FC2ブログ

3Fに法律事務所がオープンします!

万年橋パークビル3Fに「ゆりの木通り法律事務所」がオープンします。

20180917123159d8f.jpeg 

事務所のオープンに先駆けて、設計を手がけた403architecture[dajiba]さんが内覧会を開催していたので、できたばかりの事務所の中を見学してきました。

20180917163707afd.jpeg  20180917163841efb.jpeg

20180917164727e07.jpeg  20180917164755443.jpeg

20180917163917f24.jpeg  20180917170151ba7.jpeg

誰でも気軽に相談に来られる事務所にという弁護士先生の依頼をもとに、法律事務所とは思えない明るくて開放的な内装になっています。

法律事務所によくありそうな堅苦しいパーテーションがなくて、白い壁は光を反射する素材になっていて人の影や動きが映り込むようになっていたり、ちなみに壁などに木目が出ているところと白いところ、2つの素材が使われているのは...

東海道(ゆりの木通り)と平行または垂直のライン → 木目がそのまま出ている
新川(赤電の高架下を流れる川)と平行または垂直のライン → 白い化粧板が使われている

という風に分かれているそうで、それを知ったあとで上の写真を見直すと、なるほど!と、万年橋パークビルの西側の角が直角でないというのは何となく認識していたことですが、それが東海道と新川のラインで形作られているというのは意識したことがなかったなあと目から鱗です。


ちょっとわかりにくいですが、パークビルはこんな形をしています。

20180918140444c66.jpeg 

壁や机の配置だけでなく、蛍光灯や、帰り道に「ゆりの木通り法律事務所」の文字の中にも東海道と新川の角度が隠れているのを発見したり。

20180918141619b9c.jpeg 

教えてもらう前と後では同じものを見ているはずなのに、全く違う景色が見えるのでした。


事務所を開設したのは、浜松出身の弁護士、名倉祐輔さん。
大学卒業後に沼津の法律事務所で6年勤められたあと、独立をきっかけに地元に戻ってこられたそうです。
dajibaさんへの依頼にもあったとおり、「法律事務所というと、中々入りにくいと感じる方も多いと思いますが、どんなことでも気軽に相談に来てください」と、内覧会にお邪魔したときもとても気さくにお話してくださる優しい先生でした。
特に注力されている、交通事故・離婚・相続については初回無料で相談にのってくださるそうです。
交通事故ってどんなに自分が気をつけていても、被害にあってしまうこともあるので、いざというときに味方になってくれる先生がそばにいると思うと、俄然心強く思えてきます。

201809192102584af.jpeg 

事務所開設と内覧会の日程については9/15の中日新聞朝刊に載っていましたが、先生に聞いてみたところ事務所のオープンは20日ごろになるとのこと。お困りごとのある方は相談しに行ってみてはいかがでしょうか?

ゆりの木通り法律事務所
スポンサーサイト




管理者にだけ表示を許可する