FC2ブログ

Salvage Party

こんにちは。今日は浜松シティマラソンの日でしたね。いつも街まで来るときに使う道が規制されていて、迂回路を使ったら到着までにいつもの倍くらいの時間がかかってしまうほど渋滞していました。四ツ池競技場周辺は応援に駆けつけた人たちで大賑わいで、ちょっとしたお祭りのようでした。

さて、そんな今日は浜松駅バスターミナル地下にある「タベボラ」にて開催された「Salvage Party」に行ってきました。

20160221131017f64.jpeg

20160221131035612.jpeg

タベボラは、静岡文化芸術大学の学生さんたちが運営をしているカフェで、毎週火曜日と日曜日に営業しています。

201602211317028d7.jpeg

Salvage Partyは、参加者が家にある使わない食材を持ち寄ってシェフに調理してもらい、みんなで食べ、食料問題について考えるイベントです。

201602211323346bb.jpg

20160221132714632.jpg


201602211343062af.jpeg

さまざまな食材が持ち寄られました。

料理が出来上がるのを待っている間に、食料廃棄物や世界の食料事情について説明されている資料を見ながら、世界から飢餓や栄養不足を減らすために自分たちにできることは何かを参加者同士で話し合っていました。

20160221133133e9c.jpg

みなさん、とても真剣です。

話し合いが一段落すると、出来上がった料理が次々と運ばれてきました。調理は学生さんとゆりの木通りにあるカフェ「PARK/ING」の方が担当されていました。

201602211342328b7.jpg
20160221134301569.jpg
20160221134327ba4.jpg
20160221134346d8f.jpg

即興で作ったとは思えないほどのクオリティで、みなさん、とても美味しそうに召し上がっていました。
美味しくて、食について普段とは違う視点で考えるきっかけにもなる素晴らしいイベントでした。

次回のSalvage Partyの開催は未定ですが、タベボラのTwitterで今後の予定をお知らせしていくそうです。
https://twitter.com/tabebora

みなさんも、ぜひ、タベボラとSalvage Partyに行ってみてください。
スポンサーサイト




管理者にだけ表示を許可する