FC2ブログ

有機農法の野菜@黒板とキッチン

こんにちは。

急に夜も寝苦しくなり、日中はムシムシ暑く、梅雨が明けたのかなとおもいきや、梅雨明けの予報は来週なのだそうです。
今週末は台風の予報も出ていますしつかの間の、青空が拝めている感じでしょうか。しかしながら梅雨明けも間近で、夏休みももうすぐですね。

最近オープンしたローソンに野菜が販売されていますが、黒板とキッチンでは有機農法の野菜が販売されています。
毎週金曜日が入荷日で、浸透してきたのか、火曜日の今日は野菜が少なくなっていました。

玉ねぎや人参が人気なのだそうです。

2015-0714-1
2015-0714-2

また、あまりスーパーでは見かけないビーツという鮮やかなピンク色をした野菜や、ケール、イタリアンパセリなど、あえて買う!というような雰囲気の野菜も売っていて、調理法が分からなかったら、スタッフの人に聞いてみるのもいいのでは。

ビーツの調理法も募集中などなど、なんだかクックパッドのアナログ盤みたいでかわいらしい。

ビーツって、あまり見かけませんが、ロシア料理ではよく使われる食材のようです。
ボルシチの色はトマトの色かとおもいきや、ビーツの色なのだそうです。
そのままだと硬いので、柔らかくなるまで煮るのが一般的で、見た目が赤かぶの一種かとおもいきや、カブや大根とは関係がなく、ホウレン草と同じアカザ科でサトウダイコンの仲間なのだろう(サトウダイコンとはなんだろう・・・)
日本ではこの燃えるような色合いから火焔菜(カエンサイ)とも呼ばれているそうです。(でも火焔菜と呼んでいる人を見たことがない・・・)

 また、ビーツは食べる輸血と言われるほど、リン、ナトリウム、マグネシウム、カルシウム、鉄、カリウムが豊富で、さらにビタミンA、C、ナイアシン、ビオチン、そして食物繊維も豊富に含まれているとの事です。また体内に取り入れることで、免疫力を高め、整腸作用、便秘解消、貧血予防などの効果もあるようです。

と、ビーツがあまりにも身近にないもので、思わずいろいろ調べてしまいました。あれだけ、独特の赤い色をもっていれば、高い栄養価ももっていても納得です。

と、そんなこんなで暑い夏も、栄養とって乗り切りましょう!
ということで、読んでくださってありがとうございました。


スポンサーサイト




管理者にだけ表示を許可する