2016年06月 の記事一覧

TEN-TO 柏原 崇之 個展 at kirja

こんにちは。今日はキルヤで開催されている木工作家のかっしーさんこと柏原崇之さんの個展に行ってきました。


20160626151505e98.jpeg


ころんとした可愛らしい木工がたくさん展示されていました。


20160626153605f2c.jpeg

20160626153650b8b.jpeg


木という素材が持つ温かみや優しさを丸いフォルムがより引き立てていて、見ているととても和やかな気分になる作品たち。お店の雰囲気ともマッチしています。かっしーさんがメキシコがお好きということで、メキシコといえばのサボテンやドライフラワーなどが活けられた作品もあって、2つのサボテンを接いであったり(サボテンって接げるんですね…!)、燭台にドライフラワーが挿してあったりと遊び心があって面白いなあと思いました。


20160626160452e3f.jpeg

20160626170102c84.jpeg


ピアスやネックレス、ブローチなどのアクセサリーも展示・販売されていて、アクセサリー以外の作品も値札がなくても販売可のものがあるそうなので、気に入った作品があったら声をかけてみることをおすすめします。


201606261706015d8.jpeg


7月3日にはワークショップも開催される予定で、ノミを使って木の石ころを作る体験ができるそうです。キルヤさんがオープンしている11時~18時の間ならいつ行っても参加できるそうなので、気になる方はぜひ行ってみてください。


TEN-TO 柏原 崇之 個展 at kirja

6月23日(木)~7月18日(月)

※7月10日(日)は店主不在のため臨時休業

◯ワークショップ  7月3日(日) 終日開催 @¥500


絵本の店 キルヤ

http://kirja.exblog.jp/

営業時間

◯月木金土 13:30~19:00

◯日 11:00~18:00

火水定休


以前紹介したcafe the eelさんは今日が最終日でした。


20160626172344a07.jpeg

今日はとても暑かったので、冷たいライムレモングラスを頂きました。ライムと炭酸が爽やかで美味しかったです。まだまだ気になるメニューがたくさんあったので、またオープンしてほしいなあと思います。


そして、今日は黒板とキッチンではERI CURRYさんのカレー講座のスペシャル回「ERI CURRYのおしゃべりライブクッキング」が行なわれていて、ブログを書きにきたらココナッツのお餅を頂いてしまいました。


201606261742458ba.jpeg


甘くて美味しかったです。ちなみに後ろに写っているのはバナナの葉っぱ。殺菌作用があって、東南アジアやインドではお皿代わりとして使われているのだとか。今日の講座でも料理を盛っていたそうです。それにしても大きいですね!


次回のERI CURRYさんの講座は7月22日(金)18:30から。インドの家庭で主食としてよく食べられているチャパティというパンを作るそうです。詳しい内容はこれからこちらに載ると思うので、チェックしてみてください。

http://bbandk.blog.fc2.com/

スポンサーサイト

瓦礫のヤマアラシを観てきました

こんにちは。昨日はhachikaiで、この間のブログで紹介した絡繰機械'sさんの「瓦礫のヤマアラシ」を観てきました。


201606191356329a8.jpeg


絡繰機械'sさんの舞台、というより舞台自体を観るのが初めてだったので、素人でも楽しめるかなとか、難解なお話で全く理解できなかったらどうしようとか開演前はちょっとドキドキしていたんですが、全然そんなことはなくてすごく面白かったです。


荒廃した街が舞台なので緊迫したシーンが多いのかなと思っていたら、クスッと笑えるシーンもあって、でも迫力満点の乱闘シーンもあって、それを演じる俳優さんたちのお芝居が本当にかっこよくて、お稽古の様子を見せて頂いたとき素人目にはかなり完成されているように見えたんですが、本番では更にお芝居に磨きがかかっていて、観ているうちにどんどん引きこまれていきました。


20160619150401a0a.jpeg


照明の色や強さで醸し出される雰囲気とか、踏み鳴らされる足音の迫力とか、役者さんの表情だけでなく浮かび上がる汗まで見えて、呼吸の音さえも聞こえてきそうな近さとか、テレビドラマや映画にはな

い魅力がいっぱい詰まっていて、生のお芝居ってすごいなあと思いました。ただ舞台だからというだけでなくhachikaiのあのスペースだからこその近さというのがまたいいなとも思いました。次の公演が楽しみです。


瓦礫のヤマアラシは今日の19時からの公演が最後になります。当日券(一般:1300円、大学生以下:800円)もありますので、間に合いそうな方はかけこみでぜひ行ってみてください!


この舞台の下敷きとなった「最後の物たちの国で」という小説がどんなお話なのか気になって調べてみたら、このあいだBOOKS AND PRINTSのイベントに出ていらした柴田元幸さんが翻訳を手がけているんですね。このブログでも紹介していたので意外なところに繋がりがあってびっくりです。


絡繰機械'sさんの最新情報はこちらからどうぞ。

http://www.karakurimachines.com/

黒板とキッチン2周年

こんにちは。昨日は夕方から万年橋パークビル1Fの黒板とキッチンさんの2周年パーティーがありました。


20160612141845cf3.jpeg


今年も黒板とキッチンを運営している大と小とレフ代表の鈴木一郎太さんが美味しい手料理を振る舞ってくれました。


20160612143002e1f.jpeg


2016061214320853f.jpeg


黒板とキッチンで販売しているKATO NOENさんの無農薬野菜もたっぷり使われていました。ガッツリ系のお肉料理から生野菜のディップまでいろんな料理があって、どれもすごく美味しいのであっという間になくなっていきます。


20160612144557ba2.jpeg

キッチンに立つ一郎太さん。見事な包丁さばきで次々と新たな料理を作っていました。


20160612142534370.jpeg


開始とともにどんどん人が集まってきて、最終的には30人くらいの人がパーティーに参加していました。美味しい料理やお酒を楽しみながら、会話にも花が咲き、パーティーは予定の終了時間8時をオーバーして11時半頃まで続いたそうです。みなさんお知り合いかと思いきや、意外にも初対面同士の人が多くて、新たな出会いもたくさん生まれたようで、黒板とキッチンらしい楽しくて素敵なパーティーでした。


新しい講座がどんどん増えていったり、野菜の販売がまた始まったり、私が関わった数ヶ月の間にもいろんな変化があった黒板とキッチン。3年目はどんな変化があるのかとても楽しみです。3年目もよろしくお願いします。


そして、今日ブログを書きにきたら、またまた手料理をごちそうになってしまいました。

201606121530411df.jpeg

ズッキーニとトマトのパスタ。美味しかったです!


黒板とキッチンの今月の講座の情報はこちらをご覧ください。

http://kokubantokitchen.wix.com/bbandk

お知らせいろいろ

こんにちは。最近、雨の日が増えてきたなと思ったら、昨日東海地方と西日本が梅雨入りしたようですね。私は湿気の多いこの時期は少し苦手です。みなさんは如何でしょうか。


さて、そんな雨の日の憂鬱を吹き飛ばしてしまうような嬉しいニュースが舞い込んできました。


20160605155019dea.jpeg


この度、経済産業省の「はばたく商店街30選」にゆりの木通り商店街が選ばれました。現在、空き店舗対策やゆりの木バザールなど商店街の取り組みが記載された冊子が立派なトロフィーと一緒に黒板とキッチンに展示してあります。


そして、冊子でも取り上げられていたゆりの木バザールですが、今年から年2回の開催ということで、この前終わったと思ったら、もう秋の募集が始まっています。有料スペースはすでに残り少なくなっているようなので、出店をお考えの方はお早めにお申し込みください。


20160605163322bbd.jpeg


詳しくはこちらをご覧ください。

ゆりの木通り商店街 http://yurinoki-st.com/

ゆりの木バザールブログ http://yurinokistbazar.hamazo.tv/


ゆりの木バザールの開催はまだまだ先ですが、現在開催中のイベント、近日開催予定のイベントもあります。


20160605165741674.jpeg


20160605164849687.jpeg


KAGIYAビルのBOOKS AND PRINTSでは、twelvebooksのセレクトによるリミテッド・ストアが昨日から開設されています。イギリスの出版社MACKを中心にtwelvebooksがセレクトしたアートブックを1ヶ月間展示・販売しているそうです。BOOKS AND PRINTSにMACKの写真集が並ぶのは3年ぶりとのことなので、興味のある方はこの機会をお見逃しなく!


そして、6月18日(土)にはtwelvebooks代表の濱中敦史氏をゲストに迎え、Mackの写真集を読むリーディングイベントが開催されます。作品の背景やストーリーの解説を聞きながら写真集を読み解いていく、というイベントなので、写真集初心者の方にもおすすめのイベントです。


twelvebooks in BOOKS AND PRINTS "Limited store & Reading event"


◯Limited store

6月4日(土)~7月4日(月)


◯Reading event

日時:6月18日(土)16:00~18:00

場所:KAGIYAビル4Fギャラリー

定員:30名

料金:予約/1500円 当日/2000円(コーヒー1杯付き)


ご予約の方法など詳細はこちらをご覧ください。

https://www.facebook.com/BOOKSANDPRINTS


それから、来週の日曜日から始まる絡繰機械's(カラクリマシーンズ)さんの第20回公演「瓦礫のヤマアラシ」。


20160605180104f3a.jpeg


hachikaiでの公演は3年目となる絡繰機械'sさんの舞台。今回の瓦礫のヤマアラシは脚本・演出の唐津さんが10年ほど前に読んだポール・オースター著「最後の物たちの国で」の数年後の世界を記憶だけを頼りにイメージして書かれたものだそうです。公演まであと一週間ということで、今日もみなさんお稽古に励まれていて、その様子を少しだけ見せていただきました。


201606051812093e8.jpeg


はままつ演劇・人形劇フェスティバルでの受賞経験もあるだけに、迫力があって引き込まれるお芝居でした。唐津さん曰く「歌わないし、踊らないミュージカル」。聞いただけでは全く想像がつきませんが、実際に見てみると、なるほど!とその言葉がとてもしっくりきます。みなさんも絡繰機械'sさんの非日常的な世界をぜひ体感しにきてください。


絡繰機械's 第20回公演【団員募集公演】

瓦礫のヤマアラシ

開演:6月12日(日)14:00/19:00

   6月18日(土)14:00/19:00

   6月19日(日)19:00

会場:万年橋パークビル8F

前売:一般 1000円、大学生以下500円(当日300円UP) 


瓦礫のヤマアラシ&川口直久LIVEセットチケット

前売一般2000円、大学生以下1500円

※セットチケットは前売のみとなります

※セットチケットでの瓦礫のヤマアラシ観劇は19日に限らず、全ての公演を対象としています


チケットのご予約など詳細はこちらをご覧ください。

http://www.karakurimachines.com/


そして、今日黒板とキッチンでこのブログを書いていたら、講座を開催されていたアトリエ・ジュジュボワットの加藤さんからプリンをいただいてしまいました。


20160605183129ac9.jpeg


20160605182539de2.jpeg


トロトロに柔らかいものからしっかりした弾力のあるものまでいろいろな食感のプリンがあって、とても美味しかったです。こんなにたくさんのプリンを食べられるなんて、甘党の人にはたまらない講座ですね。黒板とキッチンでの次回の講座の予定は未定ですが、アトリエ・ジュジュボワットさんはいろんなイベントに参加されているようなので興味のある方はこちらをご覧ください。

http://joujou-boite.net/


と、今週はいろんなことを書いてしまいましたが、気になるイベントがありましたら、ぜひぜひゆりの木通りに遊びに来てください!