FC2ブログ

映画『果てぬ森のミナ』のこと

浜松で結構メジャーなミュージシャンもライブをしにくるライブハウスといったら『窓枠』でしょう!
今日は窓枠にあることを聞きに行ってきました。

こちらの2Fの青空カフェの入り口付近がとても賑やかなことになっています。
この賑やかなキャラクターたちが関係する映画『果てぬ森のミナ』(←クリック)という映画が今年の冬ごろに公開されます。

もう撮影は終わって今は編集作業に入っているようで少し前に上映発表会をしたときのような派手な感じはなくなって、落ち着いた雰囲気でしたが、
 知らないところでは、確実に窓枠でも前に前にと進んでいました!


こちら、キャラクターの『言子(ことこ)だら衆』がいたくさんグッツになっていました。
上は指人形で携帯クリーナーにもなるキーホルダーだそうです。 
カラフルなのでいっぱい集めたら楽しくなりそう!

こちらは窓枠2FにあるCafe AOZORA(←クリック)でも購入できるみたいです。
名物クロコダイルバーガーのほかにも美味しそうなメニューがあるので、ぜひライブ以外でも寄ってみてはいかがでしょうか?



そして、8月1日~31日に天竜浜名湖線(←クリック)とタッグを組み、
夏休みスタンプラリーが行われるようです!

地元では天浜線という名前で親しまれているこの路線ですが、掛川と新所原を結んだローカル線です。全部で38の停車駅があります。
公式ホームページから転載させてもらいました

スタンプラリーでは12箇所の駅に言子スタンプが置かれていて、1~2個の言子を集めると全員に言子シールがもらえて、12箇所すべてのスタンプを集めると50名の人に上記写真のマスコットキャラクターグッツ『言子指人形12体セット』がプレゼントされるようです。

他にも缶バッチやトートバック てんこちょぬいぐるみストラップがスタンプの数によって抽選できなるので、夏休みの思い出に天浜線に乗りに行くのも楽しそうです。


 写真左のキャラクター『ぽんぽん』は遠州弁でオートバイのこと。
このキャラクターももうすぐ指人形になるそうです。
夏休みの思い出に天浜線で1日のんびりゆられるのもいいですね。 





このキャラクターたちに感心していたら、もっと大きいのがあるといわれて、3階にお邪魔しました。
すると・・・






どーーーん
どどーーん

どどどどーーーーん

というような具合に 巨大な原寸の?言子だら衆がいました。

これはほんとに圧巻!
大きいし、肌触りもよかったです。

一番最初の白くて長いぬいぐるみ名前は「かある」で遠州弁では「転ぶ」という意味らしいです。
転んでだらんと横になってるのでしょうか、一番インパクトがありました。


これらの言子だら衆の産みの親が 津ヶ谷筧奈さん(←クリック)
以前お見かけしたのですが、とてもかわいくておしゃれな方です。

そんな津ヶ谷さん 実はこの言子だら衆の漫画も描いていて、
見せてもらったのですが、ほのぼのしたかわいい漫画でした。

映画の「果てぬ森のミナ」や実際にあるにしうれ小学校(←クリック)のことを思い浮かべながら読んだので現実とファンタジーが交差して不思議な気分になりました。

いつか皆さんの手にも届くようになるといいです。


それでは、今年冬に公開の『果てぬ森のミナ
お楽しみに!
スポンサーサイト




管理者にだけ表示を許可する