FC2ブログ

projectability~この街で起きていることはどうしておもしろいのか~

こんにちは。先日の金曜日は春らしく暖かい日でしたね。そうしたら今日は雨でヒンヤリとまた冷たい日です。
明日は晴れるといいな。と雨の日は思ってしまいます。

そして昨日は3月1日と、卒業シーズン真っ只中ですね。2014年もあっというまに3月で今年もまたあっという間に終わるのだろうなぁ・・・とぼんやり思ってしまう3月です。楽しく過ごしたいですね。

さて昨日3月1日から旧文泉堂書店でprojectability-この街で起きているできごとはどうしておもしろいのか-が始まりました。
projectability-6
●日程:2014年3月1日(土)~23日(日)
●オープン:月・木・金/13:00~19:00 土・日/11:00~
●休館:火・水
●会場:旧文泉堂書店



端からみたらクリエイティブと呼ばれるような活動している人たちが浜松にもたくさん存在し、それぞれの視点を持ちながら個々の活動を展開しています。
それぞれの活動の主体者は浜松市で生活をし、浜松市で活動を起こしています。
この展覧会では14個の様々な分野の活動が一揆に同じ旧文泉堂書店に集まって、それぞれの活動を展示のための形で展示されています。

projectability-1
銀のアルミ箔が会場を埋め尽くしています。
展示も展示ですが、この会場自体も展示というか一つの中にたくさんあって、さらにたくさんあるようなイメージ。

projectability-3
projectability-5
たくさんの葉っぱを踏みしめながら歩いた先にここの展示があります。葉っぱだけを見て歩いていると、思わぬところにたどりついたりして、展示を見に来ているのに、葉っぱに夢中になってしまったり楽しげです。

projectability-2
projectability-4

ZINGも展示に参加しています。会場の2階でuntenorさんと同じフロアです。ZINGとuntenorがそれぞれの活動を自分たちの活動の中で捉えなおしたミックスした展示です。会場にいくとZINGのものがたくさん置いてあるので、ZINGだけかと思われるかもしれませんが、untenor色がZINGのものたちにいい効果をあたえていますよ。

ぜひぜひ浜松の面白いことや出来事の様子を垣間見に行ってみてください。

スポンサーサイト




管理者にだけ表示を許可する