2015年03月 の記事一覧

Precious Junk/Custom Fever移転オープン!

こんにちは。

土曜日に「浜松城公園ではお花見客でいっぱいだった。」という話を聞いてから4日目経ちますが、本当にいたるところでいろいろな花が咲き誇ってもちろん桜も満開ですね。今週末頃にはちらほら散っていきそうな雰囲気でもありますが、もう少しお花見は楽しめそうですね。
黄色い花から始まって、今ではもうピンクの花やモキチョウもたまにパタパタ飛んでいるのを見かけます。春ですねぇ・・・

ゆりの木通りを歩いていてもあまり春を感じませんが、空気の暖かさで冬の終わりと春の始まりを感じることがありますね。ずっと寒かったので、暖かいとほっとします。こうやって暖かいと思っていると次第に夏になると思うと暑すぎるのは苦手だなぁ。などと思ったりしますが、今は新しい季節の訪れを楽しむこととしましょう。

そんなゆりの木通りにあるPrecious Junkさんですが、そろそろ新しいお店がオープンしそうでした。というか、もうオープンしているみたいです!ブログ情報!
http://ameblo.jp/preciousjunk2014/

2015-0331-1

今三展ビルに入っているPrecios Junkさんが、通り向かいに移転して、
田町中央交差点を南に行ったオオクボビル2階にあったCustom Feverさんが三展ビルに移転してくるそうです。

同じ系列のお店が同時移転です。

そしてそして、現在絶賛SALE中なのだそうで、店内の商品が50%もオフしてくれるそうですよ!
若い子たちも楽しめるPrecios Junkさんの古着の数々ぜひぜひ、学校帰りなどに楽しんでもらえたらなと、陰ながら思います。ちょうど今は春休み期間中なのでおしゃれした若い子たちが遊びに来ていることでしょう。。。
駅前にも古着屋さんがオープンして、最近また浜松にも古着屋めぐりが楽しめる感じになってきました。古着屋さんめぐりだけでも結構行動範囲広く楽しめそうですよ。

詳しくはブログをチェックしてみてください
http://ameblo.jp/preciousjunk2014/
スポンサーサイト

まちの〇〇屋さんプロジェクトvol.0  とうふ屋

こんにちは。昨日の夕方から天気予報通り、雨が降り続いていますねしかも力強く。
今日も1日雨らしいのでみなさん足元お気をつけて外出して下さい。

と、またまたまた?みんなのはままつ採択事業の展示が行なわていますよ。
まちの〇〇屋さんプロジェクトvol.0  とうふ屋
元文泉堂の建物で、22日までとうふ屋さんの展示です。

っていうとよくわかりませんが、名前の通り豆腐屋さんにフォーカスした展示です。
以下、展示会場で配布していたパンフレットから引用↓
=======================================

「まちの〇〇屋さんプロジェクト」は時代背景を踏まえた生活スタイルや仕事に対する価値観の変化を通して、現代社会における小規模食品製造販売業についてクリエイティブな視点をかけ合せ考察するプロジェクトです。 初年度にあたる今年はvol.0として「とうふ屋さん」に焦点を絞り、このプロジェクトのプロトタイプの形成を目指しました。

=======================================
とのこと。


ちょうど行ったら、女性が中に入っていくところでした。なんだか料亭のようなエントランス。
2015-0317-5
入るとすぐ、そのパンフレットが高校と光る台の上に乗っかっています。
2015-0317-6
中に入るとパネル展示が数枚と、映像作品が。
山城大督さんという映像作家さんの映像作品です。作る人と買人の目線で映像が切り取られています。
カメラをおそらく作る人や買う人の頭につけている様子なので、映像がグラグラして少し酔ったけれど、全部見ると(15分くらいかな・・・?)作り手から消費者へ豆腐が流れていく様子が明快で気持ちがいいものだなと。見終わった時思いました。

2015-0317-7

黒板とキッチンでもとうふ屋さん展示のことが載っています↓↓
http://bbandk.blog.fc2.com/

中日新聞のWEB版にこの展示のことが取り上げられていました。↓↓
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20150316/CK2015031602000041.html

と、そんなとうふ屋さんの展示の詳細はこちら

<展示会場>
旧文泉堂書店(静岡県浜松市中区連尺314-1)
オープン時間
平日12:00~18:00 / 土日11:00~19:00


<映像設置店>
展示会場以外でも映像が見られるようです。↓
●豆八豆腐
営業時間 7:00~18:00頃
定休日 日曜日
住所 浜松市中区小豆餅3-26-12
※駐車場がありません。

●三才豆腐
営業時間 10:00~19:00
定休日 日曜日
住所 浜松市東区篠ケ瀬町927-2
http://sansaitohu.web.fc2.com/

●株式会社丸守(直売店)
営業時間 9:00~16:00※土日のみ
住所 浜松市東区有玉西町790-10
※展示は直売店が営業している土曜と日曜のみになります。
http://tofu-marumori.co.jp

<参加作家>
映像 山城大督(美術家・映像ディレクター)
のれんデザイン カゲヤマメグミ
パンフレット・チラシデザイン 桑田亜由子(グラフィックデザイナー)
会場デザイン (株)大と小とレフ

<主催>大と小とレフ(LSR)
<協力>(株)高忠商会
<助成>浜松市(みんなのはままつ)創造都市プロジェクト
=======================================

今日を入れて残り4日ですよ~。ご興味あるかたぜひ!

こどものせかいをつくろうよ@黒板とキッチン

こんにちは。今日はとても暖かい日ですね。久しぶりの天気と暖かさは気持ちを少し軽くして気分がいいものです。冬は無意識のうちに体がこわばって肩が凝るような日常でしたが、こういう日がだんだんと増えて気持ちも服装も軽くなるのでしょう。最近は木々の花の色もついてきて、ピンクや黄色など、冬には見られなかった色が目に飛び込んで来るのさえも久しぶりな感じがします。今日は文化芸術大学の卒業式と聞きました。別れと出会いの季節でもあるのですねぇ・・・ひゃー春です。

さて、そんな年度終わりに、万年橋パークビル1階の黒板とキッチンの黒板と壁の一部がとても賑やかなことになっていました。
2015-0317-1

『こどものせかいをつくろうよ』
というもの。
どうやら先日8階で行なわれていた空想楽器博物館と同じく2014年度みんなのはままつ想像プロジェクト採択事業の1つだそうです。
こちらは『こどものせかい創造工房』という名前で2014年5月から、まちあるき等基地局25回 しかけのワークショップ8回 アウトプットイベント3回と、これまでにたくさんのことを行って来たようです。

そして、今回の黒板とキッチンでの黒板占拠は、これまでの活動を黒板いっぱいに発表しています。
たくさんの写真をみていると、小学校の時に廊下に貼られた遠足やら社会科見学やらの写真を思い出します(今もあるのかな・・・?)

当の本人たちは遊びにくいと感じているのかどうかはさておき、最近の子どもたちは昔のように遊ぶ場所が減っていたり、遊びにくい環境にあるのだとか・・・地域の人の目があるようなないような、〇〇してはダメなど、遊びにくそうなのだとか・・・どこにいくにもゲームやスマートフォンやら何やらをいじっている子をよく見かけますが、、なにも持っていない子たちはどうやって日々を過ごしているのか・・・という疑問が湧いてきます。

なんてことをつらつら書いていたら、子どもたちがやってきて駄菓子屋が開店しました。
2015-0317-2
この展示期間たまにオープンするみたいです。なので開いてない日もあったり、きょうはたまたまラッキーな日です。今日は卒業式だからか人があまり通らず、人集めに大変そうです。街なかの子どもたちは何処に潜んでいるのやら。。。

と、今週いっぱいはこの展示がやっていそうなので、おそらくたまに駄菓子屋もオープンするのではないかと思います。

空想楽器博物館始まりました!

こんにちは。今日はとても風が強いですね。外気も久しぶりに寒くて、寒さが戻ってきたような感じです。まさに三寒四温なこの時期です。いつごろまで続くのでしょうか。

さて、先日ブログでお知らせした『空想楽器博物館』が日曜日から万年橋8階で始まりました!!初日は『空想楽器博物館 なんだこれ楽器発見プロジェクト』の入賞者への授賞式があったようですよ。
2015-0307-1

こんな感じでカラフルな吹き出しか凸凹飛び出しています。
2015-0310-1
2015-0310-5
会場には実際に作られた楽器や文章の中での楽器等様々。とくに実際にものがなく、文章だけの空想楽器を読んでいると、空想の楽器を頭のなかで想像するので、きっとその楽器を考えた人とはまた違う楽器ができているんだろうと思うと余計にその人が考えたがっきのイメージを具体てきに知りたくなってきます。

2015-0310-4
こちらの楽器が、大賞をとった空想楽器。たくさんありますが、1つ以外は贋作というか、他の人が見よう見まねで作ったもの。どれが本物で、どんな音がするのかは、ぜひ会場へ来て文章を御覧ください。

2015-0310-2
こんなキラキラしたものから、ストローがたくさん突き刺さって、音が沢山なってちょっとうるさそうな(でも実はきれいな音が出るのかもしれない)楽器などなど、空想楽器がたくさんならんでいました。
2015-0310-3

空想したおもちゃや楽器、ゲームなど子供の頃はよく考えていたような記憶がうっすらありますが、いつものまにかそういうことをしなくなったなぁ・・・としみじみ。空想力を鍛えたら楽しくなりそうです。

また8階の西側は今月下旬に行なわれる絡繰マシーンズから2人の役者さんが主演演出する『モユルヒ』という舞台のために絶賛設営中です。
2015-0310-6
2015-0129-1
2015-0129-2

空想楽器博物館 @ 万年橋パークビル8階

こんにちは。
今日は曇空ではありますが、空気が済んで気持ちが良い日ですね。いつもこのブログの初めには天気のことを書いて始めるのが日課になっていますが、そのたびに、今日の天気のことを考える時間が短いけれど、結構好きです。

さてはて、今月は万年橋パークビルで幾つかイベントがあって賑やかな感じですが、
明日からこんな展示が始まりますよ~!

2015-0307-1
空想楽器博物館サイト⇒ http://umi-hamamatsu.com/
2015-0307-2

空想楽器博物館~なんだこれ楽器発見プロジェクト~
というタイトルも面白いプロジェクトが今年のみんなのはままつ創造プロジェクトで採択されて進められてきた事業なのだそうで、今回の展示に至る前には、ワークショップやシンポジウムなども行ったりしてきたそうです。

以下は空想楽器博物館のホームページから抜粋したものです↓↓↓=============
このプロジェクトでは、誰も見たこともない楽器、誰も聞いたことのない音を出す楽器、演奏方法もわからない楽器、そんな未知の楽器のデザインやアイデアを世界中から集め、HPやイベント「空想楽器博物館」で展示します。 また、期間中には、シンポジウムや子供向けのワークショップなども開催し、人が持つ創造力の素晴らしさと新しい楽器を創り出す楽しさを未来に伝えていきます。

8日から始まる展示では、いろいろな人が応募した空想楽器のいろいろが見られそうですよ!

====================================

■空想楽器博物館 〜なんだこれ楽器発見プロジェクト〜

「なんだこれ楽器 入選作品展示会開催!」
http://umihamamatsu.hamazo.tv/e5937778.html

【アクセス】
住所:〒430-0944
静岡県浜松市中区田町327-19
万年橋パークビル フリースペースhachikai

【日時】
日にち:3/8(日)〜15(日)
時間:12時〜19時

【料金】
入場料:無料

====================================


8階で明日から(1週間だけですが・・・)始まる空想楽器博物館をおたのしみに~。


浜松市美術館へ!

こんにちは。今日は風が少しあるけれど光や空は澄んでいてきれいな日ですね。

そんな日に今浜松市美術館で行われている 絵画者中村宏展を観に行ってみました。
2015-0305-2
2015-0305-1

中村宏は浜松市出身で、ルポルタージュ絵画や観念絵画、タブロオ機械というような独自の方法論から絵画表現を切り開き、現在も現役で絵を描き続けている世界的にも有名な絵画者なのだそうです。

1950年から2014年の間に描かれた作品が展示されているので、作品の主題が変化して1階と2階では全く異なる雰囲気の作品を見ることができます。
1階のルポルタージュ絵画から概念絵画というテーマで描かれている時代の作品はとても具体できな人や汽車など、すごく細かく絵が描かれているのに対し、2階のタブロオ絵画や消失点シリーズでは、具体的なものや人よりも、そのテーマに合わせた絵作りがなされていているような感じで、「これは何なんだろう」という気持ちを湧き起こさせるようなものが多かったような気がします。

一人の作家が約60年の間に描いてきた作品を一気に見るのは、明らかな絵の変化が見られておもしろいなぁ・・・と。自分の表現を探求して描き続けてきた結果、並べてみると変化をせざるを得なかったことが見て取れて、絵描きなんだなー・・・とそんな当たり前のところで納得しながら美術館を後にしました。

と、最後にこんな写真を・・・

ここが何処かわかりますかね・・・?
2015-0305-3

市役所前の今まで地下道しか歩行手段がなかったあの交差点のところが、最近横断歩道が開通したので、地上を楽に通ることができるようになりました。
2015-0305-4
2015-0305-5
まだ2つだけ地下道が残っているので、地下道を通ることも可能です。

そして今後の連尺の交差点、ザザシティ前の交差点も地上を通ることが可能になるように道路工事が始まるようです。

いくら浜松が車社会といえど、この道の不便さは沢山の人が思っていたことなのではないでしょうか。。。今後の交通道路変革が楽しみです。

それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。

徒然/403architecture [dajiba]

ビオラ田町のところにFMハローのサテライト会場が地上にできていました。
ガラス張りの四角いボックスが先日突如現れました。外看板が目立ったので通りの向かい側でもよく目立ちます。
この日は土曜日でしたが、ちょうどラジオ放送中だったようで、なにかやっていました。

2015-0228-1

話は変わって、ブルータス795号で、浜松を拠点に活動している建築ユニット403architecture [dajiba]のことが掲載されていました。
『いま”、世の中で何が起きているか。“つぎ”にどんな時代が訪れるのか。既存の価値を覆すべく果敢に挑む、さまざまなジャンルの〈つぎのひと〉。 明日を切り開く人物カタログです。』という特集ページです。
2015-0303-4
2015-0303-3

dajibaさんは浜松にいながらメディアで注目されていて、たまに全国紙の雑誌に載っているのを見たりします。
普段からちょくちょく顔を合わせることがあるけれど、作っている建築物や考えていることは話したりしないので、近くに居ながらにして、雑誌を通して知るということは、なかなか不思議なものだなぁ・・・と。

dajibaさの活動を今後も楽しみにしています!そして、今後ともよろしくお願いいたします。

はままっくすデザイン会議2015 @ソラモ

こんにちは。
先日の日曜日は生憎の雨で寒い日でしたね。夜はスッキリ晴れたので昨日は穏やかな気持ちのいい日でしたが、また天気が崩れるそうで、春は三寒四温といいますが、まだまだ落ち着いた天気は先になりそうです。

そんな寒い日曜日に、このブログでも宣伝していた『はままっくすデザイン会議2015』がソラモで予定通り行なわれました。

こちらはZINGのブース。(というよりはZINGのところしか撮れていないです。。)
2015-0303-1
2015-0303-2
10:00~16:00までのイベントで雨も降っていましたが、他にも缶バッチが作れるホシノマサハルさん木をひたすら磨いていくsimple forestのブースなどなど、雨の日にもかかわらず、人が絶えることなく参加したお客さんたちは黙々と真剣に手を動かしてそれぞれのワークショップを楽しんでいました。

トークセッションや他のブースには行けなかったけれど、横目で見た印象は、それぞれのブースが小さくともあつく盛り上がっていたような気がしています。

まだ当日の様子をまとめたようなサイトはないけれど、できたらこのブログでも紹介ができたらなと思います。

よろしくお願いします。