100名)

主催:DORP実行委員会

お問い合わせ:info@dorp.jp

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

学生さんは1000円で聴講できるようです。ぜひぜひ、ちなみに、ZINGもトークイベントの登壇者として参加させていただきます。ぜひぜひ

そしてこちらも

はままっくすデザイン会議2014

残念なことに、チラシの画像がアップできませんでした。詳しくは浜松市のホームページをご覧ください。

はままっくすデザイン会議2014

こちらもまた浜松でクリエイティブな活動に関わる方や、これからのみなさんにお勧めしたい企画です。

聞きに行くだけではなくせっかく参加しているのだしその場にいる人や登壇者の方々と交流をしてみるのがいいのではないのでしょうか

さよならインフォラウンジ・静岡銭湯展

こんにちは。
急に冷えましたね。今日もひんやり寒いです。
街中では夕方からほろ酔い祭りが開催されて賑やかな雰囲気です。ちなみに今日が最終日です。


万年橋パークビル1Fにある「たけし文化センターinfo lounge」が約3年間の運営を持って終了するそうです。
今までレッツに興味のある人がアルスノヴァによる前に寄ったり、場所作りに興味があったり、ふらりと立ち寄る、打ち合わせ、近隣の人たちなどなど、お店ではないので入りにくいと評判の、しかし、居心地のいい人には病みつきになると評判の「たけし文化センターインフォラウンジ」が3月末でおしまいになります。

この場所の今後の形態にご期待していただくとともに、3月14日ぜひみなさん立ち寄ってみてください。

また、BASEの上の階で以前銭湯トークをした湊三郎さんが銭湯展を開催中!


『しずおか銭湯展』
日時:3月10日〜16日12:00-19:00
場所:BASE lab 3F (静岡県浜松市中区伝馬町312−21カメヤビル南館3F


そして14日はなんと銭湯トークが開催!
以下詳細↓

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                  2014-0306


日時:3月14日 19時15分より 『浜松銭湯ナイト』
場所『しずおか銭湯展』会場の下階、Bar BASE。
料金:1200円1drink

ゲストは関西銭湯マニアの二大巨匠、林宏樹さんと松本康治さんです!!

林宏樹
フリーライター。著書に『京都極楽銭湯案内、『京の銭湯 本日あります』などがある。

松本康治
『HP関西の激渋銭湯』でお馴染みの関西銭湯マニアのドン。
http://www.sairosha.com/meisento/sento.htm

しずおか銭湯展のオープニングパーティーも兼ねている(銭湯展は10日開催ですが)ので、ぜひいらしてください^o^ 浜松でマニアックな銭湯トークが聞けますよ♨︎


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


銭湯展に銭湯トーク鬼暑です!!

ぜひ、はしごしてイベントお楽しみください!

新しい飲食店オープン/牛若丸

こんにちは。
曇り空で空が真っ白くてまぶしいです。

気温もだんだん寒くなくなってきまして春がもうすぐくるのかなーなんて会話もちらほら。

お別れと出会いで忙しい季節が近づいてきています。

さて、3月1日に新しい飲食店ができたのでご紹介します!
ゆりの木通りから広小路通り交差点を北に少しあがったところに牛若丸という牛ホルモン丼専門店がオープンしました。
お昼前でお腹が空いていなかったので食べなかったのですが、いろいろお話を聞かせてもらい、店員さんの気さくさはオドオドとお店に入店してお話を聞かせてもらった私にとってとても救いでした。。(というとても個人的な感想です。)

2014-03-04-1
2014-03-04-2

大きさは
小盛450:円/並盛:600円/大盛:750円
別皿で牛皿:450円/白飯:150円

その他サイドメニューで味噌汁やポテトサラダ、生卵など、ちょこっと食べたり、トッピングが充実しています。お昼時にさっと食べることが出来てさっと食べることが出来る飲食店が少ないなか、こういうお店は街中で働くサラリーマンや学生の方に人気のお店になるのではないでしょうか?

ぜひぜひ!