FC2ブログ

2018年02月 の記事一覧

ゆりの木通り、ちょっとディープなまち歩き

こんにちは。少し日が経ってしまいましたが、2月11日に以前ブログでお知らせした万年橋パークビル主催のまちゼミツアーの1つ「ゆりの木通り、ちょっとディープなまち歩き」を開催しました。

20180222142250ac5.jpeg 

万年橋パークビル社長の鈴木基生さんのガイドの下、イベント開催中のお店や、商店街ならではのちょっとディープな専門店、ゆりの木通りの歴史史料などを見てまわりました。

20180228133840d32.jpeg 

20180228151042049.jpeg

この時はちょうどイベントが重なっていて、
今回のツアーでは、

●万年橋パークビル、黒板とキッチン「おべんとう画用紙展」
●Rohan「tiny flowers」
●絵本の店キルヤ「古着屋モコロ」
●EE「Aquvii POP UP STORE」

の4店を回りました。

20180225185801fd2.jpeg 
おべんとう画用紙展

20180225185848897.jpeg 
tiny flowers

20180225185903449.jpeg 
EEさんでは、看板犬のちまきちゃんにメロメロな子どもたち♡

イベントはすでに終了してしまっているものがほとんどですが、キルヤさんの「古着屋モコロ」は現在も開催中です。
20180301112856170.jpeg 

今回もかわいい古着と雑貨がいっぱいです!3月11日までの開催ですので、ぜひ足をお運びください。

20180222155223f38.jpeg 

万年橋1Fのとりいさんでキリシタン禁止令の立て札を見たり、江間ふとん店さんの2階では、東海道の資料を見たり...実はゆりの木通りは現在も東海道に位置しているのです!
小学生の兄妹のお兄ちゃんは歴史が大好きということで、次々と広げられる史料に興味津々の様子でした。

今回は幅広い年代の方にご参加いただきましたが、みなさんそれぞれお気に入りのお店が出来たようで、「今まで入ったことがないお店に入ることができて、楽しかった。また来たい」と言っていただきました。

ちょっとディープなまち歩きツアーは定員に達した場合も別日程での開催が可能ですので、今までゆりの木通りに来たことがある方もない方もご興味がありましたら、ぜひご参加ください!

次回は「イラストレーター友野可奈子と歩くゆりの木通り」が3月4日に開催予定です。
以降の開催予定・お申込みはまちゼミのブログ・Facebookをご覧ください。

第15回まちゼミ
期間:2月10日(土)〜4月8日(日)
会場:浜松市内


スポンサーサイト

おべんとう画用紙展

こんにちは。前回のブログでお知らせした「おべんとう画用紙展」がいよいよ明日から始まります。

前日の今日は、準備作業真っ最中の会場を覗いてきました。


20180209170051d6d.jpeg


hachikaiはいろりで展示するとお知らせしましたが、いろりは使わずにhachikaiが会場となるようです。

東側エレベーターを降りると、すでに展示でいっぱいになっていました。


20180209183220fca.jpeg


照明も付いて準備作業も大詰めのようです。


そして、こちらはもう一つの会場の黒板とキッチンの作業風景。


20180209172302af7.jpeg


黒板とキッチンに来たことがある方ならお気づきだと思いますが、黒板の色が赤に変わりました。昨日塗り変えをしたそうなので、変わりたてホヤホヤです。

今までは学校にあるような緑っぽい色だったので、空間の雰囲気ごとガラッと変わって、いつもいる場所のはずなのに不思議な感じがします。


2018020917282855d.jpeg


100点ほどの作品がある中で、こちらで展示するのは4点のみ。

ほとんどの作品がhachikaiに展示されることになったようです。


完全にお邪魔虫ですが、写真を撮りながら展示も一足先に見せてもらいました。


201802091852214b2.jpeg


201802091855560ce.jpeg


ひととおり見てびっくりしたのが、大人だったらきっと使わない青や水色などの食材にはあまりない色が結構使われていたこと。


大人になった今は、真っ青な食べ物って見た目は全くおいしそうじゃない気がするのですが、子どもの頃は何故かブルーハワイのかき氷ばかり好んで食べていたことを思い出して、子どもにとってはあの青色が魅力的に映っているんだと納得しました。


青いゼリーを入れたり、色素で着色したり、青を緑などの近い色に変換して野菜を入れたりと、お母さんたちの再現の仕方もバリエーション豊富で面白かったです。


水色は広範囲を塗りつぶすのに使われていることが多くて、途中までは正体がわからないまま見ていたのですが、ある作品のコメントに「水色=ご飯」と書いてあって、コップに入った水などの透明な色を表現するときに水色を使う感覚で白も表現しているのだと分かって、一気に謎が解けました。


そして、子どもの頃大好きだったアンパンマンポテトが入っているお弁当がいくつかあって、10数年たった今も人気が健在なのがうかがえました。アンパンマンポテト、懐かしいです。



お母さんにとっては、自分の子どものまだ知らない部分を知るきっかけになり、

お子さんにとっては、自分の思い描いた通りのお弁当をお母さんが作ってくれたという、一生の思い出になるような温かい経験ができて、家族の絆が深まる素敵な企画。

見ているこちらまで温かい気持ちになりました。


コメントを見てると、今回が2度目という方や、家でまたやってみたいという方もいて、私ももし将来子どもを産んだらやってみたいなと思います。


おべんとう画用紙展は明日10日(土)~18日(日)まで。入場無料です。ぜひ足をお運びください。


おべんとう画用紙展
期間:2月10日(土)〜18日(日) 12:00~18:00
会場:黒板とキッチン (浜松市中区田町327-19 万年橋パークビル1F)
         hachikai(万年橋パークビル8F)

主催:浜松市根洗学園(社会福祉法人ひかりの園)
共催:静岡県文化プログラム推進委員会

協力:
子ども発達支援センターたっく(社会福祉法人ひかりの園)
すみよし保育園(社会福祉法人住吉会)
豊田みなみ保育園(社会福祉法人染葉会)
はぐみな保育園

来週開始のイベント

こんにちは。今日は立春。暦の上ではもう春なんですね。昨日は日差しが温かくて、風もそんなになかったので、春がもう少しのところまで来た気がしていたのですが、今日は風が冷たいです。来週からはまた寒くなるそうですし、早く温かくなってくれないかなぁと春が待ち遠しいです。

さて、先日のブログでキルヤさんの新しいイベントが10日から始まるとお知らせしましたが、他にも同じ日から始まるイベントがいくつかあるようなので、まとめてご紹介します。

古着屋モコロ
201707221630230cb.jpg 

毎回好評の古着屋さんがオープンします。
過去の様子など詳細は前回のブログをご覧ください。
※写真は以前のイベント開催時のものです。

古着屋モコロ
期間:2月10日(土)〜3月11日(日)
会場:絵本の店キルヤ (浜松市中区紺屋町300-10)

tiny flowers
20180203161558636.jpeg 

常滑の陶芸家・大渕由香利さんの企画展で、写真のような磁器作品が並ぶそうです。
磁器は見た目は重厚なのに、持ってみると意外と軽くてびっくり!色彩も鮮やかでとても綺麗です。
作品は売り切れ次第終了だそうなので、気になる方はお早めに!

tiny flowers
期間:2月10日(土)〜末日
会場:Rohan (浜松市中区田町229-13 KAGIYAビル305)

「おべんとう画用紙」展
2018020317050554b.jpeg 

浜松市根洗学園の事業の1つ「おべんとう画用紙」。2〜3歳児が描いたおべんとうの絵を見た家族が、何の絵を描いてあるかを考えながら再現するという、根洗学園年少さんとその家族を対象に毎年行われているプログラムです。

2014年に文芸大や文泉堂でも展示をしていますが、会場を万年橋パークビルに移して久々に開催されるようです。フライヤーに記載されている会場は黒板とキッチンのみですが、hachikaiのいろりも使われる予定です。
hachikaiに変更になりました。

20180204141358e70.jpeg 

今日はまだいつもどおりの様子でしたが、1週間後にはどんなふうになっているのでしょうか?お楽しみに〜

「おべんとう画用紙」展
期間:2月10日(土)〜18日(日)
会場:黒板とキッチン (浜松市中区田町327-19 万年橋パークビル1F)
         いろり hachikai(万年橋パークビル8F)


まちゼミ
年2回くらいの頻度で浜松市内のお店が開催しているミニ講座。参加費無料(一部、材料費のかかる講座もあります)でプロから専門知識を学んだりできます。

今回は2月10日~4月8日の期間中に51の講座が開催され、ゆりの木通りでも2つのまち歩きツアーを開催します。





すでに定員に達している回もあるようなので、ご興味のある方はお早めにご応募されることをおすすめします!

第15回まちゼミ
期間:2月10日(土)〜4月8日(日)
会場:浜松市内

と、こんな感じで来週はイベントもりだくさんです。ぜひ、街中へ遊びに来てください!