FC2ブログ

西洋アンティークショップAntico

こんにちは!

今日は西洋アンティークショプAnticoさんを紹介したいと思います。

anticoさん看板

Anticoさんは今年の4月、ゆりの木通りにあるカギヤビルの3階にオープンしました。

壁に絵やアンティークの品々が飾られていて、お店がカギヤビル3階の奥の方にあるため、まるで隠れ家的美術館のようです。天井から吊るされたランプの明かりがとても温かく、ほっとさせるような空間となっています。

anticoさん店内

絵

こちらのお店では主にイタリア、フランス、ドイツ、イギリスから取り寄せられたアンティークとヴィンテージの雑貨や食器、アクセサリー、ランプなどを扱っています。

antico 壁

卓上ランプ

カップ

アンティークとは100年以上前のもの、ヴィンテージとは30年以上100年未満のものをいうのだそうです。

商品の多くはヨーロッパの物ですが、こちらのカメラはアメリカ製で、なんと100年以上前に作られた物だそうです。

カメラ

イタリア•ローマ出身のオーナー、ダニエレさんは1800年代末から1920~30年代くらいまでのものにこだわっているそうです。

「1800年代末からテクノロジーが開発され、いきなり世界が変わった。その大きな変化は美術作品にも影響し、1600年代から1800年代にかけて主流だったクラッシックがリニューアルされた時代。」と、ダニエレさんがその時代にこだわる理由を教えてくれました。

ランプ2

また、「海外では日本製というだけで100円ショップの物でも感動する人はいると思うが、日本人はそういった物を海外で見ても感動しないと思う。海外の人が日本で自分の国のものを見て『これいいもの!』と思ってもらえるようなものを販売していきたい。」と、商品を選ぶ際のこだわりも教えてくれました。

もともと武術をやっていて、その元になっている日本文化に興味があったというダニエレさん。日本在住歴が長くなるにつれ、自国イタリアの文化から離れてしまっていると感じ、イタリア文化を紹介することをしたかったという理由からAnticoをオープンさせたそうです。

ダニエレさんは、一点一点どこでどんな時代にどのような使われ方をしていたのか、丁寧に教えてくれ、古いものや思い出の詰まったものを大切に受け継いで行くイタリアの文化が垣間見えました。

遥か昔、遠くの国で使われていた特別な品々と出会いに、ぜひAnticoさんへ行ってみてください。

西洋アンティークショップAntico

住所:
〒430­0944 静岡県浜松市中区田町229­13 カギヤビル3階 Room 303

営業時間:
金曜日12時〜18時
土曜日13時〜19時
日曜日13時〜18時
月曜日12時〜18時
定休日:火曜日,水曜日,木曜日

HP:
h​ttp://www.antico­hamamatsu.com/

Facebook:
h​ttps://www.facebook.com/Antico.Hamamatsu
スポンサーサイト




管理者にだけ表示を許可する