FC2ブログ

今週末の街中

こんにちは。いよいよ大河ドラマ「おんな城主 直虎」の放送が始まりましたね。舞台となる井伊谷は三ヶ日・気賀のあたりですが、街中も昨日はアクトシティの中ホールで初回放送のパブリックビューイングが行われたり、駅構内に「直虎インフォメーション」が設置されたり、べんがら横丁だった建物が「浜松出世の館」としてリニューアルオープンしたりと盛り上がっているようです。


201701092147284e4.jpg


201701091600347d9.jpg


出世の館は家康・直虎をはじめとした偉人の資料展示やVRの体験コーナー、おみやげコーナーなどで構成されています。大河ドラマのPRコーナーもあって、直虎が占める割合が大きいのかと思いきや

、金の家康くん像なんてものもあったりして、家康と直虎が半分半分(直虎がちょっと多いかな?)という感じでした。直虎がメインの展示は来週気賀にオープンする大河ドラマ館でやるのでしょうね。

おみやげコーナーにも家康くん・直虎ちゃん両方のグッズがたくさんありました。出世の館は入場無料で来年の1月31日まで開館しているそうなので、街中へお越しの際はぜひ立ち寄ってみてください。


浜松出世の館

http://hamamatsu-daisuki.net/naotora/yakata/


そしてまた新たなイベントが始まったキルヤさんへ。学芸高校の書道過程に通う学生さん2名による「いろは二展」という展示をやっています。今日はギャラリートークがあって、お二人が作品や書体についての解説や制作の裏話などを披露してくれました。


201701091818029c4.jpg


2017010918184156b.jpg


201701092129365da.jpg 


作品の題材はいろは歌や百人一首の歌、干支、今年の抱負などさまざま。紙だけでなく貝殻や石に書いたり、紙に書く場合も色紙を組み合わせて作品を演出したり、お堅いイメージの書道でしたが、とても親しみやすい印象をうけました。


201701100135106a1.jpg


こちらは今年の抱負の一字。篆書・隷書・楷書・行書・草書の5つの書体を書き分けていて、同じ文字なのに全然違って見えます。素人からすると、こんなに上手なんだから書道が得意な人はどの書体もすらすら書けるのでは?と思ってしまうのですが、それぞれ得意不得意があるそうです。たしかに、見るからに難しそうなものがひとつありますね。書体も楷書と行書くらいは知っていても他はよくわからなかったので解説があったおかげですごく分かりやすかったです。


お二人はこういった展示をするのは初めてだそうですが、それにも関わらず魅力的な作品の数々でした。この展示は15日(日)まで開催されているそうなのでこちらもぜひ足を運んでみてください。


絵本の店 キルヤ

http://kirja.exblog.jp/

スポンサーサイト




管理者にだけ表示を許可する