FC2ブログ

水窪へ!

こんにちは
久しぶりのブログです。この数日いろいろあったので、瞬間的にさっと取り出せる記憶がないのですが、そうですね・・・

8月25日~27日まで水窪へ行って、今は誰も住んでいない古民家から囲炉裏を持ってくるために、古民家の解体作業の現場へ合宿に行ってきました。

個人としては28日カギヤビルの4Fでテントに絵を描くために珍しく朝早く街まで来て絵を描いていました。まだまだ描き終えられてないので少し焦りが・・・

また、9月7日からスタートのcreative lab AmaZingの準備が少しづつ始まっていたり、、

テーブルクロスを作ったり・・・
手作り品バザールの説明会が万年橋7Fで行われたりと

点の出来事をあげだすと、この1週間なんだかいろいろあったなーと思いながらそのまま眠ってしまいそうです。

そんなたくさんの出来事がある中で、今回取り上げるのは やはり古民家解体作業! というこで、そのときの写真をUPしていきます。(写真があげられるようになりました。ほっ)


こちらは水窪で一番古いという民家のさらに先にある山を上がったとこです。そこには
水窪を一望できる場所がありました。
 
 
いきなり解体2日目の様子。骨組みが残っているの分かるでしょうか?
 
民家に続く坂道小道
定期的にここから写真で記録を撮っていたのですが、昔よくよんだ「科学の友」に載っていそうな感じがします。
 
休憩時間の森の音や景色や光が全身にビシビシ突き刺さってきて体の毒素が浄化していくような気分になりました。とてもいい時間だった。としかいいようがありません。
 
その時に撮った写真の一つ。むくむくと枝分かれした幹がこの大木と少し不似合いだなと思ったような気がします。きれいな苔もついてました。
 
水窪には目が生き返るような光景ほかにもたくさんありました。
 
また、水窪時間は確実にあるなと感じました。
のんびりと、でも効率よく動く人たち、知識もあるけど、体の感覚で生活しているのではないかと感じました。
 
森へはたまーに行きますが、今回のように現地の人と話したり、作業現場で交流するなどなかったので、とても刺激を受けた2泊3日でした。
解体はこの2日間で終わりましたが、次は、ここ万年橋パークビルへ運ぶ作業がまだ終わっています。ということで、また水窪へ行くことになったので、またどんなことをしたのかこのブログであげていこうと思います。
 
それではまたー。
スポンサーサイト




管理者にだけ表示を許可する