FC2ブログ

SHHHさん

こんにちは!

今週は、カギヤビル一階に今年9月オープンしたセレクトショップSHHHさんを紹介します。

SHHHさん入り口

店内は、コンクリート打ちっぱなしの壁と高い天井で無機質な印象。さらに、店内中央に置かれた 什器には大木が使われていたり、壁に植物がかけられていたりしていて、かっこいいかつ温かい空間になっています。

IMG_1646_convert_20151022153450.jpg

IMG_1645_convert_20151022154358.jpg

こちらのお店にはアメリカやヨーロッパの古着、国内のブランド、そして、オーナーの富田さんがリメイクした洋服がおかれています。
IMG_1648_convert_20151022153328.jpg

国内ブランドの商品は、ほぼ全て大阪発祥のブランドを扱っています。「大阪ならではの遊び心が取り入れられているところがいい。」と、富田さんはいいます。

IMG_1644_convert_20151022153252.jpg

3〜4日に一度新しい商品が入荷します。私は三度、お店を訪ねたのですが、入荷によって商品の配置が変わり、お店の雰囲気も大きく変わっていました。

「完成形はない。昨日来てくれたお客さんも楽しめるようなお店にしていきたい。」と、富田さん。

通り沿いから見える格子で囲まれた場所は、富田さんがリメイクを行う作業場となっています。

IMG_1647_convert_20151022153405.jpg

「街と一体化できる場所にしたかった。」
富田さんの作業風景を見るために立ち止まる人も多数いるようです。

富田さんは、裾直しからボトムの太さの調整、ダメージ加工や色染めなど多岐にわたってリメイクを施します。お客さんからの要望でリメイクを行うこともありますが、自分が発信したくなるようなものがあれば制作することもあるそうです。
「今は洋服屋というよりも作り手として新たな素材に出会うことが楽しみ。」と、富田さん。

SHHHさんのあるカギヤビルでは近年、アンティークショップや国内外の写真集を扱う本屋さんなど、感度の高い人が集まって来る場所となっているようで、富田さんは「量販されていない物に目を向けて価値を感じることのできる人たちに自分のお店を知ってもらいたい。」と、カギヤビルへの出店を決めたそうです。

富田さんは学生時代、休学をして1年間アメリカ•カリフォルニア州にあるコンプトンという町に住んでいて、ダンスと洋服の買い付けを学びました。コンプトンは黒人文化を強く受けている街で、ブラックムービーの舞台にもなった場所だそうです!

「アメリカでの生活を通して自分の考えや思いを伝えることの大切さを学び、さらにダンスを通して自分を表現することの楽しさを知った。」
それらの経験が、今洋服を通して何かを発信するきっかけになっているそうです。

ぜひ、SHHHさんへ行ってみてください。

スポンサーサイト




管理者にだけ表示を許可する