2015年02月 の記事一覧

2月最終日

こんにちは。2月も今日で終わりですね。
そんな今日は少し天気が穏やかで過ごしやすいです。明日は雨の予報が出ていたのでどうなることやらです。

というのも明日はソラモのところではままっくすデザイン会議2015というのが行なわれて、私も参加しているので雨で寒かったりすると嫌だなぁ・・・・と。
花粉の季節でもあるし、そういう点では雨の日は少し花粉が弱まるので嬉しいのですが、そんな日にわざわざ外にでるのもなんだかかんだかなぁ・・・・と。。グダグダなにもない日は思うのですが明日はそうは行きません。
明日ソラモあたりを通った際にはぜひはままっくすデザイン会議も覗いていってみてはいかがでしょうか?ワークショップやトークセッションなどいろいろやっていますよ。

さてお次の話題。

2015-0228-3
万年橋パークビルでもお世話になっている絡繰マシーンズさんの劇団員の1人のたばるさんが出演している『僕は嘘から始まった』という演劇を見てきました。
なんと出演されているたばるともさん、実はこの舞台の原案者でもあるのです。『僕は嘘から始まった』という詩集、なんと現在Amazonで購入ができるそうです!

そんな詩集が舞台化されたのが今回のものです。

私達は16:00~のBバージョンを見てきました。
2015-0228-5

こんな場所にこんなところがあったのかという驚きもありつつ舞台を堪能してきました。
朗読劇のような雰囲気もあり、僕と私が出てくきたのですが、この二人にいったい何が起こってそうなったのか、劇になったからこそ気になったのかもしれません。詩集ならすんなり読める詩の言葉も、劇になると人が現実に動いて発するから何か答えがでるのかなと思ったけれど最後までわからずでした。

少し難解な劇でしたが、想像力をフル回転させられるものだったので、いつもつかっていない場所がピクピク動く感じがなんとも気持ちが良かったです。

以下はたばるともさんのブログから抜粋させてもらいました。↓↓↓

================================
一冊の本に綴られた、コトバが紡ぐセカイを舞台へ
同じ言葉を使いながら、全く異なる「再会」と「別れ」の物語


■原案:たばるとも
    詩集『僕は嘘から始まった』
■構成・演出:狐野トシノリ
■公演日:2015.2.28(土) A ver.①14:00/③18:00
            B ver.②16:00/④20:00
     2015.3. 1(日) A ver.⑤11:00/⑦16:00
            B ver.⑥13:00/⑧18:00

     Aver.:Don't leave me alone 【再会】
     Bver.:Forget me not 【別れ】

■チケット(☆ワンドリンク付き)
 前売一般1000円/学生(大学生以下)500円
(※当日200円up)
 ◎お得なABver.共通チケット 前売一般1500円/学生800円

■会場 Peta下(仮称)
『STUDIO Peta』脇の階段を降りた隠れ家的な隠れ家!(笑)
なので『STUDIO Peta』へたどり着いていただきましたら
すぐにわかると思います。
=================================

2日間限定で明日で終わりですが、興味のあるかたぜひぜひ。


スポンサーサイト

はままっくすデザイン会議2015

こんにちは

今日は生憎の雨ですね。雨は久しぶりのような気もしますが気のせい・・・?曇空は多かったような気がしますが・・・
2月も残り3日間で、2015年が来たと思えば、すでに2ヶ月が過ぎ去ろうとしています。
月と季節があるお陰で、一応時の流れを感じることができます。日本に四季とそれに合わせた感情表現があるところでよかった。

さてさて、残り3日で2月は終わりますが、3月1日に駅のソラモでこんなイベントが行われます↓
浜松の価値をマックスにする創造的なデザイン会議
はままっくすデザイン会議2015
2015-0226-1

=======================================
はままっくすデザイン会議とは

『はままっくす』とは、デザイナーやクリエイターがその創造的活動によって、浜松の価値を最大化(マックス)していくことを意味する合言葉です。クリエイティブなボを掘り起こし、内外のネットワークとつながることによって、浜松地域の創造性の可視化、浜松地域の創造的人材のネットワーク化、浜松地域の創造的活動の促進を目指してきました。
========================================

このはままっくすは過去に現在の鴨江アートセンターで行なわれていたイベントで、浜松を中心に活動をしているクリエーター同士の発表の場が授けられていました。
今回はプレゼンテーションでなく実演というか実践というか。。プレゼンテーションだけでは伝わらない

万年橋パークビルでもお世話になっている+チックの二人が主導の「みんなの工房」やゆりの木通りでたまに場所をひらくZING、カギヤビル1階にNEWSHOPというお店を開いた メディアプロジェクト・アンテナや、
数年前から注目を浴びているFABLABOという場所で、日本での中で唯一認定された浜松のTAKE SPACE、にぎわい協議会、ホシノマサハルさんの缶バッチ作りなどなど他にもいろいろな団体がソラモに集まりますよー。

今まではある限られた空間で限られた人しか聞きに来なかったイベントでしたが、今年はこの総括のような感じでワークショップ中心で、参加型のイベントになったようです。

またワークショップだけではなく、トークセッションもあります。なんと、静岡県内でとても有名で人気者の久保ひとみさんもトークイベントのコーディネーター役として登壇するそうです。以前ゆりの木通りの手作り品バザールでテレビの取材に来た時もすごい人気だったのを覚えています。
========================
『クリエイティブが掘り起こすまちの力』
13:00〜14:45 トークセッション

まちとクリエイターの関係ってどんなもの? 「クリエイティブ」ってどこにあるの?
雑誌『ディスカバージャパン』総括編集長の高橋俊宏さんと、プロジェクト・エディターの紫牟田伸子さんが、いま地方都市で起きている事例を紹介するとともに、地元代表・久保ひとみさんの「なに?」「なぜ?」という素朴なツッコミによって解き明かしていきます。
========================

そんなこんなで3月1日浜松駅周辺へ用事の方は、ソラモで行なわれているはままっくすデザイン会議を少し覗いていってはいかがでしょうか???

http://hamamax2015.dorp.jp/

それでは今日はこのへんでっ!

いつも歩かない道を歩く

こんにちは。

午前中は温かいと思っていたら、午後になるにつれてまたひんやりと風が冷たくなってきました。
明日はどんな天気なのでしょうか・・・!?

さてさて、たいてい街なかをうろつくときは肴町や有楽町あたりを散策するのですが、今日は久しぶり板屋町周辺からアクトの方へ足を運んでみることにしました。

と、歩いていたら、去年有楽街から移転したinabayoshieやヨーガンレールのお店の前を通りました。というかそれによって自分がいかにあの周辺をあるエリアを限定して歩いていたことが分かります。
2015-0224-1
路面店なのですぐに見つかると思います。
以前に紹介した板屋町カフェを東に少し歩いたところにあります。広小路通りからは少しわかりにくいかもしれません(北に向かって歩いていればわかるかな・・・?)

そして、入ったことはないけれど以前から気になっているFioreというイタリアンのお店にこんな張り紙が・・・
2015-0224-2
2015-0224-3


Fioreで修行中の人のピザが食べられる日
4月19日
11:00~14:00/17:00~20:00
1枚690円~


このお店の前を通ると開いていても閉まっていても、なんだか美味しそうだなぁ・・・と思って前を通り過ぎていたので、今日たまたまこのチラシを見て、まじまじと見入ってしましました。そんな行ったこともないのにこの場で宣伝みたいなことをしていいのかわかりませんが、以前から行ってみたいお店だったので、載せてみます。

こんなそんなでたまに歩かない道を歩くと新しいものやなんだこれ?と町並みが目新しくなるので楽しいですね。
狭い範囲しか周回でいないけれど、歩きだと小さくて細かい変化も見落とさないようなきがするので街なかは歩くのが楽しいなと思います。

と、そんなこんなで花粉シーズン到来ですがすごく苦しくなってきましたが、楽しみを見つけつつ頑張って乗り切りたいと思います。

ゆりの木通りのお店

こんにちは。
日曜日は雨の予報が出てていましたが、今日いつ雨が降ってもおかしくないような空模様の浜松です。

先週木曜日の19:00~ 黒板とキッチンにて、静岡文化芸術大学文化政策学部長教授の根本敏行さんと、社会学者の新雅史さんをゲストに『商店街で出来ること、商店街が出来ること』というタイトルのトークイベントが行なわれました。

2015-0221-5
(写真中央に立っている人が新さんです)

新さんは2012年に『商店街はなぜ滅びるのか』という商店街に関係する人ならばびっくりするようなタイトルの本を出したことで有名です。そんな新さんがゆりの木通りに来て、商店街の繁栄や現在のある姿や、事例を上げたりしてお話してくれました。
面白かったのは最後に新さんが、ゆりの木通りに4つやってほしいこと(だったような)という話の中に、若い人が挑戦できるような、間口のとても小さなお店の話。これは沖縄にある『市場の古本屋 ウララ』という日本一狭い古本屋さんの話を例にあげていました。周りの協力(近隣のお店など?)は必要だけれど、お金はきちんと取ったほうがいいですね。というような話をされていて、なんだかいいなぁと。以前のBOOKSANDPRINTSさんのような雰囲気なのかな?とおぼろげにおもいました。
(あそこの空き店舗は未だにお店が入っているんだかいないんだか・・・?入ったような気がしたのですが、気のせいだったようでなかなかシャッターが開きません)

一方文化芸術大学の根本先生はゆりの通りが浜松の中でどんな位置にあるのかをお話してくれて、飲食店が街なかに増える中、ゆりの木通りに物販店が集まってきている現在の状況について、ある見解から語ってくださいました。なかなかそういう話は大学の授業内などでしか聞いてこなかったことなので、その事例がまさにこの通りだと聞いていてなかなか実感できるんだかできないんだかという不思議な気分になりました。

普段商店街にいて、ゆりの木通りが4年前とは違う匂いのする通りになっていることは雰囲気として感じ取っているのですが、ある事例の中で「ゆりの木通りは・・・」という話はできないので、先生方の話を聞くのはほんとに大学の講義を生徒として聞いているようで面白く、また実際にこのゆりの木通りにお世話になって変化を感じられるくらいには居座ってきたものとして今後のゆりの木通りの変化を想像するのが楽しくなるようなトークイベントでした。

そんな街にまつわるトークイベントの2日後の今日、ゆりの木通りの招き猫というカラオケ屋さんの外壁を変えていたのでパチリと。(ちなみに昨日テレビのCMで静岡の3店舗が一気にリニューアルオープンしますよー!というもの)
2015-0221-2
2015-0221-3
写真ではわかりにくいかもしれませんが、このビル、どうやらほぼ全面ガラス張りだったようです。この江間布団店からカギヤビルまでの3つのビル、ガラスに戻ったら建物の元の姿が少し見えて、いい雰囲気なんだろうなとか、並びのビルの統一感がまた出て景観が良くなるんだろうなーなんてことを考えつつ、壁のとれたところを写真で収めたいなー・・・と思いながら通り過ぎました。新装オープンが少し楽しみです。

そして最後は、少し前からですが、preciousJunkさんがセールをしているようなので、知らない方のたまにお知らせです。
2015-0221-1
70%オフなので結構お安く買えるのでは!と
あるお店の宣伝になるのですが、このお店のような宣伝をしているお店が少ないような気がして珍しいので、古着好きな若い子ぜひ!ってかんじです!

ということで今日はこのへんで。
また来週もよろしくお願いします。

映画上映のお知らせ

『じんじん』という映画が3月27日・28日の2日間クリエート浜松で行なわれるそうです。

2015,0219-1

あらすじ===========================
「絵本の里」として知られる北海道上川郡剣淵町を舞台に、人の優しさや親子の絆を描いたハートフル・ドラマ。大道芸人の銀三郎にはひとり娘がいたが、娘が6歳の時に妻と別れて以来、会うことを許されずにいた。ある日、幼なじみが経営する農場を訪れた銀三郎は、農業研修にやって来た4人の女子高生と出会う。広大な自然や町の人々との交流の中で打ち解けていく銀三郎と少女たちだったが、ただひとり、彩香だけは心を開かずにいた。やがて、銀三郎は彩香の秘密を知り……。
===============================
この彩香役を浜松市出身の女優小松美咲さんという方が演じているそうで、舞台挨拶もあるそうですよ。

浜松ではクリエート浜松2日間限定で上映されます!!!!!!!!!!

3月27日(金)
①10:30~(開演は30分前)
②13:30~(開演は30分前)

③16:00~(開演は15分前)
④18:30~(開演は15分前)
27日の③の上映後と④の上映前に彩香役の小松美咲さんの舞台挨拶が予定されています。

28日(土)
10:00~(開演は30分前)

入場料金
【前売り】一般 1,000円 【当日】一般 1,500円
【小中学生】800円

チケット取り扱い店=============================
谷島屋書店 浜松市内全8店舗、浜松市市民協働センター、
アクトシティ浜松チケットセンター、HCFオンラインショップ、浜松市企画課
=====================================
【主催】
映画「じんじん」浜松上映実行委員会

【お問い合わせ】
映画「じんじん」浜松上映実行委員会事務局(浜松市企画調整部企画課内) ☎053-457-22241

クリエートでの宣伝は↓こちらをクリックどうぞ!
http://www.hcf.or.jp/facilities/create/event/detail.php?id=15313

映画の公式ホームページはこちらを
http://www.jinjin-movie.com/

1ヶ月以上先のことですが、ご興味ある方はお早めにご予約いただくことをおすすめします!

ゆりの木通り商店街リニューアルホームページに向けて

こんにちは。
昨日も少し雪が降りましたが、今日は少しは落ち着いたような・・・
まだまだ寒い日は続きそうですね。


先日も少しブログに書きましたが、ゆりの木通りのホームページをリニューアル中でして、ウェブデザイナーの鈴木力也さんに頼んで、私たちでも更新しやすいものにしてもらっています。
やり方はFBやブログと似たような感じで画像も文章も画面上の支持通りに入れると、それが既存のレイアウトに反映されるので、とても簡単なのです。

新規店舗がまだ追いかけられていないので、これから写真を撮りに行ったりアンケート取りに行ったりするのか・・・な・・・と。以前のホームページとはまた営業の仕組みも変わっているお店もあるだろうから、変えたいお店もあるのかな・・・などと、そんなことを思いながら、とりあえず今ある情報を載せているところです。


閉店してしまったお店もありますが、2011年に開設したホームページから新たに15店舗(それ以上かな・・・?)のお店がオープンしています。
今年も春にはpreciousJunkさんの向かいにPreciousJunkさんの2号店がオープンしますし、他にもゆりの木通りで今開いている場所に新たなお店がオープンするかもしれません。
肴町や有楽街で飲食店が増えつつありますが、ゆりの木通りは物販店の進出が多いので、乞うご期待。

PreciousJunkは古着屋さんですが、駅近くのだるまやというお店の隣で以前までは金属アクセサリーを扱うお店が閉店した後、どうやら次は古着屋さんがオープンするようです。浜松にもまた古着屋さんが増えていくかもしれませんね。



やをのま会謡初め

こんにちは。
月曜日までの寒さから、ここ数日日中少し暖かさを感じる日が続きますね。
そうすると段々と花粉の季節になってくるので苦しい季節突入する人も多いのでは。。。

さてとさてと、今週日曜に本ビル4階にあるゆりの木舞台で やをのま会謡初めが行なわれます。
入場無料で誰でも見られるとのことですので、能に興味のある方や、お好きな方ぜひ足をはこんでみてはいかがでしょうか?

やをのま会謡初め
1月15日(日) 
15時~16時 
 

2015-0212-1


やをのま会の方より   ********************************

 元亀元年(1570年)浜松城に入城した徳川家康は、七世観世宗家・宗節を迎えました。翌年正月から「高砂」「老松」「東北」の謡初めをしたと云われています。やをのま会でもこの三曲を含め、旧正月に謡初めを続けて30年になります。
 今年は家康公没後400年にあたり、岡崎・浜松・静岡では多くの行事が予定されています。
 ゆりの木舞台は浜松城とJR浜松駅の中間にあり、どちらも徒歩10分以内です。ご来場をお待ちいたします。

******************************************

このブログでも何回か能の舞台があるときはお知らせしていますが、なかなか駐車所の4階のオフィススペースに能舞台があるとは、外から見ただけではわからないと思いますが、でもやっぱりあるのです。

そしてそんなホントにあるの!?っていうところにあるゆりの木能舞台で1月15日にやをのま会謡初めがありますので、ご興味あるかたぜひ。予約も不要ですよ。

街の変化を感じながら街を歩く

こんにちは。今日は少し天気が穏やかなので過ごしやすいですね。

そんな今日は風もあまりないので歩いやすいので、久しぶりに神明町の方まで歩いてみることに。というのも、最近ゆりの木商店街のホームページを新しく、更新しようと作業をしているのですが、3年くらい前に比べると結構お店が変わっていることに改めて気付かされたので、さらに視覚的に実感してみよう。とそんなことを思いました。
すると、結構閉じているお店もありつつも、その後新しく入ったお店も結構多く、街並みの変化を感じます。また、カギヤビルや三展ビルなど、地上ではわかりにくいけれど2階以上に新しくお店を構えた人が多いので、新しい風のような街の動きがありますね。

そんな変化の匂いが感じられるのがここ。
2015-0207-2
またまたプレシャスジャンクさんのお店が!!4月にこちらの空き店舗へまたまたオープンします!移転なのかな???

プレシャスジャンクのブログ⇒ http://ameblo.jp/preciousjunk2014/

洋服だけでなく、家具や雑貨も販売されるような雰囲気で、ブログを見ていると海外の風景がチラホラ見れたりして楽しく、4月のオープンが待ち遠しいです。

そして、2月9日で終わってしまいますが、現在カギヤビルの4階ギャラリーで 濱田英明さんの写真展が開催されています。
2015-0207-3
2015-0207-4
濱田さんは知っている人の中にはファンだ!なんていう人もいそうですが、雑誌KINFOKや、YEYEというアーティストのジャケット写真を担当したり、自身の子どもの写真を撮った「haru to Mina」とい写真集も出版している今人気の写真家さん。

彩度高めの光がキラキラ飛び散っているような雰囲気の写真が魅力的だなぁと思いながら魅力を感じています。

そんな濱田さんの写真展は9日(月)までですよー。

BOOKS AND PRINTSでは頻繁にトークイベントも行なわれているので、そちらも要チェックですよ!!
Face bookが一番情報が早いかもです。
https://www.facebook.com/BOOKSANDPRINTS


さらに今日はワークショップの日で、木を削って小さなぐい呑みたいなものを作っていました。
人が並んで壁に向かって黙々と木を削る光景はにやって笑ってしまうような、いいものを見た感じがしました。

黒板とキッチンでは月に4~6個くらいのワークショップなどが行なわれています。

情報はこちらからどうぞ ⇒
ブログ http://bbandk.blog.fc2.com/
ホームページ http://kokubantokitchen.wix.com/bbandk



そんなこんなで、来週もまたよろしくお願いします。

MANIMANIさんでカワカミヤスコさんお衣服が見られますよ。

先日までとりいさんで行なわれていた「木綿の布と織物展ー染色作家:カワカミヤスコ/遠州織物:古橋織布」
のカワカミさんの作品が、あのあと、MANIMANIさんというお店で巡回展のような感じで、作品が販売されていましたよ。

このMANIMANIさん、衣類や雑貨などを売るお店で、2013年にはオープンから10周年という、けっこう前からやっているお店でした。
この通りをあまり通らないので、知らなかったです。

2015-0205-9
2015-0205-5

こんな感じでカワカミさんコーナーが!
2015-0205-2
2015-0205-4
2015-0205-3
カワカミさんの新しい品物も入荷して、先日行われた展示とはまた少し違う雰囲気の中、手に取りやすい雰囲気で置かれていましたよ。

MANIMANIさんにはこんなフェアトレエードの商品も、静岡に拠点?があるみたいです。
2015-0205-6

時間帯をみたら、10:00~日の入りまで とのこと。なんだかいいなぁ・・・と。
長野県に私の好きなレストランがあるのですが、そのレストランも、夏場の野菜が取れる時期のみの営業で、そこも表記が日没まででした。
2015-0205-7

そして帰ろうと裏の駐車場へ行ったらこんなところが

2015-0205-10
元々は機屋さんで、今はデイサービスになっていたのですが、
なんだか妙に凝った作りになっていて、一緒に行った万年橋の基生さんと話をして、きっとこの前はデイサービスではないお店だったのではと話に。

飲食店か雑貨屋さんか、、、、なんだったのか気になるところです。
普段行かない場所に行くと目新しく見えるものがたくさんあって面白いですね。

MANIMANIさん情報********************

〒430-0907 静岡県浜松市高林3-11-8
TEL&FAX 053-474-0410
営業時間 am10:00~日の入り

*****************************

徒然

こんにちは。
雨が降ったのでひんやりしていますね。寒い日です。最近知り合いがインフルエンザ等で寝込んでいたりする話をよく聞くので、風邪を引かないように出来る限りの対策をしておきたいものですが、なかなか油断して過ごしてしまいます。

さてさて、ゆりの木通りにあるBOOKS AND PRINTSで一昨年行われていた 若木欣也さんの紙袋展がなんと2月14日から 静岡市のD&DEPARTMENT SHIZUOKA by TANITAさんのところで再び行なわれるそうですよ!!
2015-0205-11



知る人ぞ知るBOOKS AND PRINTSの最年長スタッフで、カギヤビルに完全移転する前までは、欣也さんがよく店頭に立っていたので、それを目当てに行くファンもチラホラ、
そして、その欣也さんが描いた袋を手に入れるためにものを買いに来て袋を手に入れる!なんていう人もいたのだとか。今は固定の袋に変わったようですが、今でも話題に登る欣也さんの紙袋。静岡市で見られますよー。

そして、たまにお昼を食べに行く板屋町カフェで、今日はじめてわかったことが、
火曜日と木曜日は、魚祭り?の日らしくランチの魚ランチのメニューがすこぶる抱負なことが分かりました。いつも目に止まって履いたけれど、意味がわからず、今日行ってその意味がわかりました
刺し身や、煮付けなど、魚の種類によって調理方法が違ったり、どんな魚かもその週の日に寄って違うようです。

そんな発見をしつつも、私は三ヶ日コロッケ定食を注文しました。950円と少しお高いですが、美味しいのでたまにはいいのでは!

と、そんな雨が降りそうで意外に降らないそんな日のぼや気ブログでした。