FC2ブログ

友野可奈子展ーあるいてうってちょっとけって

こんにちは。雨ですねー。寒いです。
傘を持ってくるのを忘れたので夕方以降は止んでいて欲しいですがどうなんでしょうか・・・
今年もあと半月で終わりなんですね。。静岡は雪が振らないので年末を何処で感じるかというとイルミネーションなどでしょうか??街なかのイルミネーションは今年は少しだけ少なくなりましたが、鍛冶町のほうの木には青色LEDのイルミネーションが今年も健在です。ソラモにもいつもの丸くて大きなオブジェが収められていていて、ちょこちょこその雰囲気を感じます。

さてさて、私事ですが、今週土曜日からついに展示が始まります。

2014-1206-1

友野可奈子展ーあるいてうってちょっとけって

12月20日から2015年1月15日までこのビル 万年橋8階のhachikaiで行われます。

20日はオープニングとして17:00から黒板とキッチンで座談会を行います。
私は登壇しませんが、浜松市の街なかでお店や拠点、場所を運営している人たちによる「相伴の座談会」というのを行います。相伴の意味が分からなくて、調べました。

相伴:================

1 連れ立って行くこと。また、その連れの人。
「貴公子仲間の斐誠がいつもいっしょに来る。それに今一人の―があって」〈鴎外・魚玄機〉

2 饗応の座に正客の連れとして同席し、もてなしを受けること。または、人の相手をつとめて一緒に飲み食いをすること。また、その人。
「社長のお―で宴席に出る」「今日は私がお―させていただきます」

3 他とのつり合いや行きがかりで利益を受けること。また、他の人の行動に付き合うこと。
「お土産のお―にあずかった」「友人に―して映画を見にいく」
========================================
というのがでてきました。そういえば、「お相伴にあずかる」とかたまに聞きますね。その時の意味合いとしては2番の感じなのでしょうね。同席するとか、メインではないものの、おもてなしを一緒に受けるようなそんな感じ。

使わない言葉なので調べてもいまいちピンときませんが、

トークでどんなことが話されるのか楽しみです。

そして、そのトーク後にギャラリートークが行なわれます。

友野可奈子×桑田亜由子
DMや現在製作中の「いろり本」のデザインを担当してくれた桑田さんとのトーク。まったくどんなものになるのか予想がつきませんが、本当にどうなるのでしょうか・・・?

展示では水窪からもらってきた木に絵を沢山描いています。展示では、絵日記の原画以外は紙以外の、作品扱いなれない素材を相手だったので、最初はどうなるのかと思いましたが、素材との距離が近づくようなものができてきたので、描きながら面白いなぁ・・・と日ごとに思う製作過程でした。「やり過ぎや」「もう少し」のような、さじ加減がを意識する事が出来ました。

8階で行うので、どうなるのか今もとても心配ですが、人がきてくれるように、宣伝活動を頑張ろうと思います。ぜひー!
スポンサーサイト




管理者にだけ表示を許可する