FC2ブログ

萌葱祭へ行ってきました

黒板とキッチンのパーティーがあった日、パーティーの前に浜松市立高校の文化祭「萌葱祭」へ行ってきました。


2018060814445952d.jpeg


お目当ては、今年の3月から1カ月ほどパークビル1Fのとりいさんでヒンメリの展示をしていた自然科学部のみなさんの展示。

萌葱祭でもヒンメリを展示されるということで、ご招待いただいて初めての文化祭へ行ってきました。


20180608161205d5e.jpeg


お久しぶりのヒンメリたち。


201806081528253ef.jpeg


20180610165131e1d.jpeg


浜松のヒンメリ作家さんの作品とコラボしてパワーアップした展示になってました。

展示の内容を詳しく知らずに行ったのですが、ヒンメリの他もすごく充実していてびっくり。ホログラムとかプラナリアとかルミノール反応とか、頭良さそうな単語がいっぱい並んでいて、体験できるものもたくさんあったので、いろいろ見せてもらいました。


20180610170234af0.jpeg


201806101716147cb.jpeg


ホログラム。箱の内側の鏡の一部に傷から入った光が反射して、覗き込むと中に存在しないはずの立体が見えました。後ろに書いてあった詳しい仕組みは難しくてよく分からなかったけれど、とても綺麗でした。


201806101712221a7.jpeg


こちらは普通のテレイドスコープに見えますが、実は内側に貼ってあるのはプラスチックの透明な板。鏡を使わなくても万華鏡って作れるのですね!初めて知りました。


201806081625512e7.jpeg


さらに迫力満点の実験ショーもありました。


20180610163647b75.jpeg

 

炎色反応の実験。左はバリウム、右はストロンチウムを燃やしています。燃やす金属によって色が変わるので、花火はこの現象を利用してカラフルに色づけられているのだそうです。


201806081628357fa.jpeg


次は過冷却の実験。過冷却というのは、液体をゆっくり均一に冷やすことで氷点下を越えても氷にならず液体の状態を保っている現象のことをいうそうです。ここに刺激を与えると一瞬で氷に変わるらしく、その現象を実際に体験させてもらいました。


201806101813169ee.jpeg


カメラを構える間もなく氷に変化する水。下の方はギリギリまだ液体のはず...

結晶の粒を落とした表面から底に向かって、花が咲くみたいに広がっていく氷がとても綺麗でした。

しかも、水が氷に変わるときに温度が氷点下→0℃に上がって熱エネルギーが発生するため、凍っているのに試験管は温かかったです。


最後はテルミット反応の実験。

テルミット反応というのは酸化した金属をアルミニウムを使って還元する反応のことだそうです。

今回は酸化鉄を還元して鉄にしていました。


20180608162816c6b.jpeg


酸化鉄とアルミニウムをよく混ぜて熱するのですが、火をつけると...


20180608162919ae2.jpeg


大きな火柱があがって、この日一番の大迫力!


20180608162939eca.jpeg


火柱が落ち着いて、下に落ちそうになってる火の玉みたいなものが、鉄と酸化アルミニウムのかたまり。これを砕いて、取り出したものが鉄になっていて、酸化鉄の状態ではつかなかった磁石がくっつくようになっていました。


20180608163026e6e.jpeg


こんなに迫力満点な実験を見られると思っていなかったので、期待以上に楽しめました。この日はこのあと黒キチのパーティーもあってこちらもとても楽しかったので、とても充実した1日でした。


そうそう、校内をうろうろしているときにこんなものを見つけました。


20180610183806ae5.jpeg


まちなか部活のポスター! 掲示していただき、ありがとうございます!!!

スポンサーサイト




管理者にだけ表示を許可する