2017年01月 の記事一覧

羊をめぐる

こんにちは。今日は日差しも風も強くなくて過ごしやすかったですね。昨日、今日と黒板とキッチンがsons wo:さんの「羊をめぐる」という作品の受付場所になっていて、前からポスターを見て気になっていたので参加してきました。


羊をめぐるは村上春樹の「羊をめぐる冒険」に着想を得たオリジナルのストーリーを、参加者が地図を見ながら街を歩き、指定されたポイントで音声を聴きながら体験していくという作品です。


20170129171646b9a.jpg


これが出発点で渡される地図と音声を再生するためのQRコード。これらと携帯などのQRコードを読み取れる機器を持って出発です。


黒板とキッチンを出たらまずは駅の方へ…20170129164515e98.jpg


20170129164528c88.jpg


階段から地下へ降りて、駅を通り抜けて向こう側へ移動します。


20170129164623df3.jpg


2017012916464499d.jpg


そして川を渡ったら、また駅へ戻って、遠鉄百貨店の4階が終点だったので、ちょうど駅を中心にぐるっと1周するようなコースでした。


駅までは土日ということもあって結構賑わっていたけれど、そこから先は人もまばらで本当に違う世界に迷いこんでしまったような感覚になって、QRコードを読むと再生される語り手さんの声も深みがあってすごく引きこまれました。演劇だけではなくてドラマでも小説でも、物語って、自分は傍観者というか、神様の視点でものを見ている感覚なんですが、羊をめぐるは自分の足で舞台となる街を歩くし、イヤホンを通して聞こえる声も自分だけに語りかけてくるので、誰がやっても自分が主人公にならざるを得ないというのが面白いなと思いました。ミステリーと純文学ぐらい違うけれど、最近流行っているリアル脱出ゲームも、自分の体ごと現実とは少し違った世界に入り込むと言う意味では、同じようなものだし、こういう体験を求めている人が多いのかなとぼんやり思ったり…。


だいたい1時間くらいで回れるとのことだったんですが、寄り道していたら2時間ぐらいかかってしまいました。普段駅南の方へまで足を伸ばすことがないので、新しい発見もたくさんあって、とても楽しかったです。このあとも黒板とキッチンに地図とQRコードの紙は置いてあるみたいなので、興味のある方はスタッフの人に声をかけてみてください。


また、4月8日には鴨江アートセンターでシティⅢの公演があるのでこちらもチェックしてみてください。


sons wo:

http://sonswo.com/


帰りに遠鉄百貨店の地下で買い物をしようと思って行ったら、直虎グッズの販売コーナーができていて、おみやげに鈴カステラを買ってみました。他にも食べ物や雑貨などいろいろ売ってました。こちらもぜひ~。

201701291928091bd.jpg



スポンサーサイト

直木賞受賞『密蜂と遠雷』の装画を描いた杉山巧さんの展示

こんにちは。

風も少し弱いのでいつもより少し過ごしやすい午前中です


先日直木賞が発表されましたね。

恩田陸さんの『密蜂と遠雷』

この作品のために浜松市で毎年開催されている世界ピアノコンクールに足を運んでいたことがわかり驚きました。

さらには、この本の挿絵を描いた杉山巧さんがルネッサンスアカデミーの生徒さんだったということもあり、さらに浜松に縁のある一冊になったことは話題になりました。


実際の作品を観る機会があればなと思っていたらなんとなんと、さっそく浜松信用金庫 本店営業部ロビー(本城町)にて原画の展示が行われていると、昨日の夕刊でしり、さっそく観に行ってきました。


なぜ浜松信用金庫でと思っていたら2017年のお店のカレンダーのイラストを杉山さんが描いていたようで、その原画展がメインでした。(はましん2017年カレンダー原画展とあるので、カレンダーの原画展は毎年のことなのかな・・・?)

カレンダーには今話題の直虎に縁のある龍潭寺もモチーフとして描かれていました。


IMG_2432.jpg

IMG_2429.jpg




IMG_2430.jpg IMG_2431.jpg


そしてこれが『密蜂と遠雷』の原画です。

色がピチピチといきていて、綺麗な絵でした。


IMG_2428.jpg

他にも過去に書いた作品が観られるので、ぜひ観に行ってみてはどうでしょうか?


はましん 2017年カレンダー原画展

1月24日~2月3日まで(土日休み)

9:00~15:00



杉山巧 ホームページ


杉山さんのいろいろな作品が観られますよ↑

L'invitation aux Bijoux -SHIRAO JEWELRYへの招待-

こんにちは。今日はKAGIYAビル2FのVIOLETさんでL'invitation aux Bijoux -SHIRAO JEWELRYへの招待-というイベントをやっていたので、行ってきました。


20170121152902642.jpg


SHIRAO JEWELRYの白尾さんは浜松在住のジュエリーデザイナーでジュエリーの制作やスタイリング、彫金教室の開催などでご活躍されていて、今回のイベントは今年からVIOLETさんで取り扱いが始まった作品のお披露目と受注受付を兼ねたものだそうです。展示されていた作品はたくさんありましたが、貝殻のようなかたちをしたシルバーのジュエリーが、本物の貝殻の裏側のような光沢のある質感をしているのがとても綺麗で一番印象に残りました。さらに細い線が無数に彫ってある細かい彫金の作品もあって、時間も手間もかかるんだろうなあとお話を聞いてみると、大変に思ったことはないのだそうで、ジュエリー作りにかける白尾さんの情熱がすごく伝わってきました。店内の写真撮影がNGだったので、お見せ出来ないのが残念ですが、白尾さんのウェブサイトに作品の写真がいくつかあるので興味のある方はこちらをご覧ください。


SHIRAO JEWELRY http://www4.tokai.or.jp/shirao-jewelry/works.html


VIOLETさんでは、VIOLETさんがピックアップしたアクセサリーを6点ほど取り扱うそうです。興味のある方は足を運んでみてください。


VIOLET http://violet.hamazo.tv


そして、Invité spécialで豊橋で毎週水曜日にカフェをオープンしているツバメ食堂さんによる焼菓子とドリンクの販売もありました。


20170121171309db6.jpg


焼き菓子は10種類ほどあってどれも美味しそうで、いつものことながらすごく迷ったのですが、ホワイトチョコ&クランベリー、キャラメルナッツ&無花果のマフィンとパルミジャーノチーズの塩サブレを買ってみました。マフィンは電子レンジで少し温めるとバターが溶けておいしいと教えてもらったので、やってみたらほかほかで柔らかくなって本当においしかったです。クランベリーが赤ワインで漬けたものだったり、サブレにアクセントとしてコリアンダーとカイエンペッパーが入ってたりと、ちょっと大人な味付けがコーヒーととても良く合いました。しかもおいしいだけでなく材料に有機卵やてんさい糖、自家製の煮イチジクなど良質なものを使っていて、からだにもやさしいのが嬉しいです。お店が豊橋とちょっと遠いですが、近くにお出かけの際はこちらもぜひ足を運んでみてください。


ツバメ食堂 https://tsubameshokudo.jimdo.com/


出張セコリ荘 遠州編

こんにちは。風邪の強い日ですね。洗濯物が吹き飛ばされないか心配でなりません。

自転車で来るスタッフの1人が今日は35分でここまでこれたといっていたので、街のビル風だけでなく浜松らしく全域で強風なことがわかります。


さて、万年橋7階で今日明日と『出張セコリ荘 遠州編』として展示が行われています。

IMG_2328.jpg


IMG_2329.jpg


まずセコリ荘とは、ですが、

セコリ荘は東京の月島にある築90年の古民家を半年間かけて改装して誕生したものづくりコミュニティスペース。ということで、実際にある場所だそうです。

そこでは代表の宮浦さんが全国各地の繊維産地に出向いて取材をし、職人さんたちと出会い見聞きし、実際の素材や商品をお披露目する場所がないことから、そういう場所を持つことで感動を共有するような場を持つ考えから始まったようです。

2013年から衣食住が交わるコミュニティスペースが続いているようですが、ちょうどブログを拝見したら、「テキスタイルのマッチング繊維に関する知識共有・人材と機会のマッチングに向けた場作り、仕組みづくりに意識が高まってきている」とのことで、今後どんどん変化していくようです。

(調べていたらセコリ荘をリノベーションした「スタジオまめちょうだい」は大学の先輩だと知り、だから写真で見たセコリ荘への親近感はそういうところからもあったのかもしれません)


去年12月から綿織物で世界的に評価されている静岡県の遠州地域
の織物工場、染色工場、加工場を訪ねて、遠州での取材成果のご報告・お披露目会を兼ねて、イベントを催してくれます

(今回の遠州編と名がつくのは、「セコリ移住計画」金沢、倉敷とすでに全国の繊維産地をまわっていたからのようです。)

 

内容~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
日時 : 1月21日(土)・1月22日(日)10:00 ~18:00
会場 :  cube scape 
住所 : 浜松市中区田町327-19 万年橋パークビル 7階

・遠州産地の取材成果の写真・映像展示
・遠州のテキスタイルの展示 
・遠州の生地を使ったオーダーシャツの受注会 (日曜日のみ)

 
・産地の若手プレイヤーを招いたトークイベント(日曜日 13:30〜)

トークイベントはセコリチャンネルでも配信予定です。
youtube.com/c/Secorigallery


主催:セコリ荘
後援 : 浜松市・ゆりの木通り商店街


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


また、展示が行われている7階は今後CUBESCAPEという名前でお店やお店ではないものができる万年橋らしい場所に変わっていきます。ぜひ今後ともお楽しみに


今回も2日間1軒のお店が開いています。このお店もとりあえず今回2日間のみ

IMG_2325.jpg


IMG_2326.jpg


11時ですでに予約済みの商品ばかり、、(値段に驚きました。買っちゃいますよ。。)

 

今後をお楽しみに。



からくりさんの新年会

こんにちは。昨日はhachikaiのいろりでカラクリさんこと絡繰機械'sさんの新年会が開かれました。


2017011516422669f.jpg


20170115171156484.jpg

いろりに鍋を吊るして、そのまわりでチーズフォンデュの具のパンやアスパラのベーコン巻きを焼いたり、お酒を温めたり…美味しいご飯を食べながらみんなでわいわい雑談をしました。sons wo:のカゲヤマさんも参加していたので劇団の人たちは熱い演劇議論で盛り上がったようでした。昨日は雪が降るほどだったのでとても寒かったんですが、お鍋の食べごろを少し過ぎたころになると、いろりのまわりはとても温かかったです。


20170115163908eae.jpg

料理はカラクリさんが黒板とキッチンで用意をしてくれました。どれもとっても美味しかったです!


20170115181258a1f.jpg


お鍋が終わると薪をどんどん足して、部屋の中はさらにポカポカに。ぼーっと見ていると火が大きくなったり小さくなったり、ときどき大きな音を立てて爆ぜたりもして、いつまでも見ていられそうでした。それにしてもいろりとお鍋の組み合わせって絵になりますよね。いろりのある家に住んだことも行ったこともないのに不思議と懐かしい気持ちになってすっかり身も心も温まりました。


今回、素敵な新年会を開催してくださった絡繰機械'sさん。次回の公演は5月27・28日になゆた浜北のホールで行なわれる予定です。詳細はこれから更新されるそうなので気になる方はオフィシャルサイトをチェックしてみてください。


絡繰機械's(カラクリマシーンズ)

http://www.karakurimachines.com/

雪ですね

こんにちは。


今日は雪ですね~~。


浜松でこんなに一日中雪が降るのは珍しいですね。

街中は降ったり、晴れたり、降ったり、強風だったりして雪が積もる気配が無いけれど、夜はどうなることやら・・・他のエリアでは積もったりしているみたいです。


明日も寒いようなので、街の方も雪が積もるかもしれません。。ドキドキ・ワクワク


暖かくしてお過ごしください。


IMG_2250.jpg


IMG_2248 (1)







旬の味・採れたてバザール

こんにちは。昨日からキンと冷えた強い風で1月らしい日が続いていますが、寒いという言葉がポロポロ出てしまします。


と、今日も風が強い日ですが、ソラモで『旬の味・採れたてバザール』というのをやっていて通りがかりに寄ってきました。


よくこの場所ではマルシェがついたイベントをやっていますが、たまにこうやって違うイベントが入ってきて、同じ食べ物やお花を売っていても、販売する人のブースが多くなるので、賑やかな感じになりますね。



IMG_2221.jpg



IMG_2220.jpg

NHKのテレビクルーがいたので、テレビでも映るかもしれませんね。


レモンの収穫時期は今なのか、レモンを売っている人たちがたくさんいて、4回目にレモンを売っているのを発見してついつい買ってしまいました。レモン何ができるかな・・・

子どもを連れていたので、こういう場所でも微笑ましく声を掛けてくれたり、あるお店ではおまけしてくれた・・・「子育て頑張ってるから!」と威勢よく声を掛けてくれて、「あぁ・・・ありがとうございますぅ・・・」とちゃっかりもらって美味しくいただきました。

また売っていたら今度は買わなければ!




IMG_2222.jpg

駅の構内、今は直虎でいっぱいなんですね。

びっくりです。テレビのない生活を送っているので、浦島太郎というか、「この模様は・・・あーあーあーあ!直虎か!」という感じですが、大河効果はどの街もすごくなるそうなので、これだけ盛り上げているならば浜松にもたくさん人が訪れるといいなと思います。


それにしても柱にシールを貼る演出をするとは。。。すごいなぁ・・・


ではこのへんでさようなら


今週末の街中

こんにちは。いよいよ大河ドラマ「おんな城主 直虎」の放送が始まりましたね。舞台となる井伊谷は三ヶ日・気賀のあたりですが、街中も昨日はアクトシティの中ホールで初回放送のパブリックビューイングが行われたり、駅構内に「直虎インフォメーション」が設置されたり、べんがら横丁だった建物が「浜松出世の館」としてリニューアルオープンしたりと盛り上がっているようです。


201701092147284e4.jpg


201701091600347d9.jpg


出世の館は家康・直虎をはじめとした偉人の資料展示やVRの体験コーナー、おみやげコーナーなどで構成されています。大河ドラマのPRコーナーもあって、直虎が占める割合が大きいのかと思いきや

、金の家康くん像なんてものもあったりして、家康と直虎が半分半分(直虎がちょっと多いかな?)という感じでした。直虎がメインの展示は来週気賀にオープンする大河ドラマ館でやるのでしょうね。

おみやげコーナーにも家康くん・直虎ちゃん両方のグッズがたくさんありました。出世の館は入場無料で来年の1月31日まで開館しているそうなので、街中へお越しの際はぜひ立ち寄ってみてください。


浜松出世の館

http://hamamatsu-daisuki.net/naotora/yakata/


そしてまた新たなイベントが始まったキルヤさんへ。学芸高校の書道過程に通う学生さん2名による「いろは二展」という展示をやっています。今日はギャラリートークがあって、お二人が作品や書体についての解説や制作の裏話などを披露してくれました。


201701091818029c4.jpg


2017010918184156b.jpg


201701092129365da.jpg 


作品の題材はいろは歌や百人一首の歌、干支、今年の抱負などさまざま。紙だけでなく貝殻や石に書いたり、紙に書く場合も色紙を組み合わせて作品を演出したり、お堅いイメージの書道でしたが、とても親しみやすい印象をうけました。


201701100135106a1.jpg


こちらは今年の抱負の一字。篆書・隷書・楷書・行書・草書の5つの書体を書き分けていて、同じ文字なのに全然違って見えます。素人からすると、こんなに上手なんだから書道が得意な人はどの書体もすらすら書けるのでは?と思ってしまうのですが、それぞれ得意不得意があるそうです。たしかに、見るからに難しそうなものがひとつありますね。書体も楷書と行書くらいは知っていても他はよくわからなかったので解説があったおかげですごく分かりやすかったです。


お二人はこういった展示をするのは初めてだそうですが、それにも関わらず魅力的な作品の数々でした。この展示は15日(日)まで開催されているそうなのでこちらもぜひ足を運んでみてください。


絵本の店 キルヤ

http://kirja.exblog.jp/

古本とキッチングッズ市

あけましておめでとうございます。昨年は万年橋パークビルブログをご覧頂き、ありがとうございました。今年もゆりの木通りを中心とした街中の情報などお伝えしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。


今日は久しぶりに赤電に乗って街中へ来たのですが、さすがに元日なだけあって乗客も少なめで、黒板とキッチンもあまり人がいないかなと思っていたら、いつも通り常連さんたちがいて、いつもと変わらない雰囲気でとても落ち着きます。年末年始、短縮営業ではありますが、黒板とキッチンは休まず営業していて、さらに元日から「古本とキッチングッズ市」というイベントをやっています。


20170101162155c0c.jpg


2017010116330158e.jpg


その名の通り、古本とキッチングッズがかなりお手頃なお値段で販売されています。ざっと見たところ古本が多めで、小説から実用書、雑誌までさまざまな種類・ジャンルの本がありました。古本屋さんで探してもなかなか見つからなかった本がもしかしたらここにあるかもしれませんよ~。今日から8日までの1週間やっているようなので、前を通りかかった際はぜひぜひ気軽に立ち寄ってみてください。


それとこんなものも。

2017010116331515d.jpg


くじ引きのおまけでしょうか?ひとりひとつどうぞ、とあったのでひとつもらってみました。

ミニ知恵の輪。

201701011656209cc.jpg


ほかにも、鉛筆、消しゴム、缶バッチなどたくさん種類があって、小学生の頃たまに行っていた駄菓子屋さんにこんなのあったなあととても懐かしくなりました。みなさんも、おひとついかがですか?