FC2ブログ

ナマステはままつ

4月28日の夜、hachikaiでは「ナマステはままつ」というイベントが開催されていました。

20180501025726bc1.jpeg 

20180501025748f59.jpeg

20180501025801641.jpeg

2018050103133805f.jpeg

お知らせ記事でご紹介したとおり、インドの食器や調理器具、本の展示販売と、サリーの着付体験と、インド料理の販売もあり、hachikaiにだけ異国の匂いが(実際にスパイスか何かの良い匂いも)漂っていました。

ワダ(豆やジャガイモを潰してドーナツや団子状にしてあげた料理)やバジ(野菜のスパイシー天ぷら)など、予約なしで食べられる料理もいろいろあったのですが、ほとんど予約でいっぱいだったDAN CURRYさんのチキンビリヤニを、開始すぐの早めの時間に行ったおかげでゲットできました。

201805010258137b4.jpeg 

ビリヤニとはカレーの炊き込みご飯のような料理で、パキスタンやインド周辺の国で結婚式などのハレの日にふるまわれるものなのだそうです。一口にビリヤニと言っても、チキン以外のお肉や魚を使うものもあり、作り方もお米と具材やスパイスを何層にも重ねて蒸して、炊き上がってから全体を混ぜる方法と、全部を混ぜてから炊く方法と、いろんなスタイルがあるらしく、DAN CURRYさんのビリヤニは前者の重ね蒸しで作られていました。そうすることで味が不均一になり、一口ごとに違う味が楽しめるのだそうです。

食べてみると本当に一口ごとに味の印象が違って、カレーの風味が濃いときもあれば、カルダモンのスッとした爽やかな香りが感じられるときもあって、その複雑なおいしさに夢中になって食べてしまいました。付け合せのライタというヨーグルトのサラダも、ほどよい酸味がスパイスの香りと良く合っておいしかったです。

そういえば、このビリヤニにも使われているインド料理などでよく見る細長いお米はバスマティライスというのだそうです。モチモチして甘味の強い日本米とは違って、軽くてさっぱりしていてすごく食べやすいです。

せっかくなので他の料理も食べたかったところですが、ビリヤニでお腹いっぱいになってしまったので、パキスタンスイーツとインドの洗剤石鹸をお土産に買って帰りました。

20180501041034ac3.jpeg 20180501041045c3f.jpeg

スイーツはかなり甘めで、(おそらく)カルダモンや生姜などのスパイスが効いていて、美味しかったです。石けんはまだ使えていないのですが、洗濯にもお皿洗いにも両方使えるそうなので、これから使うのが楽しみです。

開催時間は3時間弱くらいで、イベントとしてはどちらかというと短いほうだと思うのですが、あとから聞いた話だと100人近いお客さんが訪れたそうで、インドの人気の高さが伺えますね。好評につき第2回開催ということになったら、今度はビリヤニ以外の料理も食べてみたいなと、勝手に期待しています。

ちなみにこのイベントを主催されたERI CURRY先生は、黒板とキッチンで毎月カレー講座を開催しているので、ご興味のある方はチェックしてみてください。
http://kokubantokitchen.wixsite.com/bbandk
スポンサーサイト




管理者にだけ表示を許可する