2014年05月 の記事一覧

黒板とキッチン

こんにちは。
今日も天気がいいですね。チラシをもらいに今日は浜松市科学館まで行ってきました。
今年3月にプラネタリウムがリニューアルしたそうで、とてもきれいにデジタルの星空が鑑賞出来るそうです。

また金曜日のナイト・プラネタという中部ガス協賛で仕事帰りの社会人向けのプラネタリウムの夜間投影では、
●6月13日はしょこたんのワンダー宇宙●6月27日は~星と海に抱かれて~アジアンヒーリング
時間/18:30会場、19:00開演 19:50終了 / 料金500円
が行われているそうですよ。

さてさて今日の本題はこちちら!

         
   2014-0529-1


たけし文化センターインフォラウンジが閉じてから少し寂しくなった万年橋パークビル1Fですが、名前や内容を新にオープン!黒板とキッチンが開きますよー。

以下、大と小とレフの鈴木一郎太さんより本文を預かりましたので以下引用し、ご紹介します。

===========================================
万年橋パークビル1階に「seminar room黒板とキッチン」がオープンします。
さまざまな分野のセミナーを提供する場所ですが、セミナー時間外は自由に時間をすごせる場所です。
使い方は人によって千差万別。
自習やちょっとした作業、小さなサークルの集まり、材料を持ち寄ってキッチンでお昼会、小さなイベント開催などなど。
スタッフにご相談ください。
だんだんとセミナーも充実できるようがんばりますので応援よろしくお願いします。

----------------------------------
seminar room 黒板とキッチン 概要

あなたにとっての新しい“なにか”との出会いを。

【施設概要】
「黒板とキッチン」は、学びを象徴するものとしての「黒板」と、食べものを通して垣根を越えた交流を促す設備としての「キッチン」を備えた、セミナールーム兼交流スペースとして株式会社大と小とレフが運営しています。
黒板に書かれる文字や絵、キッチンで作り出される料理が人によって様々であるように、私たちの暮らしには多様な知恵や技術や感性がたくさんあります。黒板とキッチンはそうしたものが重なる場所として、まちに開いていきます。

【事業概要】
・セミナー開催
黒板とキッチンは多様なテーマに渡るセミナーを開催します。
「○○さんの○○という知識を学びたい」
「△△さんの△△という技術が気になる」
「□□さんの□□な考え方って今まで出会ったことがない」
「××さんの××って何?」
知識を深めたり、興味があったことに近づいたり、知らない世界を覗いてみたり、よくわからないものについて考えてみたり、そんな機会を提供します。

・交流スペース・キッチン運営
セミナーをやっていない間は、休憩したり、自習したり、人とおしゃべりしたり、お昼を食べたり、自分のやりたい作業を進めたり、誰かが始めた企画に参加したり、設置してあるキッチン設備を使用することもできます。
貸室ではないので、人の出入りを制限することはできませんが、材料持ち寄りの昼食会、読書会、井戸端会議など、複数の人で集まることもできます。随時スタッフまでご相談ください。

・駐車場管理
田町パークビル株式会社からの委託を受け、立体駐車場「万年橋パークビル」の管理を昼間の時間帯行っています。

seminar room 黒板とキッチン
住所 430-0944 静岡県浜松市中区田町327-19 万年橋パークビル1F
営業時間: 11:30~18:30(セミナー開催時は変動)
定休日: 水曜
e-mailアドレス:kokuban.to.kitchen@gmail.com
ホームページ:http://kokubantokitchen.wix.com/bbandk(整備中)
ブログ: bbandk.blog.fc2.com(整備中)

・運営
株式会社大と小とレフ


-------------------------
seminar room「黒板とキッチン」オープニングパーティ

「黒板とキッチン」オープンに際して、ささやかにオープニングパーティを行います。
少々の食べ物と飲み物をご用意してお待ちしますが、差し入れ大歓迎です。

日時:2014年6月6日(金)19:00~22:00
会場:黒板とキッチン(静岡県浜松市中区田町327-19 万年橋パークビル1F)
============================================================

ということで、以前からジワジワ黒板とキッチンという名前をブログでも上げていますが、
6月13日(金)は19:00~22:00までオープニングパーティ黒板とキッチンであります。どうぞみなさん覗きに行ってみてください。
オープンは6月9日からですよーーーー!
オープンの日はこちらのセミナーです!以下も引用。

===========================================

seminar room「黒板とキッチン」オープニング企画
「コミュニケーション・ツールとしての「まわしよみ新聞」編集法」

コミュニケーションを促進し、他者や多様な意見と出会うオープンソースのツールとして全国各地での拡がりを見せる「まわしよみ新聞」の発案者・陸奥賢さんを迎えて、まわしよみ新聞の実施と、トークを行います。

日時:2014年6月9日(月)
19:00~20:50 「まわしよみ新聞」実施
21:00~21:45 トーク「まわしよみ新聞が体現する、コミュニティ+他者へのアプローチ」
陸奥賢(コモンズデザイナー)
※どちらか一方の参加でも、もちろん大丈夫です。

会場:黒板とキッチン(静岡県浜松市中区田町327-19 万年橋パークビル1F)
参加費:無料
お問い合わせ先:メール kokuban.to.kitchen@gmail.com

新聞というメディアの起源については諸説あるようですが、17世紀イギリスの「コーヒーハウス」で集まっていた男たちが交わしていた政治談議を「書き留めて、みんなに教えよう」ということから始まったという説があるそうです。
現在はインターネットも加わり、メディアは巨大化の一途をたどっていますが、大きくなるにつれて一人で読む側面が強くなり、それを介して意見を交わすことは少なくなってきているように思います。
もともと「コーヒーハウス」という「共有場=コモンズ」での意見交換の積み重ねから生まれた新聞を、「ぼくらの新聞=コモンズ・メディア」として身近に引き寄せる試みが「まわしよみ新聞」です。

学校の授業、社内や自治会のコミュニケーション促進プログラム、文化施設の自主プログラムなど、活用の機会は様々あります。「まわしよみ新聞」は、だれでも主催できるオープンソースですので、一度やり方を覚えてしまえば、その活用は自由です。この機会にぜひ体験してみてください。

陸奥賢(むつさとし)
観光家/コモンズ・デザイナー。1978年大阪生まれ。「大阪七墓巡り復活プロジェクト」「まわしよみ新聞」「直観讀みブックマーカー」「大阪モダン寺巡礼」などをプロデュース。「都市」「墓」「新聞」「本」「寺」といった日常的な物事をモチーフにしながらも、それらを意外な角度から光をあててブリコラージュすることで「世界の観方」を変容させていく。ココルーム理事。NPOまちらぼ代表。

主催:黒板とキッチン、株式会社大と小とレフ
協力:田町パークビル株式会社

==========================================

ということでまた告知しますが、お楽しみに!としか言い切れませんね!!!
スポンサーサイト

万年橋パークビルがNHKで放送されますよー

こんにちは
初夏のような気温ですね。昨日雨が降ったのでなんとなくムッとした空気です。

今日万年橋2階の女子トイレにチラシを交換しに行ったら窓際に誰かの忘れ物らしきもの、または掲示して欲しかったのか微妙なショップカードが置かれていました。

                  2014-0527-1

                  2014-0527-2
気になったのでホームページに飛んで見ました
http://www.harmotech.co.jp/atelier/
まだ作ったばかりのようなので作品の数をあまり見ることはできませんでしたが、どうやら先日行われたまるたま市に出店していたようです。
まるたま市

この記事を書いている私は先日松本市のほうでZINGの活動をしていたので、まるたま市の様子をしらないのですが、様子を聞いていると大盛況だったようですね。
今回は出店者、来場者はもちろん前回よりも通りのお店がこのイベントを利用して商売をしていたそうで、街のイベントとして認知が高まっているのかも知れません。なんとなくばらばらに見えたものが全体として俯瞰して見えるようなものになると盛り上がっているようにみえていいかもしれませんね。
手作り品バザールが10月にゆりの木通りでありますが、こちらも盛り上がるとよいです。
出店募集も6月1日から始まります!!!!みなさんの応募お待ちしています!


ところで5月30日に万年橋パークビルがNHKの番組で取り上げられます。
数ヶ月前まで1階にあった『たけし文化センターinfo lounge』(もうすぐ黒板とキッチンとして新に開く場所)を中心に放送されることと思います。いったい全体どんな風にこのビルやたけし文化センターinfo loungeがメディアに載ってテレビで放送されるのでしょうか。
下記に書かれている「現代を生きづらいと感じる大人たち」という言葉。生きづらいという言葉はいつごろから使われるようになったのかはわかりませんが、生きづらさという言葉、私はアスペルガーとか、ドメスティックバイオレンスとかの言葉が一般の人の中で聞かれるようになったころからちょくちょく耳していたのかもなと思いました。

現代も過去もその時代時代での生きづらさがあったことでしょうか、それどころでもなかったというのもありそう。。生きづらい!と感じさせる余白が生まれているのかもしれません。

と、この場所のことを知っているからこそ沸き起こる他者から紹介されたときに提示された言葉が気になりつつ、なんだろうなんだろうと考えることが好きで?得意で?考えずにはいられなくて?それに対して返事を返す人がこのビルに多いような気がしますが。。。
ということで以下番組の紹介です。↓

東海北陸ヒューマンドキュメンタリー「あなたのやりたいこと~浜松駐車場ビルに集う」

5/30 (金) 19:30 ~ 19:55 (25分)

お金にならない。一見ムダ。けれども新しい何かを生み出すきっかけになる。現代を生きづらいと感じる大人たちが、自ら開くイベントを通して、いったい何をつかむのか?

番組詳細
静岡県浜松市にある立体駐車場ビルは、様々な背景をもつ大人たちが夢を実現する場になっている。ビル管理に関わる会社の社長の意向で、3年前から空いた駐車場のフロアを誰でも自由に無料で使えるスペースとして開放しているのだ。人付き合いが苦手な人がネットで仲間を募って行う「バケツでプリンを作る会」。定職を失った男性が開く「自作の詩の朗読会」。人々が、イベントを通して自分の居場所を見つけていく姿を追う。

【ナレーション】坂本美雨
================================

7:30~はクローズアップ現代と思っていたけれど、こんな番組もあったんですね。フムフム
ということで30日は早めに帰宅してNHKを鑑賞することにしましょう。楽しみです。

Brocante スペシャルエディション第3回!

こんにちは。
前回のブログでさくらやBOXさんに偶然会った時に教えてもらったイベントです。

                  2014-0522-1

cote de chambre
という洋服屋さんが主催のBrocanteというイベントです。実は毎月第3木曜日に開催されているプロカントというイベントのようですが、今回はスペシャルバージョンだそうでとても賑やかになりそうです。

日程:6月1日(日)
時間:10:00~17:00
所:〒430-0919 浜松市中区野口町218-5
電話:053-545-7318


さくらやBOXさんも出店されるようなので、行ってみようと思います。

DUAL+ by カラクリマシーンズ

こんにちは。
天気がいいですね。アクト通りにあるブティックの犬や、工事中のおじさんも眠そうにトラックに座っていて、目が合ったら何かを訴えかけてきたのでウンウンとうなづいてその場を去りました。すると、向こうからさくらやBOXの忠内さんがやってきて、6月1日にあるイベントのお知らせをいただきました。
あまり行かない道を歩くとたいしたこと無いことが新鮮に感じますね。
忠内さんのイベントは次のブログでお知らせしますが、今日はカラクリマシーンズさんのお芝居のお知らせです。

なんと、今週24日~6月15日の間に6回も万年橋7Fでカラクリさんたちのお芝居が上演されます。
いつも万年橋で稽古をしているカラクリ・マシーンズさんたちの劇を見る機会が無かったのでこの機会を逃さないよう7F。近いのでいけるいけると思うといつの間にか終わっているパターンに注意して皆様是非足をお運びください。

    2014-0520-1 2014-0520-2



以下絡操機械’sのホームページより

#1 ナイフ投げ師の犯罪  原案『范の犯罪』志賀直哉×『ナイフ投げ師』スティーブン・ミルハウザー
#2 通行のルール  原案『週末のフール』伊坂幸太郎×『ガードマンのお仕事』松本俊一
#3 迷宮の夢  原案『見えない都市/精緻な都市1』イタロ・カルヴィーノ×『円環の廃墟』ホルヘ・ルイス・ボルヘス

<上演スケジュール> ※全日程とも18:30開場/19:00開演
5/24(土) #1 ナイフ投げ師の犯罪   #2 通行のルール
5/25(日) #2 通行のルール      #3 迷宮の夢
5/31(土) #1 ナイフ投げ師の犯罪   #3 迷宮の夢
6/ 8(日)  #1 ナイフ投げ師の犯罪   #2 通行のルール
6/14(土) #1 ナイフ投げ師の犯罪   #3 迷宮の夢
6/15(日) #2 通行のルール      #3 迷宮の夢

※6/15(日)の上演順について、フライヤー及びDMでは「迷宮の夢」→「通行のルール」になっておりますが、「通行のルール」→「迷宮の夢」へ変更となっております。ご了承願います。

<出演者>
#1 ナイフ投げ師の犯罪
  伊藤彩希、太田直宏、森歩(5月)、上野果実(6月)、たばるとも、柿田美紅、
  河野丈志、小粥幸弘、中西祥子
#2 通行のルール
  小粥幸弘、古橋紀宙、中西祥子、たばるとも
#3 迷宮の夢
  中西祥子、たばるとも、伊藤彩希、太田直宏、河野丈志

<会場> 万年橋パークビル7F(浜松市中区田町327-13)

<料金>
前売一般 1day 1000円/2day 1500円/フリーパス 2000円
前売学生 1day 500円/2day 1000円/フリーパス 1500円(大学生以下)
当日各300円up

※日にちの指定はありませんのでいつでも観ていただけますが、席数確保のため事前にご来場の日にちがわかる方は、絡繰機械’s(info@karaurimachines.com)または劇団員までお知らせください。

※チケットの乗り換えについて
1dayもしくは2dayチケットでの観覧後、もっと観たい!という方は下記プラス料金でチケット乗り換えができます。
■乗り換え料金
1dayから2day または 2dayからフリーパスへ → プラス700円
1dayからフリーパスへ           → プラス1400円

===============

ぜひぜひみなさん足をお運びください。
お楽しみに!

露草市に行ってきました。

こんにちは昨日は強風でしたが、今日はのんびり穏やか、ぽかぽかと眠くなるようなお日和です。
週末をみなさんどうお過ごしですか?5月はいろいろと出かけたくなりますね。街でもちょちょっと楽しいイベントが盛りだくさんですよ。

今日明日お勧めの雑貨市はこちら!

2014-0517-1
露草市です

2014-0517-2

2014-0517-3

2014-0517-4

オープンが11:00で、11:00ちょっと過ぎに行ったらすでに写真のように混みこみでした。
今回で6回目の雑貨市、お客さんの期待を一心に背負って、今回も素敵なお店屋さんが並んでいます。
さすが人気の雑貨市です!

今日は20:00まで
明日は17:00までなのでみなさんぜひ!お財布を片手にルンルンしながら買い物や会話を楽しみながら露草市をお楽しみください。

露草市
↑クリックすると、露草市のブログへ飛びます。

ちなみに来週は肴町でまるたま市ですね。
雑貨市で街を徘徊するのにいい機会かもしれません!ぜひ!来週はまるたま市へも行ってみてください。

万年橋パークビル1Fのこと。

こんにちは。
蒸し暑い日が続きますね。
このまま梅雨に突入してしまいそうです。

そういえば、ここ最近花博ガーデンパークに行く人の声を頻繁に耳にします。
6月上旬か中旬には終了するので、どっちにしろ1ヶ月きっています。おはやめに!

さてさて、話は変わりまして万年橋1階の元 たけし文化センター info loungeがただいま大改装中です。
今回の解体作業をしてくれているのはプロの大工さんと、万年橋8Fのいろりのある部屋を作ったときに大活躍してくれた文化芸術大学の坂野君と河合君。この二人は万年橋パークビルに大変強力な助っ人としてたまに現れ、作業をし去っていくというスタンスで、この駐車場に関わってくれています。いつもありがとうございます。

この場所の名前も「黒板とキッチン」に変わりまして、新しい場所がもうすぐ開かれるはずです。
何をする場所なんだろう、どんなことが出来るんだろうなど、気になる方も多いと思います。ぜひぜひオープンをお楽しみにー。

2014-0515-2
2014-0515-1
2014-0515-3
2014-0515-6

街中の新しいパンケーキ屋さん

こんにちは

今日は気温が高いですね。昨日は30度くらいまで上がると予報が出ていましたが、実際のところどうなんでしょうね。今日は蒸し暑くて外にでると目が焼けるようです。

春だと思っていたらあっという間に初夏ですね。今年の夏も暑くなりそうです。

さて、先週できる前からうわさになっていた新しいパンケーキ屋さんにお昼に行ってきました。

MARK'S CAFE
営業時間   10:00~20:00。
浜松市中区板屋町104-1 D'sタワー
定休日    火曜日



2014-0508-6
街中にある高層マンション D'sタワー1階にできました。
2014-0508-4
店内はすっきりとした印象。カウンター席もありました。
2014-0508-3
そして私が頼んだパンケーキはこちら↑バナナがトッピングされたものです。甘いだけでなく、チーズが中に入っていて

プルマンカフェとはまた雰囲気の異なるパンケーキ屋さんです。
お昼ごろには3~4人組みの主婦の方々が集まってお昼の時間を楽しんでいました。お昼にきままに気の知れた人とご飯を食べたりお茶ができる場所ができるのはいいですね。


2014-0508-5
さて、最後に万年橋パークビル1Fの工事の様子。(数日前のことなので、今日のインフォは写真とはまったく違うことになっています。)
ここがどんな風な場所になるかお楽しみに。

成田礼【夏花】 静銀ギャラリーの展示のお知らせ

こんにちは

ゴールデンウィーク、浜松まつりが終わってもぬけの殻の人、五月病の人、夏休みを待ちわびる人など、長期休みが終わって少し気が抜けてしまったという人もそろそろ時間の感覚が元に戻ってきたころでしょうか?
一昨日まで金沢に行ってきた人に聞いたら、「とっくに抜けてるよ」と一蹴されたところです。
そんなことを聞いてしまう私こそ、寝ぼけているのかもしれませんが、なんでしょうね。。。?

さて、展示のお知らせです。
アート作品としてコサージュ作品を制作している方の展示が5月9日10日と静銀ギャラリー四季で行われます。

何気なく認識していたことですが、コサージュとは花をモチーフとした飾りだそうです。

ウィキペディアをみたところ、

コサージュ (Corsage) は、女性がドレスや衣服に着ける花飾り。コサージとも呼ばれる。生花あるいは紙・布製の造花、リボン、チュールから作り、慶事の服装を引き立たせるために肩・胸部・腰部などの胴部、手首に着用する[1][2]。婦人服の胴部、身ごろを意味するフランス語の Corsage が語源。男性が礼服の上着に用いる花飾りはブートニエール (Boutonnière) と呼ぶ。

様々な材料を利用できる。製作者は、身に着ける人の服を汚さず、色を移さず、そして耐久性があり、変な方向に向かないことにも注意して作る必要がある。


とのこと。

成田礼「夏花」

会期:5月9日~10日
時間:10:00~17:00
会場:静銀ギャラリー四季 アゴラ8F(静岡銀行田町支店)
*入場無料


2014-0508-1

http://ameblo.jp/ayanrtworks/

↑ 作家さんの作品や情報が見られます。↑

今日フライングをして搬入中にもかかわらずノコノコと覗きに行かせて頂きました。

成田さんのコサージュ作品は色とりどりのきれいなオーガンジーを始めさまざまな色の布を組み合わせて、エアリーな雰囲気や気分の明るくなるような作品で、色の世界にスーッと入り込めるので鑑賞していると、とても心地がいいです。

展示前なので写真はアップできませんが、ぜひみなさま足を運んでみてください。




*静銀ギャラリー四季 アゴラの場所は少し分かりにくいですが、外に四季までの案内看板があるのでそれにしたがって行ってみて下さい。

2014-0508-7
田町中央交差点を南に歩いていくと静銀の前に着いて、いくつかの看板が見つかると思います。
写真の一番奥の看板を頼りに、、、

2014-0508-8
この写真まで行ってみて下さい。ここまで来れたら案内にしたがってこの静銀の裏(駐車場がある方)へ!手前のちょっと地味な入り口から8Fへ上がってみてください。

会期は2日間だけですが今年も精力的に活動を進めていくようなので、興味のあるかたはブログをチェックしてみてください。