FC2ブログ

鴨江アートセンターへ行ってきました。

こんにちは。
台風は結局風が強い程度でとどまり、暑い日なのに風が停滞して息苦しく、今日にいたっては予想最高気温が30度と、梅雨はどこへやらといった始末です。

さて、6月1日に鴨江アートセンターへ知り合いのスタッフに会いに行ったところ、数年前にカギヤビルでKAGIYAHOUSEというのをしていたときにレジデンス利用をしてくださった筧有子さんにばったり遭遇した。
彼女は鴨江アートセンターでレジデンスアーティストとして6月1日から入っているとのことで、初日で荷物を運び込んでおり、「おひさしぶりです。」とロビーで挨拶を
お互い子供を持ち、この日はちょうど外でお互いに晩御飯を済まそうとしていたので、レジデンスルームでピザをとって、食べ、話、小さい人たちとも会話や抱っこをしたりとても楽しい時間を過ごした。

相変わらずマイペースでたくましい筧さんで、私も相変わらずだなぁと思っていたら、
筧さんは私が少し成長したように見えたようで、そうかぁ・・・と(でも確かにあの頃は20代前半だった)
出会ったときは筧さんは日本画を専攻していたのもあって、岩絵の具を使用して作品を作っていたけれど、現在は染めに魅力を感じ、現在はそれを作品に昇華させるための実験期間なのだそうだ。
その「実験期間になると思う。」という言葉が強く私の中で残っていて、時間が過ぎるごとに実験期間と言い切った筧さんがうらやましかった。

作品を作るための材料とじっくり向き合い(という実感のもとで)いけそうだという納得のもと作品を世の中に生み出すのは私はできているのだろうかという

と、そんな筧さんのワークショップがあるので、そのお知らせも・・
(↓をクリックすると、鴨江アートセンターのワークショップの詳細ページに飛びます)
http://www.kamoeartcenter.org/events/kakehiyuko_20180622/

筧さん自身、0歳のお子さんとそのおねいちゃんがいるのもあって、子育てをしながらもアートが好きな人とお話がしてみたいのもあり、今回のワークショップが生まれたそうです。

ねんねからよちよち歩きの赤ちゃんをもつ人たち向けのワークショップです。
=============================

「筧有子とアートについて話そう」&赤ちゃんのいるワークショップ

―アートのお話&ミニ巾着を草木染めしてみよう―
ねんね〜よちよち歩きまでの赤ちゃんのいる美術好きの方、普段の生活を離れて久しぶりにアートについてお話しませんか?お話の後は、今回制作に使用している天然染色で小さな巾着を染めてみましょう
。赤ちゃんのお世話で席を外しても大丈夫。お互い助け合って和やかに楽しめると良いですね。

==============================

興味がある方ぜひぜひ。

そして他のレジデンスアーティストはだれが入っているんだろうと鴨江アートセンターのHPをのぞいてみたら、私の全く知らない人たちが入居していてそれぞれが面白そうで、何かを生み出すためにアトリエ的なある程度ひろい場所を探している人達はたくさんいるものだな~。と感じたのでした。




スポンサーサイト




管理者にだけ表示を許可する