FC2ブログ

先週のお花見会

こんにちは。もう先週のことですが、3月31日にhachikaiでお花見会を開催し、特設ステージでカラクリマシーンズさんの短編「さくひ」と「かえる」の2本を観劇しました。


201804071726182d5.jpeg


20180407172706e1d.jpeg


20180407173706af9.jpeg


どちらも死や転生などがストーリーの根底にあって、少し怪談っぽさのある(でも、怖さは全くなくて夢幻的な感じの)不思議な世界観でした。どちらも春がテーマということで、舞台には桜の枝があったのですが、「さくひ」は春の明るい日差しの中に満開の桜が咲き乱れている情景、「かえる」は池のほとりの桜の木から花びらがハラハラと散って、水面を埋め尽くしている情景が浮かんで、劇もお花見もどちらも満喫できました。


初めて聞く言葉だったのですが、劇中に蛙の目借り時という言葉が出てきて、春の蛙が鳴く頃のすぐ眠くなる時期を指すのだそうです。最近眠くなるのは暖かさのせいじゃなくて、蛙が人の目を借りて春の世界を楽しんでいるからなのかもしれませんね。


そして、幕間の休憩には甘酒と更紗屋さんのチーズナンが♡!!!


20180408141433a48.jpeg


20180408141447a09.jpeg


温かくて、お腹も満たされて、楽しいお花見会でした。


今回劇を披露してくれたカラクリマシーンズさんは、6月にもhachikaiで「コンクリートシアター vol.3 調合奇妙」を公演予定です。


以下、カラクリさんHPからの引用です。

~~~~~~~~


カラクリマシーンズ第24回公演 コンクリートシアターvol.3
『調合奇妙[チョー!ゴー!キミョーーー!]』


昨年、劇団創立10周年を迎えてお祝いムードも一段落、と思いきや、いえいえもちろんじっとしているはずもないカラクリマシーンズ。11年目のスタートは、もはや本拠地となっている万年橋パークビルより、コンクリートシアター初の長編芝居をお届けします。その名も『調合奇妙』。おなじみカラクリメンバーはもちろん、公募に手を挙げてくれた初舞台の面々、さらには客演俳優陣も加わって、ちょっと新鮮!鮮度アップ!新風が吹き荒れるのか、はたまた新たな融合の始まりか。とにもかくにも、相も変わらず突っ走ること間違いなし。梅雨のジメジメ吹き飛ばすカラクリ流疾走劇を見逃すな。


■日時  6/10(日)16(土) 14:00/19:00 17(日)10:30/14:00
(開場は開演の30分前)
■会場 万年橋パークビル8F(浜松市中区田町327-13)
■料金 前売一般1,500円、大学生以下500円(当日300円UP)
■出演 中西祥子、伊藤彩希、たばるとも、柳川智彦、河野丈志、小粥幸弘、登澤祐吾(劇団『Z・A』)、仲村萌、松下由依、高井美希 ほか


~~~~~~~~


続報など、詳細はカラクリさんのHPをチェックしてみてください。

http://www.karakurimachines.com/chogo

スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する