FC2ブログ

ゆりの木deノスタルジー

先週の11月9日~18日の期間ゆりの木通りでは恒例になりつつある
ゆりの木deノスタルジーが開催中です。

今年で4回目!3枚の写真搬入中の様子。

 
ミカエルスターのご主人が見守る中搬入完了!
 
 
 
今回はゆりの木通りのタウンマネージャーを務める彌田徹さんがコーディネイトしてくれてます。

そんなこともあり、展示するだけでないプラス@の部分も考えられていて、統一感のある展示になっているのでは。。。

例年だと『古いものをだす』 というなんとなく漠然としたモノを各お店が出品しているのですが、それだと敷居が高くなりがちで、新しいお店にとっては、古いものなんてお店に置いてないだろうし、さらに街にお店だけを構えて、住居は別の商店主にとっては当たり前ですね。

なので、お店によってモノがあるないがはっきりと分かれがちで、少しかったよっている展示だったことは確かなのです。

なので今回、『ただ古い』という漠然としたものではなく、例えば、お店をはじめるきっかけになった一品や、子供のころ大切にしていたもの。など、その人にとっての「思い出の品」がキーワードになっているような・・・そうかな?

展示品の横にはそれぞれにエピソードを添えて展示されています。
 

時計屋のMAKITAさんの店頭には
駄菓子屋で売られていたようなお菓子やお菓子を入れるビンや週間漫画雑誌

 
 
こちらはフルサワさん
 
ディスプレイにはウエスタン・カーニバルのパンフレットや年代もののGジャンが展示されています。
ここのご主人は高校の時に上京して東京の学校に通っていたそうで、当時はやり遊びを楽しんでたみたいです。


 
こちらは鍋屋さん 

 
こちらは大量のキン肉マン消しゴム(通称キン消しですね。)
もう大量すぎて圧巻!ここまで揃ってあって並べられていると楽しいですね~。
エピソードも書かれているので見に行ったらこちらもごらんください。



全部で25店舗のお店がこのノスタルジーに参加しています。ゆりの木通りへ起こしの際にはぜひちらちら眺めてみてください。


期間は今週の18日まで!見られる時間は各お店によって異なるので日中 見に来ることをおすすめします。

スポンサーサイト




管理者にだけ表示を許可する