FC2ブログ

渡邉勇樹/三味線展 

こんにちは。
黒板とキッチンの中から外を眺めていると人の髪がなびいたり、木の葉がブルブル震えていたり、太陽が雲に隠れると外の色が青くなり、雲が途切れると、メルセデス・ベンツの外壁の反射が差し込んでまぶしくなり、色味が冬になっているなぁと 外に出る気持ちがなくなってきます。。。ゆりの木通り界隈はビルがたくさん建っているので風の強さが増しているのでしょうね。もうすこし穏やかな気候だと過ごしやすいのですが。。

さてさて、日曜日からハンドワークとりいさんで「三味線展 渡邉勇樹-東亜楽器-」の展示が始まりましたよ!!

2014-1113-5


2014-1111-2
2014-1111-4
2014-1113-1
まんなかのテーブルに置かれた三味線ですが、実際に触れて音をならすことができます。
持ってみたら、ずっしりとした重みなかなか心地が良かったです。
弦も恐る恐る弾いてみたらビンッとちゃんと三味線の音がして少し嬉しくなるとともに、この3本の弦で演奏をするのかぁと不思議な気持ちになりました。

2014-1113-2

2014-1113-3
これらのパーツが、
2014-1113-4
このように合体して、開いている部分に皮や弦などが貼られて三味線ができるようです。
2014-1113-6

三味線展ではこのように三味線に使用される材料も展示されており、三味線ができる工程がイメージでき面白い展示です。

そして、14日は19:00~21:00に、職人さんをお招きしての「職人座談会」

15日は 三味線デュオ Monochro-モノクロ-をお招きして三味線ライブです。
                

Monochroさんは男女二人組のユニットで、今年活動を休止しているようですが、三味線職人の渡邉さんに紹介していただき、ライブを行っていただけることになりました。
アレンジ曲だけでなく、オリジナル曲など、ポップなサウンドで渋いイメージの三味線とは趣向の異なる演奏が楽しめそうです。
私は三味線の演奏を聞く機会はほとんどないので、(お祭りに行くとたまに聞えてきたりしますよね。ちなみに浜松まつりでも三味線を弾くあると知り、驚いてたところです。)演奏会となると、どんなものになるでしょうか。!
また、8階での演奏なので、地上へ降りてゆりの木通りに響く三味線の音を想像するのも楽しみです。

座談会もLIVEも無料でお楽しみいただけますが、お席を確保する関係でご連絡をいただけるとありがたいです。
もちろん、飛び込み参加も大歓迎です!

お申込み 連絡先はこちらまで
tamachipark@gmail.com

みなさまのお越しをお待ちしています!
スポンサーサイト




管理者にだけ表示を許可する